白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】

メンズ白髪染めおすすめは?【男性用と女性用の違いって?】

白髪染めおすすめはコレ!【10商品試した私の本音!】

rank1 rishiri007 【染まりがよく肌にもやさしい】
いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです!
【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】 rishiri004
↓
公式ボタン

 

メンズ白髪染めとは?

00021

年を重ねるごとに気になってくる白髪。段々と増えていく白髪を見るたびに「年を取ったなぁ」と感じるのは男性も女性も同じです。

それに加えて、体質的に白髪が出てくるのが非常に早い人もいます。中には「20代から白髪が多くて悩んでいる…」とか、「30過ぎたら急に白髪が増えた」と言う人もいます。

昔から、白髪に悩む女性たちは気軽に白髪染めをして対策を取ってきました。美容室でも女性の白髪染めがコースの中に必ず入っていますよね。

しかし、男性の白髪染めは女性の場合ほど一般的ではありません。その背景として、「男が髪を染めるなんて…」という閉鎖的な見方があったことが挙げられます。

さらにロマンスグレーという言葉に象徴されるように、「男性の白髪は格好いい」という風潮があったことも見逃せません。

こうした要因が重なって、メンズ白髪染めは最近になるまでそれほど普及しなかったのです。

しかし、きれいなロマンスグレーになればいいものの、そうならない場合もあります。

生え際だけ白髪になったり、逆に真っ白に近くなって年齢以上に老けて見えてしまったりする場合もあります。

さらに、若くして白髪になる体質の人は「髪の毛だけロマンスグレー」で顔は童顔…なんていうこともあり、違和感を覚えるときもあるでしょう。

そんな時に役立つのがメンズ白髪染めです。

男性専用に開発されているので、ライフスタイルに合った染め方、カラーが選べます。

このサイトでは、メンズ白髪染めについて徹底解説していきますから、参考にしてくださいね。

 

メンズ白髪染めの種類は?

00005

メンズ白髪染めには幾つかの種類があります。かつては市販品も女性用の白髪染めしか売られていなかったのですが、ようやくメンズの方も充実し始めました。

例えば、白髪染めの状態で分類してみましょう。

テクスチャーで分けてみると、

◆クリームタイプ

◆ジェルタイプ

◆泡タイプ

などがあります。

厳密な意味で白髪染めと言えるかは微妙ですが

◆スプレータイプ

◆マスカラタイプ

などもあります。これらを自分の好みや環境に合わせて選んでいくことができるわけです。

白髪染めの種類で分けていくこともできます。一番効果が長持ちするのはヘアカラーと呼ばれるタイプの白髪染めです。

いわゆるヘアダイのようなものですが、髪の色素を一旦抜いてしまい、その後好みのカラーを髪に沈着させていくタイプの白髪染めです。

あるいはヘアマニキュアと呼ばれるタイプの白髪染めもあります。これは色素を抜いて色を付けるのではなく、マニキュアと同じように髪の表面にのみ色素を沈着させていくやり方です。

ヘアマニキュアの中にはトリートメントなどでかなりしっかりと着色させていく白髪染めもあれば、スプレーでその時だけ白髪染めをする方法もあります。

ただ、スプレーやマスカラなどで一時的な白髪染めをした場合、すぐに落ちてしまうので注意は必要です。雨や汗、涙などで色素が流れてしまうからです。

このように一口でメンズ白髪染めと言っても様々な種類がありますから、自分の好み、ライフスタイル、環境などを考慮に入れて選ぶことが大事なのです。

yajirusi
公式ボタン

 

メンズ白髪染めの選び方は?

