白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】

白髪染めとおしゃれ染めの違いとは?傷まないのは?【口コミ評判】

白髪染めおすすめはコレ!【10商品試した私の本音!】

rank1 rishiri007 【染まりがよく肌にもやさしい】
いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです!
【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】 rishiri004
↓
公式ボタン

 

 

おしゃれ染めとは?

af0150015001

おしゃれ染めという言葉は日常的によく聞く言葉ですが、そのためにどういったことを指しているのかをはっきり知らなかったり、白髪染めと同じことと思っていたりする方が多いのではないでしょうか。

ですが実際のところは、おしゃれ染めと白髪染めは似て非なるものというのが定義からみると正しい認識です。

では、おしゃれ染めはどういったことをいうのかというと、髪が白くなる前の黒い髪に戻す白髪染めに対し、栗色やアッシュ、グレーなど黒以外の明るい毛染め剤を使って髪を明るめに染めることをいいます。ヘアカラーといっている美容系雑誌や美容室もたくさんありますが、意味は同じことです。

髪全体を同じ色に染める他、一部だけを残して他の箇所を染めてみたり、2色の毛染め剤を使って濃淡やグラデーションをつけることで立体感や変化を出してみたりなど、思い思いの方法でお洒落を楽しむことができるおしゃれ染めは幅広い年代の方の間で浸透しており、一度はしてみたことがあるという方が多いのではないでしょうか。

おしゃれ染めをする際、特に初めての時にはどんな色に染めるかを迷うことが多いものです。

ヘアカタログなどを見ても、その中で自分に合っている色はどれなのかを判断できないという時は、普段よく着る服の色合いや季節を考え、それに合わせて色を決めると良いでしょう。春や夏は明るめ、秋冬は少しシックに、といった感じで考えるとコーディネートに合う髪色にすることができます。

 

白髪染めとおしゃれ染めの違いは?

71082761928bd9cc5e69fdfe0d7c35ba_s

白髪染めとおしゃれ染めは同じことをいっていると思っている方は、何度も髪を染めている方の中にも多いようですが、実際には同じもののようでいろいろと異なる点があります。

もちろん髪を染めるというところでは同じものですが、実は染めるためのカラー剤の色を作る方法からして違うものなのです。

近年はどちらもカラーバリエーションが多彩になり、白髪が気になりはじめる年代の方が使えるおしゃれ染めも登場しつつありますが、どういった点に違いがあるのかを知っておくと、より失敗のないおしゃれ染めができるでしょう。

白髪染めとおしゃれ染めの一番の違いは、先述したように薬剤の違いです。

白髪を染めるためのカラー剤は、髪を明るくすることよりも白髪が目立たなくなるようにしっかりと染めることを目的として作られています。

明るめの色のカラー剤を選ぶとブリーチ力があまりなく白髪を隠すにはあまり適さないため、染毛力の強い髪色戻しや暗めの色のカラー剤を選ぶのが白髪染めをする時のポイントとなります。

それに対しおしゃれ染めは髪の色を明るくすることが目的に作られているものであるため、染毛力よりもブリーチ力に重点が置かれています。

そのため白髪染めよりも色調や明度のバリエーションが豊富に揃っており、イメージ通りのカラーにしやすいのが特徴です。とはいえ白髪を隠しつつ明るい髪色にしたいという方もいることでしょう。そんな時には白髪染めとおしゃれ染めとを混ぜて髪を染める方法もありますので、美容師さんに相談してみると良いでしょう。

yajirusi
公式ボタン

 

ヘナのおしゃれ染めとは?

gn123_72a

近年、ロハスなライフスタイルを重視する人が増えている影響で、コスメなどの美容製品に対しても人工的な成分が含まれていないものがより求められるようになっています。

化学的な成分による身体への影響を考えてカラー剤も同じように天然由来成分のものを好む人が増え、そんな中で人気が高まっているのがヘナを使ったおしゃれ染めです。

ヘナは中東のような熱帯地方に自生する樹木で、その葉を採取し乾燥させたものが染毛料になります。ヘナを使っておしゃれ染めをした場合、仕上がりはその人の元々の髪の色によって淡い褐色からオレンジに近いような髪色になります。

