白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】

白髪染めおすすめの選び方!口コミや評判は?【種類・色・値段】

白髪染めおすすめはコレ!【10商品試した私の本音!】

rank1 rishiri007 【染まりがよく肌にもやさしい】 いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです! 【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】 rishiri004
↓
公式ボタン
   

 

白髪染めの種類で選ぶ!

0007

白髪染めをするにあたって、自分の目的に合った種類を選ぶことはとても大切です。

クリームタイプ

まずはクリームタイプの白髪染め。こちらの特徴としては、少しずつ手にとって白髪染めをしていくわけですから少しずつ何度でも使用することが出来るというところにあります。

そしてクリーム状なので液タイプのようにたれてしまったりすることもありません。ですので、白髪染めを部分的に行いたいという方・額など、たれてくると困ってしまうような生え際などを染めたいという方にはとても便利です。

トリートメントタイプ

次にトリートメントタイプ。こちらは毎日シャンプーをした後にトリートメントの代わりとして使用していくことで、白髪を少しずつ染めていってくれます。

他の種類のように即効性というものには欠けてしまうかもしれませんが、シャンプーのついでに染めることが出来ますのでとっても手軽で簡単です。またトリートメンとというだけあって、白髪を染めるだけではなくて使用するたびに髪の毛を美しく、健康的にしてくれるのも魅力の一つです。

乳液・液状ジェルタイプ

次は乳液・液状ジェルタイプ。こちらは手のひらにとってそのまま髪全体に伸ばしやすくなっておりますので、根元までムラなくスピーディーに染め上げる事が出来ます。

さらにそれに加えて、ヘアスタイリング剤の要領で手軽に白髪染めができるのが、泡・フォームタイプ。泡がまんべんなくいきわたっていきますので、見えにくい後ろの生え際や後頭部なんかも綺麗に染めることが出来ます。

粉末タイプ

最後は粉末タイプ。こちらは白髪染めの先駆け的存在であり、いまだ根強い人気を誇っているものです。粉末なので小分けにすることが出来るので、何度でも使えてしまうのが魅力の一つ。

また、水に溶いて使用する白髪染めなので、よくありがちな白髪染め特有のツンとしたようなにおいがないというのも、人気の理由のひとつになっているようです。

 

 

白髪染めを髪質で選ぶ!

kr057_72a

白髪染めを選ぶにあたって、パッケージなどに書かれている仕上がり後のイメージ画像を見て決めてしまう方がほとんどだと思うのですが実はこれ、大きな落とし穴なんです。髪質によって染め上がりには大きな差が出てしまうという事をご存知でしょうか?

人の髪質は千差万別に出来ています。大きく2種類に分けてしまうと、硬毛と軟毛に区別することができます。

硬毛とは、1本1本の髪の毛が太くしっかりとしている髪質のことをさします。こちらは地毛の色も真っ黒であることが多く、明るい色に染まりにくいという傾向にあります。

一方軟毛はというとその反対で、髪質が細く、やわらかい髪質のこと。色素が薄いことが多く、茶色に見えるために白髪染めの色がすぐに入りやすいという特徴があります。

選ぶ方法としましては、まず硬毛の方は必ず希望の色より一段階明るい色を選ぶということ。また塗布したあとは規定通りの時間ですぐに流してしまうのを止めて、少し長めに放置してみましょう。

軟毛の方はあまりカラーのことは気にしなくても大丈夫です。パッケージに記載されている色を選びましょう。またあまり明るくしたくないという方は、規定時間内で十分に染まっていますので放置しすぎないように注意してください。

また硬毛の方だと、放置時間が長くなってしまうわけですから、その分頭皮に負担をかけてしまうという点もあります。そんな方はトリートメントのような使うたびに髪の毛を美しく変えてくれるというようなもの・頭皮に優しいものを選んでみてはいかがでしょうか。

yajirusi
公式ボタン
 

 

 

白髪染めの方法で選ぶ!

