白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】

白髪染めと髪染めの違いは?【市販のヘアカラーでも染まる?】

白髪染めおすすめはコレ!【10商品試した私の本音!】

rank1 rishiri007 【染まりがよく肌にもやさしい】 いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです! 【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】 rishiri004
↓
公式ボタン

 

髪染めの種類は?

髪染めと一口にいっても、その中には幾つもの種類があります。

まず最初に分かれるのが、白髪染め用のものと、ファッション用のものです。

白髪染めの方も広い意味ではファッション用と言えるのですが、主眼としている機能が多少違うので、分けたほうが妥当でしょう。

白髪染め用

白髪染めは中高年で主に利用されるもので、文字通り白髪を隠す、目立たなくすることを主眼にしています。

従来は脱色・染色を行うカラーブリーチ、ヘアカラータイプが主流でしたが、近年ではトリートメント効果があるヘアマニキュアタイプが人気を博しています。

ターゲットとなる髪色がもともと白で、それほど強い染色力がなくても目的を達成できるので、頭皮や髪のケアを主眼にした商品が増えてきていると言えます。

ファッション用

ファッション用の髪染めは、主に青年~中年層で利用されています。

こちらは元の髪色である黒色を脱色する必要がありますので、漂白剤を含むヘアカラー、ブリーチタイプが変わらず主流であるようです。

また、髪染めはその薬剤の性状によっても分類できます。

スタンダードなのが液状タイプでしょう。

これはさらにそのまま使用するタイプと、2液を混合するタイプに分かれます。

部分染めなどに向いたタイプとしては、クリームタイプや泡状タイプもあります。

さらに短期的な髪染め用として、吹き掛けるだけで使用できるヘアカラースプレーというタイプもあります。

それぞれの得意不得意の特徴がありますので、用途によって使い分けると良いでしょう。

 

白髪染めのやり方は?

白髪染めの方法は、ヘアカラー・ヘアマニキュアとカラートリートメントで多少変わってきます。

ヘアカラー・ヘアマニキュア

ヘアカラーやヘアマニキュアの一般的な染め方は、

①「染色液を用意する(2液混合タイプなら適切な比率で混合)」

②「乾いた髪に薬液を塗りつける」

③「10~15分(商品説明書にある規定時間に準ずる)放置する」

④「ぬるま湯で大まかに染料を落としてからシャンプーで洗う」

⑤「髪以外の場所についた薬液をリムーバーなどで落とす」

⑥「乾燥して出来上がり」

と言った流れになります。

ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントなどの場合、通常のトリートメントと同じように、シャンプーの後に髪に塗りつけていきます。

10分~ぐらい置いた後、すすぐだけで終わりですので、ヘアカラーに比べて手間が少ないのが特徴です。

塗布後からすすぐまでの間、ヘアキャップなどをかぶって加温してやるとよく染まるという話もあるようです。

ただ、いずれにしても髪の表面を染めるだけですので、シャンプーのたびに色が落ちてきます。

手軽な代わりに毎日かそれに近い頻度で染めてやる必要があります。

白髪染めシャンプー

これよりさらに簡単なのが、白髪染めシャンプーの使用です。こちらは通常のシャンプーと全く同じ要領で使ってやるだけで、徐々に髪が染まっていきます。

ただし、はっきりと染まってくるまでに期間を要しますので、用途に合わせた使用が必要です。

大きく分けて、道具や支度を揃えてしっかり時間をとって染める必要があるヘアカラー・ヘアマニキュアと、特に特別な準備を要しないで白髪染めができるカラートリートメント・白髪染めシャンプーに分かれると言って良いでしょう。

yajirusi
公式ボタン

 

白髪染めのコツは?