中にはヘナを主成分にしたカラー剤と謳っていながらそれ以外の髪色に染まるものもあるようですが、これはメーカーの開発力によって他のカラーに染めることを実現したわけでは決してなく、人工的な色素や染料を一緒に配合していることによるものです。

染毛力を高めるためにこうしたものを配合しているカラー剤を使用すると、ダメージを受けやすい肌質の方などはかぶれてしまったりすることがあります。

それでは一般的なカラー剤よりもトラブルが起こりにくいといわれるヘナでおしゃれ染めをする意味がありませんので、注意が必要です。心配な時には、あらかじめパッチテストをして安全性を確かめると良いでしょう。

本当にヘナを主成分として作られているカラー剤には、髪色をキレイに染める以外にもメリットがあります。ヘナでおしゃれ染めをすると髪のダメージを修復することができるのです。

ヘナには髪が直接ダメージを受けないようにコーティングする皮膜効果と、頭皮の毛穴に詰まった皮脂などの汚れを除去して殺菌する効果があり、おしゃれ染めと同時にトリートメントをしたのと同じような効果を期待できます。

 

おしゃれ染めヘアカラーの選び方は?

ht200_72a

おしゃれ染めをしようと思った時、たくさんのカラー剤の中からどれを使うかということで迷う方は多いのではないでしょうか。

おしゃれ染めで選ぶカラーを間違えてしまうと、自分がイメージしていたのとは全く違う色に染まってしまったり、しっかりと染まらなかったりという失敗につながり、目標が達成できなばかりか使ったお金もムダになってしまいます。そんなことがないよう、カラー剤の選び方をしっかりと頭に入れておきましょう。

おしゃれ染めのヘアカラー選びで重要なポイントになるのは、カラー剤の色を考える前に自分の髪の色と髪質を知っておくことです。

これが仕上がりの髪色を左右するため、きちんと把握しておかないと思ったように髪を染めることができません。

ヘアカラーのパッケージや、その商品の棚に大抵の場合付けられているカラーサンプルで、大体の色をイメージすることはできますが、サンプルはごく普通の太さ、硬さの髪を染めた場合のもののため、自分の髪が硬くて太かったり、反対に柔らかくて細いという時には違った色に染まることもあります。

おしゃれ染めをする時に覚えておきたい基本は、「硬い髪は染まりにくく、柔らかい髪は染まりやすい」ということです。

硬い髪は、明るめのヘアカラーを使っても一度ではイメージ通りの明るさにしにくいのが一般的です。キレイに染めたい場合は、発色しやすいオレンジ系やレッド系、もしくは染めたい色より少し明るい色のカラー剤を選ぶことをおすすめします。

それとは反対に柔らかい髪は染まりやすいため、イメージよりも暗めのカラー剤を選ぶと染まり過ぎてしまう失敗を防ぐことができます。

yajirusi
公式ボタン

 

自宅でおしゃれ染めをするコツは?

af0150022342

自宅でのおしゃれ染めは、手順を知っているだけではムラができたりなどの失敗が起こりがちですが、ちゃんとコツをつかんでいれば自宅でもキレイにおしゃれ染めをすることができます。

できるだけお金をかけずにおしゃれ染めを楽しむためにも、ポイントをおさえておきましょう。

自宅でのおしゃれ染めでキレイに染め上げるコツは、カラー剤を使う前のシャンプーからはじまります。髪にしっかりとカラー剤が浸透するかどうかは、染める前にどんなシャンプーを使うかによるのです。

コーティング剤が含まれていたり、それひとつでリンスまでできてしまったりするシャンプーは、カラー剤が髪に浸透するのを邪魔するため避けましょう。シャンプー後、トリートメントやリンスはせずに髪を乾かします。髪が湿った状態でおしゃれ染めをするとムラができやすいため、完全に乾かすことも大切なポイントです。

カラー剤を髪につける時には、ヘアクリップなどを使って髪をいつくかのまとまりで分ける「ブロッキング」をしてから始めるとキレイに内側までカラー剤をつけることができます。

カラー剤を全体に行き渡らせたら、髪全体をラップで覆う「ラッピング」をすると全体をムラなくキレイに発色させることができます。髪が硬く、一度では染まりにくい方にはおすすめの方法です。

ラップで覆った後、ドライヤーで全体に軽く熱を当てるとより発色しやすくなりますが、あまり長い時間置くと染まり過ぎてしまうことがあるため注意が必要です。また、カラー剤を流す前にぬるま湯を少し頭皮に揉みこむようにする「乳化」をすると色落ちしにくくなります。

 

市販おしゃれ染めの選び方は?