00009

「最近、白髪が増えてきたから白髪染めをしてみたいけど、どれを選んだらいいのか分からない…」と考える人も多いでしょう。

特に男性の場合は仕事柄これまで髪を染めたことがない人も多いでしょうから、難しいかもしれませんね。では、どのようにメンズ白髪染めを選んだらいいのでしょうか。

まず、自分のスタイルに合った白髪染めを選ぶようにしましょう。

例えば、月に一回きちんと髪染めをするのがいい人もいます。逆に、白髪染めシャンプーを毎日使う方が自分に合っているという人もいるでしょう。

本来はシャンプーで毎日少しずつ染めたいけれど、お風呂のとき位はリラックスして自分の好きなシャンプーを使いたい場合だってありえます。

白髪染めは一回で終了する関係ではありません。長い期間にわたって使っていくものですから、ずっと続けられる無理のないスタイルで染めるようにしたいものです。

この点で最近人気なのは、髪に朝クリームを付けて、光に反応させて髪を染めるタイプの白髪染めです。ヘアクリームとして使え、臭いも少ないので人気になっています。

また、白髪を染める色も選ぶ必要があります。女性用の白髪染めには明るいパープルなどもありますが、メンズ白髪染めにはこうしたカラーはありません。

それでも、黒だけでなく明るめのブラウンなどがありますから、自分の職種にそぐわないカラーにならないように選ぶ必要があります。

髪のカラーは意外に明るめに出ますから、希望カラーより暗めの色を選んだ方がいいでしょう。

 

メンズ白髪染めの使い方は?

jz148_72a

メンズ白髪染めはどのように使うのでしょうか?

一般的な白髪染めの使い方と注意点について解説してきましょう。

ここでは最も一般的なクリーム・ムースタイプの白髪染めについて説明していきます。

ほとんどの製品が、二つの液体を混ぜて髪に塗るシステムになっています。物によってはこの二つの液体が一緒にムースとして出てくるものもあります。

これを髪に塗るわけですが、その前に必ず行うべきことがあります。それはパッチテストと呼ばれるものです。白髪染めは強い薬剤なので、アレルギー反応が出ないかどうかを確認することが必要です。

詳細は商品に記載されているはずですが、基本的には二つの液を少量混ぜ、二の腕に薄く塗ります。

そのまま48時間ほど放置して、何も起きなければ白髪染めを使うことが出来ます。湿疹やかゆみなどが出たら、洗い流します。そのときは白髪染めをしないようにしましょう。

アレルギー反応が出なければ、いよいよ白髪染めに入ります。クリームやムースを適量取り、髪に塗っていきます。

白髪染めの場合は毛の根元からしっかり塗っていきましょう。ゴム手袋をして手でもみこむのも効果的です。生え際、分け目など目立つところには薬剤をたっぷりと塗ります。

液が髪全体に行き渡ったら、所定の時間浸透させます。その後、水で洗い流しますが、薬剤が頭皮や顔に残らないようしっかりと洗い流すようにしましょう。

白髪染めをする際には、液が散ったりしても良いように、新聞紙などを下に敷いて作業するといいですね。

yajirusi
公式ボタン

 

口コミで人気のメンズ白髪染めは?

00010

最近人気の出ている白髪染めは「しっかり白髪が染まり、かつ髪に優しい」タイプのようです。

いまやメンズ白髪染めもかなりの種類が販売されるようになり、ちゃんときれいに白髪が染まるのはもはや当たり前。それに上乗せされた機能で人気が出るかが決まるようです。

例えば、しっかり白髪を染めつつ、髪のコンディションまで整える白髪染めが人気になっています。あるトリートメントタイプの白髪染めは、添加物を使わず天然素材にこだわって開発されています。

この白髪染めには海草由来の髪に良い成分が含まれているため、トリートメント効果も高く人気になっています。

また、数ある白髪染めの中でも染める手間が少ないタイプは人気が出やすいようです。

例えば、通常白髪染めと言うと髪に薬剤を浸透させるために30分以上放置する必要があったりします。浸透時間は製品によって違いますが、一般的にこれくらいの時間はかかっていたのです。