白髪染めにしても、髪の色を変える髪染めにしても、上手く綺麗にムラ無く染めるにはある程度コツが有ります。

白髪染め剤の仕組みや性質をしっかり把握することで、適切な使い方をできるようになりましょう。

髪の内部まで染料を浸透させる「ヘアカラー」タイプの場合、皮膚や頭皮に付けないようにするため、生え際の染色がうまくいかない傾向が有ります。

生え際を上手く染めるコツ

生え際を上手く染めるコツとしては、ラップの活用が有ります。

髪の先→生え際の順で染色剤を塗った後、全体を再度梳かしてからラップで密封しましょう。

この際、生え際には特にぴったり密着させるのがコツです。

頭皮近くで密封された生え際は温度がしっかり上がりますので染色もしっかり行われます。

また、ラップで密封することで薬液がくまなく回り、塗り残しやムラを無くすことができるのです。

すすぐ時のコツ

染色時間を終えて、すすぎをするときもコツがあります。

いきなりシャンプーで洗い流すのはダメ。

まずはぬるめのお湯で髪を湿らせて軽く揉み込んでいきます。

その後、お湯ですすぎを繰り返して、色が出てこなくなってからシャンプーで洗い落としましょう。

最初からシャンプーで洗ってしまうと色ムラの原因になりますので注意が必要です。

白髪染めをした後は、ほぼ必ず髪にダメージが与えられていますので、毛先を中心に丁寧にトリートメントをしておきましょう。

折角きれいな色に染めても、髪がガサガサパサパサして、ツヤを失っていては台無しです。

しっかりケアしておかないと枝毛や抜け毛の原因にもなったりします。

 

一週間だけ髪染めをする方法は?

ファッションで髪染めをすることが一般的になった昨今、大体の場所や状況では染めた髪のままでもOKであるようになりましたが、それでも冠婚葬祭、特に葬儀など改まった席では黒髪であることが求められることも有ります。

そういった場合、短期間だけ髪を染め直すことになるのですが、その方法としては、

◆ヘアカラースプレーを使用する方法。

◆短期間用ヘアカラーを使用する方法。

とに分かれます。

ヘアスプレーは必要な際に即座に染めることができるという利点がある一方、

◆仕上がりが美しくない。

◆ツヤが消える。

◆髪が固まる。

などの問題点も有りますので使用したがらない人も少なくありません。

短期間用のヘアカラーとは、通常の髪染めと同じ要領で使用でき、仕上がりも同程度の綺麗さになるのですが、一週間ほどで自然と色が落ちるように調整されたヘアカラーの事を指します。

こちらを使用した場合、艶が消えたり髪が固まったりという問題は起きません。

大体の場合、短期限定の髪染めが必要とされるのは何らかの理由で地毛の色に戻すことが求められている時なので、「髪の色もどし」「髪色戻し」などの言葉が商品名に入っている傾向が見られます。

また、期間を示す「一週間」だとかの文言が入っている場合も多いようです。

一週間髪色戻しの髪染めも、使用方法は通常のヘアカラーと同じです。

染色時間で黒さを調整でき、それはそのまま戻るまでの期間の調整にもなります。た

だ一つ注意点としては、本来の髪色色素と違い黒色染料で染められた色はブリーチなどで抜けないため、染色が抜けきらないうちに再度明るい色の染色をすると、色ムラなどを誘発しやすいようです。

yajirusi
公式ボタン

 

ヘナの白髪染めとは?

「ヘナ」とはインドで古来より用いられてきたヘアトリートメントの薬草です。

インドに自生するミソハギ科の薬草で、髪を弱酸性に保ってトリートメントを保護する効果と、髪を薄いオレンジ色に染める効果を持っています。

この効果を利用して行われるのがヘナによる白髪染めです。

ヘナ自体は強力な染色力を持つわけではありませんので、黒髪を別の色にしたり、白髪を濃い色に染めたりすることはできません。

しかし、トリートメント効果と頭皮への良い影響のおかげで、髪自体の健康を回復し、コシ・ツヤを復活させることができます。

また、女性ホルモンバランスを整える効果もあるので、白髪染めをしながらも生理不順や更年期障害を改善する効果も期待できるという利点があります。

髪の毛自体にダメージや悩みがあったり、化学物質タイプの白髪染めが体質的に合わない、アレルギー反応が出るという方に特におすすめしたい白髪染めだと言えるでしょう。

ただし、先にも述べたように、あくまで染色効果もある薬草という位置づけですので、大幅に髪の色を変えたり、黒い髪を明るい色にしたり、短期間で即座に染色したりといった用途には向いていません。

同じく天然染料であるインディゴ(藍)と合わせればそれなりに濃い髪色に染めることもできますが、原則として「白髪を目立たなくしながらヘアトリートメント」を主眼にして使用するのが適切でしょう。

染め方としては、伝統的なヘナ粉末を使った方法と、ヘナをベースに使いやすく作られた白髪染め剤を使った方法が有ります。

 

ブリーチと髪染めの関係は?