0001

白髪染めには、カラーリングやヘナなどいくつかの方法があります。それぞれにメリットデメリットもありますので、自分の用途に適した方法で白髪染めを選ぶことが大切です。

まずは白髪染めの方法としてもっとも一般的とされているカラーリングです。カラーリングの中にも、沢山の方法があります。

ヘアカラー

ヘアカラーはメラニンを分解して髪を脱色し、染料が髪の内側まで入っていくという方法です。白髪を本格的に染め上げてしまいたいという方にはとても良いのではないでしょうか。

ヘアマニキュア

次にヘアマニキュアですが、こちらはメラニンを分解させずに髪の毛の表面のみを染める方法です。手軽な方法ではありますが、効果はヘアカラーよりは薄いかもしれません。

ヘナ

次にヘナによる白髪染めです。ヘナとはインドに生息しているヘナの実をすりつぶし、それを染料として使用しているものです。

こちらの方法で白髪染めをすると、オレンジに近い色に染めあがります。このオレンジ色と残った黒髪が混じりあい、ブラウンに近い色に染め上がるのです。自然な染め上がりで頭皮にもとても優しいというのが特徴です。

最後に白髪染めシャンプーです。こちらはたいてい、パックとの2本セットになっていて、毎日のシャンプーをこの白髪染めシャンプーに置き換えるというものです。

カラーリングなどと違っていきなり効果があらわれるという事はないですが、シャンプーと別に白髪染めをしなくても良いので習慣にしやすく、また毎日続けることで自然に白髪染めが出来てしまうというところが良いのではないでしょうか。

 

 

白髪染めを価格で選ぶ!

0016

数ある白髪染めの中から選ぶ時に、価格で選ぶということもひとつの手ではないでしょうか。

価格で選んでいる白髪染めのランキングによると、値段は大体2000円~4000円以下で、しかも美容成分などが沢山配合されているといったものが人気になっているようです。

ある商品だと1本2900円とお買い得なのに、シカカイ・ハイビスカスといった厳選された天然トリートメント成分を78.2パーセントも配合しているものなどもあります。

天然成分で出来ているので、染めても髪の毛を傷めることもなく敏感肌の方でも素手で髪にぬることができるようで、自宅で簡単に染め上げることが出来ますので、時間の節約と費用的にもこれだけの効果がありますから大満足の価格なのではないでしょうか。

また、ある商品ですと価格は全9色2520円となっています。フルーツエキスや高麗人参・植物由来の成分など髪の毛に優しい成分が贅沢に入っており、環境にも優しく作られています。

大きな特徴としては、全9色のカラーを自分のお好みでブレンドすることが出来るというところ。クリームタイプになっているので、混ぜるのも髪に塗布するのにもとても簡単になっています。簡単に自宅で染めたい・自分の色を作りたいという方にはとても良い商品なのではないでしょうか。

◆価格は出来るだけ安くしたいけれど、あまりに安すぎると効果がないのではないか?

◆頭皮や髪の毛に悪影響なのではないか?

と思われている方もいらっしゃるかと思いますが、この様に価格は安いけれど髪や肌にとても良い商品が沢山あります。自分の用途に適している、かつ肌や髪にも良いものを探してみてください。

yajirusi
公式ボタン
 

 

 

簡単・手軽に染まる白髪染めは?

kr200_72a

白髪染めを美容院でされている方って、自分は不器用だからうまく染められないのでは?と、市販のものを敬遠されている方が多いのではないでしょうか。

実は、市販のものでも簡単・手軽に染めることが出来る白髪染めって沢山あるんです!