KE054_72A

市販のおしゃれ染めを選ぶ時には、自分の髪の色や髪質を考えた上でヘアカラーの色を選ぶことが一番のポイントです。

カラーサンプルの通りに染まると考えて選ぶと、サンプルとは違った色に染め上がってしまうこともあるためです。

一般的に染まりにくいといわれる硬い髪の方は自分がイメージしている色よりも少し明るめ、染まりやすい柔らかい髪質の方は染まりすぎの失敗を防ぐために少し暗めのヘアカラーを選びましょう。

髪質などを考慮しながら、自分に合った色を選ぶことも市販のおしゃれ染めを選ぶ時の重要なポイントのひとつです。

自分の好きな色と似合う色は異なることがあります。そのため、自分の瞳や肌の色から本当に合う色を知る「パーソナルカラー」を診断してみることをおすすめします。

おしゃれ染めのカラー選びに役立つパーソナルカラーは、次のように診断します。

まず、瞳の色が濃いか薄いかを鏡でチェックします。濃い場合、肌の色がベージュ系でならオータムタイプ、オークル系ならウィンタータイプです。

オータムタイプは秋のように落着いたシックな色合いが似合うため、おしゃれ染めはモカブラウンやハニーブラウン、メイプルブラウン、レッド系のブラウンがおすすめです。

一方のウィンタータイプはモノトーンのようなシャープな色が似合うため、アッシュブラウンやダークブラウンのような少し暗めの色が良いでしょう。

瞳の色が薄い場合も肌の色でタイプが分かれます。ベージュ系は女性らしい柔らかい色味が似合うサマータイプで、キャラメルブラウンやライトブラウン、イエロー系ブラウンなどが似合います。

オークル系の肌色の方は透明感のある明るい色が似合うスプリングタイプです。おしゃれ染めはくすみのないモカブラウンやピンク系ブラウンがおすすめです。

yajirusi
公式ボタン

 

白髪染めでおしゃれ染めをするには?

0016

白髪染めでおしゃれ染めをする時、まだあまり白髪の数が多くなく、チラホラ出てきた世代の方で初めて髪を染めるという場合は、白髪の部分だけを染めるよりもまずは全体染めをしたほうが、うまくキレイに染まった状態を長くキープできます。

全体的におしゃれ染めをした後、しばらくするとまた白髪の部分が伸びてきたら、その箇所だけを部分染めするというようにしていくと、毎回全体を染めて、染め直す必要のない髪にまで負担をかけることを避けられます。

全体染めは2~3ヶ月くらいは色が落ちないため、その間は白髪が気になる箇所を部分染めしたり、全体的なイメージを整えるためにカラー剤の色味を考えたりしていくと良いでしょう。

こうした形で白髪染めでおしゃれ染めをする場合、全体染めと部分染めとでは適したヘアカラーが違うことも覚えておきましょう。

全体染めをする時にはカラー剤が全体になじみやすいものが使いやすく染めやすいため、泡タイプや液状になったジェルタイプのものを選ぶことをおすすめします。それに対し部分染めをする時には、クリームタイプのヘアカラーを使いましょう。クリームタイプは液ダレがないため、髪の一部だけを染める時に失敗しにくいためです。

おしゃれ染めで白髪をカバーする時にはいきなり染めはじめるのではなく、トラブルを避けるために必ずパッチテストをしましょう。髪を染めるのが初めてでなくても、体調などによってかぶれたりすることもあるため、面倒でも毎回テストすることが大切です。

パッチテストは髪を染める2日前に腕の内側にカラー剤を混ぜたものを綿棒などで薄く塗って乾燥させ、かぶれなどが起こらないかをみます。

 

口コミや評判の高いおしゃれ染めの選び方は?