白い画用紙にクレヨンで赤色を塗れば、はっきり鮮やかに発色しますが、黒い画用紙に明るい色を塗ってもほとんど判別がつきません。

これと同じ要領で、黒い髪により明るい色を染色してもほとんど差がわかりません。

このような理由から、黒髪の黒色色素を脱色するために用いられるのがブリーチ(脱色剤・漂白剤)です。

黒髪から、明るい茶色や赤色、金髪などの色に染めたい場合はこのブリーチを使って予め脱色をしてやる必要があります。

単純な茶色であればブリーチで脱色するだけでできますので、色落ちなどの心配が殆どありません。

もちろん、新たに髪の毛が生えてくる分は黒髪で生えてきますので、こまめにリタッチしてやる必要が有ります。

ブリーチにも幾つか種類があり、それぞれに向いた用途があります。

◆気軽に使えるのが特徴のミストブリーチ。

◆しっかり脱色できる強力タイプ。

◆部分脱色に向いたクリームタイプや泡タイプ。

など、ブリーチ剤の性状だけでも色々なタイプが有ります。

また、ヘアカラーの中にはブリーチ剤も配合されているタイプがあり、このタイプは脱色と染色を両方行うことで色々な髪色を手軽に染めることができるという利点があります。

ただ、ブリーチは髪のキューティクルを剥がした上で内部に侵入して脱色を行いますので、髪に少なからず負担がかかります。

また、人によっては頭皮のかゆみや腫れなどの過敏反応やアレルギー反応が現れる場合がありますので、使う前にパッチテストを行うことが強く推奨されています。

 

自宅で白髪染めをするメリットとデメリットとは?

何事でもそうですが、自宅での白髪染めにもメリットとデメリットが有ります。

メリット

まず最大のメリットは、費用負担が圧倒的に小さいことです。

月2回ペースで美容院に通い、白髪染めをしてもらうのはかなりの費用がかかりますし、時間的な負担も無視できません。

自宅で白髪染めを行った場合、同じぐらいの頻度で染めなおしやリタッチをしたとしてもかかる費用は格段に小さく抑えることが可能になります。

また、リタッチなどの部分染めに関しては、より頻繁に行うことができるというのもメリットです。

白髪染めにしてもカラー髪染めにしても、髪の毛が生えてくる以上は自然と根元付近に染色されていない部分ができてしまいます。

美容院などで染めなおしてもらう場合、時間が取れないなどの理由でそういったリタッチができないまま過ごす日々が増えがちですが、自分で染める場合はいつでもこまめに染めなおしやリタッチができます。

デメリット

一方、デメリットとしては各種リスクが自己責任だということに尽きるでしょう。

まず多いのが、ちゃんと染まらない、色ムラができるという可能性。

後頭部や生え際など、コツが必要な部分も有り、これは特に独りで染めようと思うと発生しやすくなります。

また、薬剤が肌や髪に合わず、アレルギー反応などが出るケースも考えられます。

もちろん、美容院でしてもらった場合も起こりうるのですが、自分でやる場合補償などを受けることはできません。

そして、特別な加温器具などを使えない分、市販の白髪染め剤は染色力を強力にしてあることが多く、髪が荒れやすいという傾向もあります。

自宅で白髪染めする場合のメリットデメリットはほかにも存在しますが、自分の状況や用途に合った形で利用すれば良いやり方であると言えるでしょう。

yajirusi
公式ボタン

 

おすすめの白髪染めは?