シャンプータイプ

例えば、シャンプータイプになっている白髪染めはいかがでしょうか。こちらはシャンプーとヘアパックを毎日使うだけで自然と徐々に髪色が染まっていくというものになっているのですが、2剤を混ぜて使用したりだとか自分自身で色を変えたりだとか、準備や後片付けなどしなくても良いのでとっても簡単・手軽に髪を染めることが出来ます。

毎日のシャンプーとトリートメントをこちらの製品に変えるだけで良いのです。また簡単・手軽というだけではなくて、髪を染める染料には髪にとても優しいものが使用されておりますので、髪を傷めてしまうどころか髪をいたわってくれるようになっているのです。

日常の洗髪に取り入れるだけで、こちらだと本当に誰でも簡単・手軽に染められるのではないでしょうか。

光で染めるタイプ

また光で染めていくタイプのものもあるんです。こちらは朝使用します。くしに適量とって髪をといて白髪になじませ、そのまま一日放置するだけで良いのです。つまり、毎朝しているブラッシングが、白髪染めになってしまうということなのです。

流したりしなくても良いので朝の忙しい時間にとっても便利ですね。ではどうやって染まるのかというと、日光や蛍光灯などの光によて染料が毛髪に吸着するということなのです。簡単・手軽であるのと同時に色落ちしにくいというのも魅力のひとつです。

 

 

染めたい場所で白髪染めを選ぶには?

kr191_72a

白髪が少ないので全体的に白髪染めをしたくないなど、染めたい場所が限られている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

染めたい場所によって白髪染めを選ぶというのも、とても大切なことですよね。今ではいろんなタイプの白髪染めがありますよ。

染めたい場所が少しの場合、ぜひおすすめしたいのがマスカラタイプの白髪染めです。こちらは細かい部分にもさっと塗りやすいマスカラタイプのヘアカラーで、気になるたびにさっと隠すことが出来ますし、使用するたびにだんだんと染まっていきますから生え際などの白髪が気にならなくなっていきます。

使用方法は気になるところにさっと塗布し朝塗ったらもう夜のシャンプーまで洗い流さなくても大丈夫です。

口コミによると塗るブラシは本当にマスカラのようで、細かいところまでしっかりと塗ることが出来るそうです。全体ではなくて生え際が気になる方には良いのではないでしょうか。

全体を染めたい・後頭部なども気になる!という方には、泡タイプのものやトリートメントタイプ・またシャンプータイプのものが良いのではないでしょうか。

泡タイプですと、シャンプーをしているかの様な感じでくしゅくしゅと全体にいきわたらせることが出来ますので、見えにくい後頭部やもみあげの部分なんかにも泡がしっかりと浸透していってくれます。

またトリートメントタイプですと、なめらかにすーっと浸透していきますので、こちらも全体を染めたい方には良いかもしれません。

シャンプータイプはその名の通り、本当にシャンプーするだけで良いので簡単ですし全体にしっかりいきわたってくれます。ただし、染まり具合などは人それぞれ違いますので注意しましょう。

yajirusi
公式ボタン
 

 

 

白髪の量で白髪染めを選ぶ!

kp010_72a

白髪の量によっても、白髪染めをきちんと選んだ方が良いということをご存知でしょうか?

白髪染めは白髪の量によって仕上がりに違いが出来てしまうのです。というのも、白髪のほうが黒髪よりも染まるのが早くて明るくなってしまい、黒髪のほうが暗く見えてしまうからなのです。

白髪染め選びでもし迷うことがあったら、希望よりも少し明るめの色を選ぶと失敗が少ないのではないでしょうか。

白髪の量が多い方

白髪の量が多いという方は、トリートメントタイプやシャンプータイプなど全体にしっかりといきわたるものを選ばれてはいかがでしょうか。

全体をしっかりと染め上げてくれますし、トリートメントタイプですとさらに髪の毛全体をつるつるサラサラなものに変えてくれます。

シャンプータイプですと、全体をしっかりと染めてくれるだけではなくて一度でいっきに染め上がってしまうのではなくて徐々に染まっていくものになっていますので、不自然に全体が真っ黒になってしまったりすることがありません。

白髪の量が少ない方

白髪の量が少ないという方はクリームタイプのものなどが良いかもしれません。クリームタイプなので染めたい部分だけに少量だけ使って、あとは残しておくということが出来ますので、経済的にもなります。

生え際の少量の白髪が気になる方

あとは生え際の少量の白髪が気になるという方はマスカラタイプのものなどが良いかもしれません。塗る部分が本物のマスカラのようになっていますから、塗るのが簡単なだけではなくてその部分のみを手軽に染めることが出来ます。

自分の白髪の量で、上手に白髪染めを選ぶようにしましょう。

 

 

白髪染めヘアカラーの選び方は?