しかし、早染めと呼ばれる5分、10分で完了する白髪染めが開発され、口コミで人気になっています。

早く染まるといっても薬剤が強いとか、早く色落ちするということはありません。浸透性の高い材料を使うことによって早染めを実現しているのです。

さらに、朝ヘアクリームのように髪に塗って外出するだけで光に反応して白髪染め効果を発揮するタイプも人気です。

こちらは使用後にシャンプーで洗い流すなどの手間もないため、忙しいビジネスマンの心を捉えているようです。

 

よく染まるメンズ白髪染めのコツは?

kn084_72a

白髪が気になる男性の味方、メンズ白髪染め。

最近は様々なタイプのメンズ白髪染めが販売されていますね。でも、商品だけでなく、きちんと染めるコツをマスターしておくことが大切です。

では、きれいに染まるコツをお伝えしましょう。

まずは、髪のコンディションです。皮脂などの汚れ等があると染めむらが出来ますから髪を洗っておきましょう。

その際、リンスやコンディショナーは使いません。洗い終わったら、完全に髪を乾かしておきます。これで髪の下準備は終了です。

いよいよ染めに入ります。コツは「気になるところから始め、気になるところで終える」ということ。まず、気になりがちな髪の分け目から白髪染めを塗っていきます。

生え際を塗るときは、気になる場所に特にたっぷりと薬剤をつけてください。

襟足は自分で白髪を確認しにくい場所。櫛で塗るのは限界がありますから、手でしっかりともみこむように塗っていきます。もちろん、付属の手袋をして行ってください。

ある程度気になる場所に薬剤を塗り終えたら、今度はその他の部分に薬剤を塗ります。色むらが出ないようにするためには、全体に薬剤が行き渡ることが必要です。

そののち、毛先にまで薬剤を届けるために櫛で髪全体をすきます。この時、櫛を寝かせないよう立てて梳いてください。

そして付属していればビニールキャップをかぶり、所定の時間しっかりと薬剤を浸透させてください。

これらのコツをマスターすれば、きれいで自然な仕上がりになるはずです。

yajirusi
公式ボタン

 

メンズ白髪染めを口コミランキングで選ぶ!

kf099_72a

メンズ白髪染めは最近種類が多くなってきたので、どれを選ぶか迷ってしまいますよね。

そんな時は口コミランキングを参考にすることが出来ます。では、メンズ白髪染めの口コミランキングで上位に入っている白髪染めの特徴をお伝えしていきましょう。

何と言っても、最近人気を博している白髪染めは「無添加」がキーワードのようです。

これまでの普通の白髪染めは1剤と2剤と呼ばれる二つの薬剤を反応させて脱色・染色を行っていましたが、無添加の白髪染めはこうした化学薬品を極力使用しないように工夫されています。

それなので、しっかりと染色されるのに髪が痛みにくく、艶々するといったメリットが実感できるようです。

無添加の白髪染めといえば、ヘナを使った白髪染めも根強い人気を保っています。ヘナというのはアフリカやインドで育つハーブの一種で、乾燥させた葉を粉砕し水で溶くと染色効果を持ちます。

ヘナは100%自然由来、化学物質ゼロの白髪染めなので、安心して使えると感じる人が多いようです。ただ、欠点として色がオレンジ色がかってしまうため、職業上使えない…という男性も多いようです。

また、光反応式の白髪染めも人気です。こちらは朝塗っておくだけで光に反応して髪を染色してくれる優れものです。

髪や頭皮を痛めることのない素材で作られており、数日間使用するだけで白髪が目立たなくなります。急に髪が黒くなるのは嫌だ…という人にもピッタリの白髪染めと言えそうです。

yajirusi
公式ボタン

 

髪が傷みにくいメンズ白髪染めは?

jz161_72a

白髪染めを使ったはいいものの、髪が痛んでぱさぱさになったという声を聞くことがあります。

確かに一昔前の白髪染めは髪がギシギシになったり、切れやすくなったりする場合が多くありました。しかし最近のメンズ白髪染めは、その点が大幅に改良されていますので、それほど心配する必要はありません。