白髪染めをしたいけど、どんな商品が良いのかわからない。

そもそもどんな特徴の商品がどれぐらいあるのか知りたい、使ってみた感想を知りたい。

白髪染めは個人ごとに合う合わないがかなりはっきり出るものだけに、事前情報収集にはしっかり力を入れたいところです。

こういった情報収集で役立つのが、化粧品などの口コミサイトの存在です。

最大手の化粧品口コミサイトになると、総口コミ数は数十万を超える量が集まっており、白髪染めの口コミに限っても一商品当たり数百のコメントが寄せられていることが珍しくありません。

逆に言えば、寄せられている情報量が膨大なだけに、目指すアドバイスを得るためには上手な使い方が必要であるとも言えます。

おすすめの白髪染めを探す上で基本になる調べ方は、まず「白髪染め 種類」「白髪染め おすすめ」などである程度、探したい商品の目星をつけるところから始まります。

場合によってはこの時点でおすすめされた商品が気に入って購入することもあるでしょう。

次に、目星をつけた商品に関して口コミサイトなどで口コミを捜していきます。

なるべく多くのユーザーが評価を寄せているサイトを使うとよいでしょう。

様々な人が使って感想を述べているならそれだけ参考になる情報が得られる可能性が高まります。

ここで口コミを便りに商品を絞り込んでいくわけですが、重要なのは出来る限り自分と体質・髪質・用途が近い口コミを捜すことです。

個人差が大きいものだけに、同じ商品でもぜんぜん違う効果が出ることも珍しくありません。

より自分に近いユーザーを捜して自分にピッタリの「おすすめ白髪染め」を探し出しましょう。

 

白髪染めの選び方は?

白髪染めは髪質によって染まりやすさや、染色後のダメージが大きく変わりますし、体質によっては特定の成分に対してアレルギー反応が出る場合も有ります。

そのため、白髪染めを選ぶ際にまず考えるべきなのは、自分の髪質・体質にあっているかどうかでしょう。

一般的な傾向として、髪自体が細く柔らかく髪質が弱い人ほど白髪染めでの染色がしやすく、染色後の髪のダメージも大きい傾向があるようです。

そして、白髪染めの方も大体の傾向として染色力と髪へのダメージが比例する傾向が有ります。

これを合わせて考えると、髪が太く髪質が強い人は、髪に多少のダメージを与えてもしっかり染まる「ヘアカラー」タイプの白髪染めやブリーチの併用が良いであろうという事になります。

逆に、髪が細く髪質が弱い人は、染色力よりも髪へのダメージを抑えた「低刺激ヘアマニキュア」や「ヘアカラートリートメント」、若しくは「白髪染めシャンプー」が向いているだろうと予測できます。

もちろんこれは大体の傾向なので、実際のところは色々試しながら調整していく他ありません。

ただ一応の目安として、今使っている白髪染めからどの方向へ変化させるとよりピッタリかの判断基準にはなると思われます。

中高年の男性の場合、髪への影響だけでなく頭皮への刺激の度合いも考慮に入れる必要があるでしょう。

女性に比べて抜け毛や薄毛になりやすい男性は、頭皮への負担が大きい白髪染めを使用し続けると抜け毛・薄毛を加速してしまうことがあり得ます。

女性でも抜け毛が気になり始めた方は、低刺激の物に変えるのも良い選択でしょう。

yajirusi
公式ボタン

 

泡の白髪染めの口コミと評判は?