0015

白髪染めヘアカラーの選び方ですが、まずは自分の白髪の量などに注目してみましょう。白髪染めヘアカラーは、白髪の量によって仕上がりにたいへん違いが出てきてしまいます。

白髪のほうが黒髪よりも染まるのがとっても早く出来ているので、白髪がたいへん明るくなってしまい黒髪が暗く見えてしまうということになってしまうんです。

白髪の量が多い方は少し暗めの色を、黒髪の量の方が多い方は少し明るめの色を選ぶと自分の理想の髪色に近づけるかもしれません。

また、自分の髪の毛の状態にも注目してみましょう。髪の毛の傷みが激しい事を気にしていらっしゃる方いらっしゃいませんか?

そんな方にはヘアカラーだけでなく、トリートメントの効果も発揮してくれるヘアカラートリートメントというものがあります。

こちらはいつものようにシャンプーをした後に、トリートメントのように塗ってしばらく放置し洗い流すだけになっています。

一度でしっかりと染め上げることが出来るだけでなく、天然成分やトリートメント成分が豊富に入っている商品が沢山ありますので、白髪染めをするたびに髪の毛の傷みを修復していってくれるそうなんです。

一度で染め上げるのが嫌だ、という方はシャンプータイプになっている白髪染めがあります。

こちらはシャンプーとヘアパックで出来ていて、毎日のシャンプーをこれに変えて毎日使うだけなのでとても染めやすいです。

他の白髪染めとは違って、天然成分100%で出来ているので、髪や地肌に優しく出来ていますしシャンプーの効果もきちんとありますので経済的です。いきなり真っ黒になることはなく、ゆっくりと自然な黒髪に染めあがっていきます。

色・髪の毛の状態・染める方法など自分にぴったりのものを選んでくださいね。

yajirusi
公式ボタン
 

 

 

泡の白髪染めの選び方は?

0008

泡タイプの白髪染めヘアカラーは、スタイリング感覚で塗りやすくムラが残りにくいその手軽さが魅力的です。

後頭部や生え際などをしっかりと染めたい方に良いのではないでしょうか。

全体を染める方が選ぶ泡の白髪染めですから、しっかりと商品を選ばないともしかすると思わぬ大きなトラブルが起きてしまうかもしれません。

泡の白髪染めを選ぶ方は、まずは自分の肌質・髪質・形状をしっかりと把握して自分に合うものを選ぶようにしましょう。

肌質で選ぶ

まず一番大切になってくるポイントは、自分の肌質です。多くの泡の白髪染めに、化学系染料であるパラフェニレンジアミンという染料が使われているのが現状です。理由はといいますと、こちらの染料が使われることによって一回で凄く良く染め上げることが出来るからなんです。

ですがその分、とても肌や髪の毛に刺激が強いのです。それを知らずに、もしもアレルギー体質の人が使用したら…かぶれや湿疹・腫れ・皮膚炎などが起きてしまうかもしれません。ひょっとすると、強いアナフィラキシーショックを引き起こしてしまうかもしれません。

自分の体質は自分が一番把握していると思いますので、必ず成分表を見るようにしましょう。または、天然成分しか配合されていないものを選ぶようにしましょう。

髪質で選ぶ

また髪質で選ぶこともとても大切です。髪の毛が硬めだなと思われる方は、少し色が入りにくいかもしれませんので希望の色よりも少し明るめのものを、髪の毛が柔らかいなと思われる方は、逆に色が入りやすいかもしれませんので、自分の希望の色・もしくは希望の色よりも少し暗めの色を選ぶと良いでしょう。

 

 

市販の白髪染めの選び方は?

kr075_72a

最近では、家庭で簡単に染めることが出来るものとして、市販の白髪染めがたいへんな人気を集めています。

店頭などにも沢山の商品が陳列されてありますので、目に付いたものをそのまま使用しているという方も多いのではないでしょうか?