それでも、体質によって合わない白髪染めもあったりしますから、髪が痛みにくいメンズ白髪染めを知っておくとよいかもしれません。

特に髪が痛みにくいと言われている白髪染めは「天然成分由来、添加物なし」の白髪染めです。例えば、最近人気の白髪染めに昆布を使った白髪染めトリートメントがあります。

通常、白髪染めに含まれる硝酸銀やパラベンを使っていないのが特徴的です。染色成分にはクチナシやウコン、アナトーといった天然成分を使っています。

さらに、パームオイル、ユフボダイジュ花エキス、ゴボウ根エキス、オランダカラシエキスなど天然素材がたっぷり。さらに、昆布に含まれているフコダインなどの多糖類が髪をしっとり、つやつやに保ってくれるんだそうです。

また、髪を傷めないという視点で考えると、同じように自然素材を使ったヘナの白髪染めが一番いいかもしれません。先ほどの昆布などを使用したトリートメントも全く化合物を使用していないわけではありません。

ヘナの場合は植物そのものしか使わないで白髪染めをすることもできますから、一番髪には優しい白髪染めといえるでしょう。

 

メンズ白髪染めの使う頻度は?

00023

メンズ白髪染めを始めたいと思うとき、「どれくらいの頻度ですればいいの?」と疑問に思いますよね。

この点について考えてみましょう。個人差はありますが、白髪染めをして一ヶ月ほどで生え際が気になってくる場合が多いようです。

男性の場合は七三で髪を分けることが多いので、分け目の白髪も目立ち始めます。ですから、その際にリタッチと呼ばれる生え際だけの白髪染めをするわけです。

メンズの場合は短髪の人が多いですから、女性よりも早く白髪が目立つようになります。自分で気になるようなら、早めにリタッチを行いましょう。

この頻度という点で問題になるのが、白髪染めの量です。男性は女性よりも髪のボリュームが少ないので、どうしても白髪染めを全部使い切ることは出来ず、残ってしまうことがあります。

1剤と2剤を混ぜてしまっていると保存しておくことはできません。リタッチを行うときもほんの少量でいいのに、新たな白髪染めを買いなおさなくてはならなかったりします。これは無駄が多いですし、経済的でもありません。

白髪染めとしてトリートメントタイプを使っていれば、リタッチもすぐに出来ますし、適度な間隔で継続して使い続ければリタッチすら不要になります。

メンズ白髪染めのシャンプーなどはまさにその典型で、使い続けることで少しずつ白髪を染色していってくれるようになっています。こうしたタイプの白髪染めの場合は、頻度は一日ごとということになるでしょう。

yajirusi
公式ボタン

 

メンズ白髪染めで抜け毛は増える?

00029

「白髪が目立ってきたので染めたいけど、抜け毛が増えるのが心配…」と考えている人は少なくありません。

確かに白髪染めを使うと髪が切れたり、ギシギシになることがありますから、抜け毛も増えていくようなイメージがありますよね。

化学的な薬品を頭に塗るわけですし。では、実際のところ抜け毛が増えるのか考えましょう。

もちろん、白髪染めをしない場合とする場合、どちらが抜け毛のリスクが高まるか…といえば、白髪染めをした方がリスクは高くなります。

しかし、それは私たちが考えるほど高いリスクではありません。なぜなら、白髪染めは髪に作用するもので、頭皮や毛根には殆ど作用しないからです。抜け毛は毛根に依存していますから、白髪染めで毛が抜け始めることはありません。

しかし、注意しなければいけないこともあります。例えば、白髪染めの成分が肌に合わない場合、頭皮が炎症を起こして抜け毛が増えたりすることもあります。

ですから、白髪染めをするときには必ず所定のパッチテストを行って、アレルギー反応が出ないか確かめましょう。

さらに、白髪染めを洗い流すときに、その成分が頭皮に残ってしまうと、やはり炎症が起きて毛が抜ける場合があります。

ただ、これは毎日行うシャンプーやリンスにも当てはまることなので、白髪染めだから抜け毛のリスクが高まるわけではありません。

パッチテストをして、正しい用法で使う限り、白髪染めで抜け毛が増える心配をする必要はありません。

 