白髪染めには、

◆スタンダードな液体タイプ。

◆部分染めに向くクリームタイプ。

◆即座に吹きかけて使えるスプレータイプ。

など幾つかのタイプが存在しますが、そのうちの一つに「泡状タイプ」が有ります。

泡状タイプの白髪染めは、容器から出した液をそのまま使えるのが特徴です。

容器から出した時点で泡になって居るタイプと、出した後で泡立てるタイプがあります。

いずれにせよ泡状の薬剤を髪に載せて揉み込むことで染色を行うことができます。

液状タイプに比べた場合、液がたれたりしにくいという利点があり、クリームタイプと比べた場合には、均一にしやすくムラになりにくいという利点が有ります。

液状とクリームタイプの良いところを合わせたような性質を持つのが泡状の白髪染めです。

引き換えというべきか、染色時間は液状やクリーム状の物に比べると若干長く必要になるようです。

泡タイプの白髪染めの口コミ感想を見てみますと、

◆「使いやすい」

◆「手軽」

◆「色ムラになりにくい」

という評判が多く寄せられています。

使い勝手に関しては「見えない後頭部も上手く染められる」というものもよく見られます。

泡状であるため、均一に薬剤を行き渡らせるのが簡単で、自分一人の白髪染めであっても美容院に近い出来上がりになることが評判の主な理由であるようです。

髪に与えるダメージも比較的マイルドなようで、染色後に適切なトリートメントを行えば全く問題ないレベルのようです。

バリエーションとしては液状やクリーム剤と変わりなく、様々な色バリエーションやブリーチが販売されていますので、選択の幅が広いのも手軽に使える理由のようです。

 

白髪染めスプレーの口コミと評判は?

白髪染めスプレーとは、髪にスプレーするだけで着色が行えるタイプの白髪染めで、1日ぐらいの短期間髪の色を変化させるのに使われます。

特に用途として多いのが、面接などで一時的に黒髪に戻したい場合にすぐ色がついて、すぐに落とせることが望ましいので一回のシャンプーや水洗いお湯洗いで落ちるようになっています。

通常の白髪染めと違い表面に染料を載せて着色するだけなので、ごく短時間で白髪染めができるのが最大の特徴でしょう。

ただ、吹いてすぐ着色されるので、ムラ無く均一に染めるのは難しいといえます。

また、着色した個所が固まる性質もありますので、櫛で梳かしながら手早く染色するなどのコツが必要になります。

口コミでの感想や使い勝手を見てみますと「即座に染められる」という点から、白髪隠しや緊急のリタッチ用として常備しているという感想が多く見られます。

「お湯ですぐ落とせて、髪へのダメージも少ない」という感想もよく見られます。

ただ、「臭いが強い」「髪が固まる」という口コミも有り、使い方を考える必要があるのは確かなようです。

口コミ評判全体に共通するのは「あくまで緊急用」という傾向です。

面接や校則の為、白髪隠しや白髪染めの退色を隠すために使われる場合がほとんどを占めています。

ちなみに、白髪染めスプレーの上手な使い方としては、一部分に集中して吹き掛けるのではなく、少し離した位置から少し吹きかけては櫛で整えて、また少し吹いてというのを繰り返してやると良いようです。

yajirusi
公式ボタン

 

白髪染めホイップの口コミと評判は?

白髪染めホイップとは泡タイプの白髪染めの一種で、薬液を専用容器で振り混ぜ(ホイップ)することで泡立ててから使う白髪染めです。

泡が直接容器に封入されているものに比べて、極め細やかなモッチリとした泡になるのが特徴で、使い心地が向上しているものが多いようです。

自分でホイップするので、納得のいくまで泡立てることができるのも特徴と言えるでしょう。

口コミでの評判と感想を見てみますと、まず一番に「泡がもちもちしていて使いやすい」「同じ泡タイプでも発色が良い、しっかり染まる」等の泡の質、使い勝手に関しての感想が多く見られます。

面白い傾向としては泡そのものの感触に面白さを感じる例があるということです。

当然というべきか、「染めるのが簡単」「色ムラなく染まる」といった泡タイプ共通の評判も多く寄せられています。

とりわけ、通常の泡タイプ白髪染めに比べても使いやすさ、塗りやすさが向上しているという感想が多いことは特筆するべき点でしょう。

口コミ感想で散見されるのが「ホイップ自体に楽しさを見いだしている」という例。

このタイプは通常、100回から200回のホイップを必要としますが、このホイップ作業を面倒と思うか、面白いと思うかで全体の評価もかなり変わるようです。

しっかりホイップして作られた泡は非常に使いやすく、誰でもむら無く簡単に染められるというのが全体に共通した感想のようです。

100回以上しっかりホイップした人の評価が全体的に高い傾向があるのもそれが理由のようです。

 

豊染花の口コミと評判は?