実はそれは、とっても危険なことなのです。実際に試してみて、使用感や色合いなどを比較し、検討するということはとっても大切なことなのですが、使用する前にきっちりとした選び方を覚えましょう。

肌質で選ぶ

市販の白髪染めの選び方においてもっとも重要かつ、基本的なポイントとしては必ず自分の肌質に合ったものを選ぶということです。

市販の白髪染めの中には、残念ながらたいていの商品に科学染料が含まれています。

これは1度使うだけで、しっかりと染め上げることが出来るように…という意味で使用されているのですが、科学染料ということですから頭皮や髪にかかる負担はとても大きいのです。

肌の弱い方・アレルギー体質の方がそれを知らずに手にとって、そのまま使ってしまったら…肌荒れや炎症などが起こってしまうかもしれません。肌の弱い方・アレルギー体質の方は特に気をつけましょう。

用途で選ぶ

また用途に応じて選ぶことも大切です。頭部全体を一気に染めたい方・生え際などの一部分を染めたい方に分かれるかと思いますが、全体を染めたい方には伸びの良いローションタイプのものを使うと良いでしょう。

逆に部分染めをしたい方は、額の生え際などにつけても液だれしないようなクリームタイプを使用すると良いかもしれません。

yajirusi
公式ボタン
 

 

 

髪が傷まない白髪染めの選び方は?

0017

基本的に、白髪染めは髪が傷むものだとされてきました。なぜなら、一度できちんと染め上がるようにと、科学染料であるパラフェニレンジアミンというものが使用されている商品が大半だったからです。市販の白髪染めには今でも使用されているものが沢山あります。

では、髪が傷まない白髪染めを選ぶにはどうしたら良いのでしょうか?

まず選び方としましては、しっかりと成分表を見るということ。先ほども述べたパラフェニレンジアミンというものが入っているかどうかなど、しっかりと自分で見て調べてみることが大切になってきます。

現在髪が傷まない白髪染めをコンセプトとして作られている白髪染めが沢山あります。そちらは、このパラフェニレンジアミンを使うことなく全て天然色素や、美容成分を使用して作られているのです。

これだと、科学染料が入っていないので入っているものよりも一度で染まる力は弱いかもしれませんが、髪を傷めずに自然なキレイな色に染めることができるのです。

また他にも、髪を傷めるどころか使うたびに髪の毛をキレイにしてくれるというヘアトリートメントタイプの白髪染めなんかもあります。名前の通りトリートメントになっていて、シャンプーのあとにトリートメント感覚で白髪染めをすることが出来るのです。

こちらは染料が天然のものであるほか、髪の毛の傷みを補修してくれたり頭皮環境を整えてくれるような成分も贅沢に配合されているので、髪を傷めるのが嫌だという方にはもってこいなのではないでしょうか。

白髪染めをすると髪の毛は傷むもの…と決め付けて、適当に手にとってみるのはやめましょう。しっかりと調べて、自分の用途にあった髪と頭皮に優しい白髪染めを探しましょう。

 

 

口コミで人気の白髪染めを選ぶ!

card10

現在インターネットなどで、口コミというものが多くありますね。白髪染めの口コミがあるのもご存知でしたか?