0008

髪へのダメージや肌トラブルを避けてカラーリングを楽しむためには、口コミで評価の高いヘアカラーを選ぶことをおすすめします。

おしゃれ染めの口コミで人気が高いのは、髪を傷めずキレイに染められるトリートメントタイプのヘアカラーです。肌や服、壁に薬剤がつかないように下準備をしてから始めなければいけないものばかりでなく、最近は入浴時にトリートメントのような感覚で使ったり、素手でも使えたりするカラー剤が増えていることも人気の理由でしょう。

トリートメントタイプのヘアカラーは、利尻昆布を使ったヘアカラーや、柚子を使った商品など、天然由来の原料を使ったものが高い支持を得ています。

髪になじませるだけで全体をキレイに染めることができるということで人気を集めているのは、泡タイプのヘアカラーです。ふっくらとした泡は垂れることもなく、染毛剤特有のニオイが少ないのもポイントです。

泡タイプのヘアカラーの中では、12色のカラーバリエーションがあり、髪に揉みこむだけでイメージ通りの髪色にできる泡タイプのヘアカラーなどがおしゃれ染めの口コミでは人気です。

普段は仕事や学校の規則で髪を染められない人や、時間のない時にサッと部分的に気になる白髪をカバーしたい人には、スプレータイプがおすすめです。このタイプはシャンプーで簡単に落ちるため髪への負担が少ない点も、おしゃれ染めの口コミで評価ポイントとして挙げられており、とても人気があります。

また、泡タイプと同様に手軽におしゃれ染めができるものには、ホイップタイプのカラー剤もあります。泡タイプよりもさらに液ダレがしにくく使いやすいのがポイントで、さまざまな商品が販売されています。

yajirusi
公式ボタン

 

髪が傷まないおしゃれ染めは?

kr191_72a

おしゃれ染めで思い通りのおしゃれを楽しむためには、髪にかかる負担の少ないカラー剤を使うことが何よりも重要です。

せっかくイメージ通りの色味に染め上がっても、髪がパサパサになったり頭皮がかぶれたりといったことがないよう、口コミなどを参考に安心な方法や製品を選びましょう。

近年、美容室で髪に優しいおしゃれ染めの方法としておすすめされることが多いのは、ハーブや漢方を主原料としたヘアカラーです。

天然由来の植物系のヘアカラーのため、染料は一般的なヘアカラーと比べてごく少しに抑えられており、髪や頭皮に負担をかけることがない上、カラーリングすることで髪を丈夫にし、コシやハリまで蘇るというメリットもあります。

さらには髪のツヤや染めた色が落ちるまでの期間も他のカラー剤より長いという嬉しい特徴もあります。

他にも香料を含まないため染毛剤独特のツーンとしたニオイがない、頭皮への刺激が少なく何度かカラーリングを繰り返しても髪が傷みにくい、幅広いカラーバリエーションがあり、イメージ通りの色味にできるなど、香草カラーにはたくさんのメリットがあります。

自宅でカラーリングできる市販のヘアカラーの中でも、髪が傷まないおしゃれ染めは口コミ人気が高いものがたくさんあります。中でもツバキオイルやコラーゲンなどのヘアケア成分も配合されたヘアカラーは、手早く全体に揉みこむだけでムラなく染め上がり、ツヤツヤサラサラの髪になると評判です。

また、立体感と潤いのある髪になり、皮膚についても簡単に洗い流せるタイプのヘアカラーもリピート率の高いヘアカラーです。

 

口コミでおすすめの白髪おしゃれ染めは?