白髪染めヘアカラーの豊染花は、ムースタイプの白髪染めです。

最大の特徴は、時間がない人でも簡単に染めることができるというものです。

気になる部分にムース状の染料を塗ったら、後はそのまま放っておくだけで良いのです。

豊染花がこれほど簡単に使える秘密は、染料として銀イオンを配合している所にあります。

銀イオンは光を浴びることによって、吸着・発色をする性質を持っています。

そのために塗っておくだけで後は放置していれば、神の表面にぴったり密着して白髪をカバーしてくれるのです。

しかも髪の表面をコーティングするだけなので、キューティクルを傷めることもありません。

実際に豊染花を使用した人の口コミを見てみると、ムースタイプだからこその使いやすさが好評です。

クリームタイプの場合は乾くまで時間がかかりますが、豊染花ならすぐに乾くので衣服に付くこともありません。

朝が忙しくて、白髪染めをする時間が惜しいという人でも、安心して使うことができるのです。

豊染花は、使いやすい白髪染めですが、口コミの中には染まりが遅いことを不満に感じている人もいるようです。

しかし光を浴びて発色をするタイプなので、朝から昼にかけてはしっかりと白髪染めができているというわけではありません。

しかし洗い流しても発色が持続するので、10日間ほど使い続ければ満足できる色になります。

すぐにでも白髪を隠したいという人には難しいかもしれませんが、そこが気にならないという人なら、忙しいときにも簡単に使える白髪染めとして高い人気があります。

yajirusi
公式ボタン

 

花王ブローネ泡の白髪染めの口コミと評判は?

花王ブローネは、泡で染める白髪染めです。

泡をもみこむだけで根本まで広がり、白髪をしっかりと染めてくれます。

泡タイプだから誰でも簡単に使うことができ、白髪染めに慣れていない人が苦手な内側や後ろも染め残すことなくきれいに染められます。

花王ブローネは発売以来、1年間で1100万本を売り上げたほどの人気商品です。

泡の白髪染めで使いやすいということもありますが、その他の部分もしっかりしていなければここまで売れることはありません。

バリエーションも豊富にあるので、ただ白髪染めをするだけではなく、自分好みの色に仕上げられるというのも人気の秘密です。

口コミや評判を見てみると、髪のきしみや染めた後の臭いもきつくなく、手軽に使うことができる白髪染めとして人気です。

初めて白髪染めをするという人でも簡単に染められるので、手軽に使えるものを探している人にはぴったりです。

しかし、明るい色は思ったよりも明るくならなかったという口コミもあるので、使用するときには気をつけましょう。

白髪染めで重要視されているものの1つとして、どれだけ長持ちするのかというものがあります。

花王ブローネは一度染まったら満足できるということなので安心して使えます。

ただししっかりと染まりきるまで時間がかかるということもあるので、その点は覚えておきましょう。

髪を洗うかのように簡単な使い方で染められるので、しっかりと効果があり簡単に染められる白髪染めを探しているというなら、花王ブローネを使ってみてください。



失敗しない白髪染め選び!【白髪染め体験おすすめランキング】

rank1 rishiri007
【染まりがよく肌にもやさしい】
いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです!
【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】
rishiri004
↓
公式ボタン

 

 

sikiri

 

 

facebookはじめました

白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】 > 【必見】白髪染めの賢い選び方 > 白髪染めと髪染めの違いは?【市販のヘアカラーでも染まる?】

関連記事

  1. 白髪染めの使用方法や頻度とは?【男性用と女性用の違いは?】
  2. 白髪染めの選び方とは?男性用は何色が良い?【選ぶポイントは?】
  3. 白髪染めの選び方で失敗しない方法とは?【おすすめはどれ?】
  4. 利尻ヘアカラーとルプルプの違いとは?【昆布の白髪染めを比較】
  5. 白髪染めの市販と美容院の違いって?【綺麗な染め方とは?】
  6. 白髪染めの市販はどれがおすすめ?【種類や選び方は?】
  7. 白髪染めは妊娠中や授乳中でも使って良いの?【影響は無い?】
  8. 白髪染めシャンプーのおすすめはどれ?【口コミで人気なのは?】
  9. 白髪染めの選び方のポイントとは?【ランキングで人気なのは?】
  10. 白髪染め低刺激ヘアカラーは髪を傷めないって本当?【口コミは?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)