今から白髪染めを使用しようと思っている人・何が良いのか分からないという方は、実際に使った人がありのままの感想をつづっている口コミを見てから、商品を選ぶということもひとつの方法かもしれませんよ。

口コミを見てみると、現在はヘアカラートリートメントタイプのものが人気になっているようです。その理由としましては、髪の毛を傷めるものとして思われていた白髪染めが、何とトリートメントタイプになって、使用するたびに白髪染めと髪の毛のケアが両方行えるというところにあるようなんです。

どのヘアカラートリートメントも髪に良い成分を沢山かつ贅沢に配合してあるようで、使用するたびに髪の内側から強く美しい髪へと導いてくれるそうなんです。

また低刺激の染料を使用しているものが多いようで、手袋などをせず素手でそのまま塗れてしまうというところも人気の秘密のようです。髪の毛がキレイになるだけでなくて、白髪染めも出来て、また肌にも優しいとなるととっても嬉しいですよね。

この他にも、シャンプータイプの商品の口コミ・泡カラータイプの商品の口コミなど、色々な口コミが掲載されています。自分の使いたいタイプの商品の口コミを見つけて参考にすると良いのではないでしょうか。

また口コミの良い所はというと、良い感想だけではなくて悪い事も書いてあります。実際に使用してみてあまり良くなかったと感じたら、良くなかったと書く人もいるのです。

色々な口コミを見て、自分の求める白髪染めを選びましょう。

yajirusi
公式ボタン
 

 

 

白髪染めを口コミランキングで選ぶ!

af0150015001

口コミで評判の白髪染めを、ランキング形式で紹介しているものがあるのをご存知ですか?

これだと、一目で何が一番売れているのか・評判が良いのかが分かりますので、これから白髪染めを買おうと思っている方にとってはとっても便利なものですよね。

ですが、一つ気をつけなくてはいけないことがあります。それは、その人気の商品が自分の肌質などに本当に合うかどうかを見定めなければいけないということです。例えば肌の弱い方・アレルギー体質の方は、特に気をつけなければなりません。

口コミで評判ということなので、大体は安全・安心に作られているものでしょうが、もしもどれかに科学染料が使用されていたら?

天然成分の中・美容成分の中に、自分の身体がアレルギー反応を起こしてしまうものが入っていたら?

もしかすると使用することによって肌が炎症を起こしてしまったりだとか、ひどい場合はアナフィラキシーショックを起こしてしまったりするかもしれません。

また、自分の髪質に合ったものを見つけるようにしましょう。人にはそれぞれ硬い髪の毛と柔らかい髪の毛などがあります。固い髪の毛の人だと色が入りにくい・逆に柔らかいと入りすぎてしまうことがあるのです。

いくら口コミランキングで一位をとっているといっても、その商品があなたの髪質に合うかどうかは分からないのです。

口コミランキングは参考程度にして、いきなり上位にあるものを購入してしまうのではなくて、しっかりと自分の目でもその商品に入っている成分などを確認してから購入するようにしましょう。



失敗しない白髪染め選び!【白髪染め体験おすすめランキング】

rank1 rishiri007
【染まりがよく肌にもやさしい】
いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです!
【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】
rishiri004
↓
公式ボタン

 

 

sikiri

 

 

facebookはじめました

白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】 > 【必見】白髪染めの賢い選び方 > 白髪染めおすすめの選び方!口コミや評判は?【種類・色・値段】

関連記事

  1. 白髪染めの使用方法や頻度とは?【男性用と女性用の違いは?】
  2. 白髪染めの選び方とは?男性用は何色が良い?【選ぶポイントは?】
  3. 白髪染めの選び方で失敗しない方法とは?【おすすめはどれ?】
  4. 利尻ヘアカラーとルプルプの違いとは?【昆布の白髪染めを比較】
  5. 白髪染めの市販と美容院の違いって?【綺麗な染め方とは?】
  6. 白髪染めの市販はどれがおすすめ?【種類や選び方は?】
  7. 白髪染めは妊娠中や授乳中でも使って良いの?【影響は無い?】
  8. 白髪染めと髪染めの違いは?【市販のヘアカラーでも染まる?】
  9. 白髪染めシャンプーのおすすめはどれ?【口コミで人気なのは?】
  10. 白髪染めの選び方のポイントとは?【ランキングで人気なのは?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)