KK075_72A

白髪が気になりはじめると、それまで髪を染めたことがない人でもおしゃれ染めをしてみようかと考えはじめますね。

ですが初めてのおしゃれ染めを市販のヘアカラーでするとなると、どのメーカーの製品が評判がよいのか、自分の髪質でキレイに染まるのはどんなものなのかということがよくわからないものです。

そんな時にはインターネットなどを使って実際にカラー剤を使っている人たちの口コミをチェックしてみましょう。

初めてのおしゃれ染めでは、手軽に使えるもの、そして髪に負担がかからないものが適しています。

その点を踏まえて口コミで人気の高いヘアカラーというと、たくさんの愛用者から高い支持を集めているのは男女問わず使用できる利尻昆布を使用したヘアカラートリートメントです。

海藻は髪に良いとよくいわれますが、このヘアカラートリートメントは天然の利尻昆布のエキスを主成分に、他にも髪に栄養を与えるさまざまな成分が配合されており、ツヤのある自然な色合いに染まるのが人気の高い理由です。

同じようにトリートメント効果の高さで多くの高い口コミ評価を得ているものの中には、無添加で刺激がなく、髪のダメージを修復する50種類もの美容成分が含まれており、塗ってからわずか5分おくだけで洗い流せるという手軽さがポイントのものもあります。

また、5分でおしゃれ染めができる自然派のヘアカラーも忙しい方にぴったりの商品として人気です。毛髪を構成する主成分であるケラチンと似た特性を持つ桑の根の皮を主成分としており、優しく髪を染め上げます。

yajirusi
公式ボタン

 

白髪のおしゃれ染めの方法は?

0014

白髪をおしゃれ染めする方法はひとつでなく、その人の白髪の量などによって最適な方法が異なります。

髪を染めたいからといって毎回髪全体を染めていると、コストや手間がかかるばかりでなく、まだ色が落ちていない髪にまたカラー剤をつけることになり、それだけ髪に負担をかけてしまいます。

初めて白髪染めをする時や、後頭部など染めにくい箇所の白髪を染める場合は全体染めをした方が良いですが、それ以外の場合や一度全体染めをした後は「リタッチ」という方法で髪の負担を軽減しながらおしゃれ染めをしていくことをおすすめします。

白髪は染めてしばらく経つと根元の部分が伸び、伸びた根元の髪は白いので目立ちます。

リタッチは、伸びた根元の白い箇所だけを部分的に染めることで、髪全体に負担をかけることなく染めた状態をキープする方法です。

リタッチで白髪をおしゃれ染めする時には、前に染めた髪と新しく染める髪とで染まり具合が異なるため、同じように染まるようカラー剤の量やおいておく時間を調節するのがポイントです。

リタッチをする時間がなく、手早く白髪をカバーしたい時には、マスカラタイプやスプレータイプのような一時的にカラーリングができるカラー剤でのおしゃれ染めが手軽で便利です。

カバーしたい箇所が多い時はスプレータイプ、ピンポイントで狭い範囲をカバーするならマスカラタイプ、髪の分け目の白髪ならフォームタイプというように、状況に応じて使い分けると尚良いでしょう。

yajirusi
公式ボタン

 

白髪があってもおしゃれ染めできる?

1018

白髪染め用のヘアカラーとおしゃれ染め用のヘアカラーとでは、基本的に使われる薬剤が異なります。

白髪染め用のヘアカラーはしっかりと染まるように染毛力が高くなっているのに対し、おしゃれ染め用のヘアカラーは髪の色を明るくすることを一番の目的としているため、染毛力よりもブリーチ力に重点が置かれています。

そのため、白髪をカバーしたいのであれば、白髪染め用のヘアカラーを使わないとちゃんと染めることはできないとされています。

では、白髪が出はじめたら白髪染めでしかカバーすることができないのかというと、そうとばかりはいえません。場合によっては、白髪のある人でも白髪染めよりおしゃれ染めのほうが思うように染め上がることもあります。

たとえば、できるだけ黒に近いような自然な髪色に染めたいような場合があてはまります。

白髪染めは染毛力が高くしっかりと染まるため、白髪が結構目立つ状態で髪を染めると白からいきなり黒々とした髪色になり、いかにも染めました、という不自然な感じになってしまうことがあります。それに対しおしゃれ染めは白髪染めよりも染毛力が弱いため、徐々に髪が染まっていき、不自然さがありません。

白髪を目立たなくするため髪全体の色を明るくするおしゃれ染めは、白髪の量が比較的少なめでチラホラ目立ちはじめてきたという方に適しています。全体の50%くらいある方には白髪をグレー系に染める白髪ぼかし、それ以上に白髪がある方には白髪染めをおすすめします。

 

白髪も染まるおしゃれ染めがある?

kr200_72a

おしゃれ染めは、白髪を染めるには向かないといわれてきました。

白髪染めは白髪をしっかりと染めることが目的であるのに対し、おしゃれ染めは髪色を明るくすることが目的というように、同じ髪染めでも使用目的が違うため、それぞれの目的に合うよう薬剤の性質が異なるのがその理由です。

しかし、近年は髪色を明るくするカラー剤にもある程度の染毛力が求められるようになり、市販のカラー剤であればさほど大きく染め上がりが異なるということはなくなってきています。

そのため、単に白髪を隠すために使われてきた白髪染めは、今ではおしゃれ染めと同じ感覚で使えるようにカラーバリエーションも豊富になりつつあります。

おしゃれ染めで白髪をカバーする時には、伸びてきた根元を短いサイクルで部分染めしていくことを考えれば、髪や頭皮に負担のかからないものを選ぶことが重要になります。

そのため、使うごとに髪の状態を引上げるトリートメント効果があり、加えて安心して継続的に使用できる天然由来の染料が配合されたものが高い人気を得ています。

トリートメントタイプの白髪染めは、一度で色がはっきりと変わるものよりも数回の使用で徐々に染まっていくものが多く、自然な感じに仕上げたい人や、白髪染めをしていることをあまり気付かれたくない人にはおすすめといえます。

白髪染めにもおしゃれ染めにも使用できる自然派のカラー剤のうち、特に人気が高いのは「利尻ヘアカラートリートメント」「レフィーネ」「ピュアハーバル・ヘアカラー100」などです。いずれも5~20分という短時間で染め上げることができる上、返金保障制度を設けて気軽にお試しできるよう配慮されているのが嬉しいポイントです。

yajirusi
公式ボタン

 

白髪おしゃれ染めの選び方は?

ks017_72a

ヘアカラーとひとくちにいってもいくつかの種類があり、どう染めたいかによって適したものが違ってきます。

そのため白髪をおしゃれ染めで思い通りに染めるには、自分の目的に合ったタイプのヘアカラーを選ぶことがポイントとなります

何よりも白髪が目立たなくなるようにしっかりと染まることが第一という人は、染毛力の強いヘアダイが適しています。白髪の量がそれほど多くなく、ツヤ感のある自然な色味に仕上げたい人は酸性カラーでおしゃれ染めをすると良いでしょう。

また、白髪のカバーと同時に髪色を明るくしたい人は、アルカリ酸化染毛剤が向いています。しかし、ヘアダイや酸性カラーなどの酸性の染料は刺激が強く、肌質の弱い方には向きません。

デリケートな肌質で頭皮のかぶれなどのトラブルが心配、髪に優しく色持ちの良いカラー剤を使いたいという人には、ヘナを染料に用いた染毛剤をおすすめします。ただし、ヘナカラーの中にも酸化染料が加えられているものがあるため、使用前には必ずパッチテストをすることが重要です。

また、あまりおしゃれ染めに慣れていない人が自分で白髪染めをする場合は、さまざまなカラー剤の特徴を知った上で使いやすいものを選ぶことが失敗しないポイントです。全体染めをしたい人は、スタイリング剤のように髪全体にのばして揉みこむだけで手早く染まる液状ジェルタイプや泡タイプ、フォームタイプのおしゃれ染めが良いでしょう。

伸びた根元部分やちらほら出てきた白髪をカバーするなど、部分的な白髪染めをしたい時は粉末タイプやクリームタイプ、マニキュアタイプのカラー剤が使いやすく、おすすめです。

 

白髪おしゃれ染めの価格はいくら?

1016

白髪のおしゃれ染めはできるだけお金をかけずにしたい、と思う方は少なくはないでしょう。

カラーリングは一度してもしばらく経つと髪が伸びて根元部分の色が違うのが気になってきたり、色が落ちてきたりするため定期的にしなければならず、あまりコストのかかる方法は避けたいと思うものです。白髪のおしゃれ染めには、一体いくらくらいかかるのでしょうか。

白髪のおしゃれ染めにはいくつかの方法があります。一番安心できて手間もかからないのは、美容室でプロにお任せすることです。

どんなカラーが自分の肌色や普段の服装に合うかを相談できる上、髪質にも合った薬剤を選んでくれるため、失敗に終わることはまずありません。

美容室で白髪染めをする場合、キレイな状態をキープするために2~3ヶ月に一度のペースで通うと考えると、料金は選ぶ美容室によって異なるものの、相場でいえば1回あたり1万円ほどみておいたほうが良いでしょう。

あまりお金をかけたくないという人は、市販のおしゃれ染めを購入して自分で染める方法が一番低コストです。ドラッグストアやスーパーなどで販売されているカラー剤の価格は、安いもので数百円、高くても2,000円ほどです。

低価格でも評判の良いものはありますが、あまり名の知られていないものでお値打ちなものは、染毛力を高めるために強い薬剤が使われていることもあるため注意が必要です。

そして美容室とスーパーなどで市販されているカラー剤との中間くらいの価格になるのが、ネット通販で購入できるおしゃれ染めです。

口コミ評価の高いものが多く、2,000円前後から5,000~6,000円の範囲内で購入できるものがほとんどの上、返金保障制度が設けられているものもあるため、損のない買い物ができるという点では一番おすすめかもしれません。

yajirusi
公式ボタン

 

白髪をおしゃれ染めする時のポイントは?

0015

初めて白髪染めをする時には、薬剤で髪がパサパサになってしまわないか、不自然な色味に染まってしまうのではないかなど、いろいろと不安に思うことやわからないことがあるものです。

失敗をしないために、白髪をおしゃれ染めする時の基本的なポイントをおさえておきましょう。

白髪をおしゃれ染めする時には、キレイに染めたいということを一番に考えますね。それを叶えるためには、カラー剤の特性を知っておく必要があります。

カラー剤は、室温や塗る量、塗った後洗い流すまでの時間、髪質によって染め上がりの色が変わります。一般的に、室温は高いほうが染まりやすく、塗った後長く放置するほど色味が明るくなります。

また、髪質は硬いよりも柔らかいほうが染まりやすい性質にあります。こうした点を考慮した上で、適した条件になるよう調節するのがキレイに染めるポイントです。

オリジナリティを出すために人とは違った色に染めたいという人もいますが、カラー剤を混ぜて使うことは避けましょう。

異なる製品の二色を混ぜても絵の具のように中間色になるとは限らず、イメージとはまったく違う色になってしまうこともあります。色を組合せたいのであれば、それができるカラー剤を使うことをおすすめします。

また、白髪をおしゃれ染めした後のお手入れの仕方によっても色持ちが変わってきます。

まずパーマをかけたい時はパーマ液で色落ちすることがあるため、染めてから1週間くらい経つまで待ちましょう。

アルコールが含まれる育毛剤や整髪料や石けん成分が主原料のシャンプーやコンディショナーも色落ちの原因になることがあるため、避けたほうが良いでしょう。



失敗しない白髪染め選び!【白髪染め体験おすすめランキング】

rank1 rishiri007
【染まりがよく肌にもやさしい】
いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです!
【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】
rishiri004
↓
公式ボタン

 

 

sikiri

 

 

facebookはじめました

白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】 > 【必見】白髪染めの賢い選び方 > 白髪染めとおしゃれ染めの違いとは?傷まないのは?【口コミ評判】

関連記事

  1. 白髪染めの使用方法や頻度とは?【男性用と女性用の違いは?】
  2. 白髪染めの選び方とは?男性用は何色が良い?【選ぶポイントは?】
  3. 白髪染めの選び方で失敗しない方法とは?【おすすめはどれ?】
  4. 利尻ヘアカラーとルプルプの違いとは?【昆布の白髪染めを比較】
  5. 白髪染めの市販と美容院の違いって?【綺麗な染め方とは?】
  6. 白髪染めの市販はどれがおすすめ?【種類や選び方は?】
  7. 白髪染めは妊娠中や授乳中でも使って良いの?【影響は無い?】
  8. 白髪染めと髪染めの違いは?【市販のヘアカラーでも染まる?】
  9. 白髪染めシャンプーのおすすめはどれ?【口コミで人気なのは?】
  10. 白髪染めの選び方のポイントとは?【ランキングで人気なのは?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)