メンズ白髪染めの色・カラーの選び方は?

kf153_72a

メンズ白髪染めも最近種類が豊富になってきました。

ヘアカラーもバリエーションがありますから、どの色に染めるか迷いますよね。では、カラーの選び方を解説していきましょう。

カラーを選ぶ際に考えるべきことは、

◆白髪の量

◆髪質

◆ライフスタイル

の3つです。

白髪染めは白髪だけに作用するのではありません。黒髪にも色を与えます。同じ白髪染めを使った場合、白髪の多い人は明るめに、白髪の少ない人は暗めに色が出るようです。

ですから、まだ白髪の少ない人は、イメージより一段明るめのカラーを選ぶようにしましょう。

「明る過ぎるな」と感じても、暗めに染め直すことがはできます。逆に暗めに染めた髪を明るくすることは難しいので、初めは明るめを選ぶのが基本です。

髪質も重要なポイント。猫毛のように細く柔らかい髪は着色しやすく、太くて硬い毛は染まりにくいという性質があります。ですから同じカラーを出すためには、定着時間を調整する必要があります。

同じ時間浸透させても、剛毛の人の場合は薄め、つまり明るめに色が出てしまうことが多いようです。その場合、長めに浸透させることもできますが、肌荒れの原因にもなるため、一段暗めのカラーを選ぶのも一つの方法です。

最後はライフスタイル。役所や金融機関など、いわゆる「固い」職業についている場合には明るめのカラーは避けたいと思うでしょう。暗めの落ち着いたカラーを選ぶことが出来ます。

こうした幾つかの要素を考慮して自分に合ったカラーを選びたいですね。

yajirusi
公式ボタン

 

女性用とメンズ白髪染めの違いはある?

jx145_72a

白髪染めと一口に言っても、女性用とメンズ用に別れていますよね。

パッケージ等を見てもメンズ用は女性用とはっきり別になっています。ではメンズ白髪染めと女性用の白髪染めにどのような違いがあるでしょうか。

結論から言えば、大きな違いはないようです。実際、白髪染めのメカニズムは髪の中の色素を抜き、新たな色素を定着させるというものですから、男女の際は生じません。男性でも女性でも髪の構造は同じですからね。

ただ、髪の長さ、太さなどは男女に違いがあるため、メーカー側としてはここに注目して、男性に使いやすい商品を出すよう工夫しているようです。

例えば、一般的に男性の場合は髪が女性よりも太く出来ています。ですから、同じ白髪染めで同じカラーを出すためには若干浸透時間を長めに取らなければなりません。

さらに、髪の量にも配慮が払われています。男性の場合は髪の量が女性よりも少ないですから、同じ量の薬剤は必要ありません。若干量が少なめに設定されています。また、付属の櫛なども短い髪に合わせて作られています。

加えて、男性特有のライフスタイルにも配慮されています。オフィスで働いている会社員の場合、幾ら白髪染めとはいえ明るいカラーはヒンシュクを買ってしまいます。

それで、メンズ白髪染めは、落ち着いた暗めの色調がメインになっています。また、勤務している男性でも手軽に白髪染めができるように、浸透時間が短めに設定されているのも特徴です。

 

メンズ白髪染めの口コミ体験談は?

00026

インターネットを探すと色々出てくるメンズ白髪染め。何とか自分に合った一品を探したいと思うものです。そのためには口コミ体験談があるといいですよね。

ここではメンズ白髪染めを使ってみた人の生の声をご紹介しましょう。

まずはいわゆるメンズ白髪染めです。ワンプッシュでクリーム状になった薬剤が出てくるタイプです。1剤と2剤に分かれていますが、ボタンを押すと、自動的に混ざって出てくる優れもの。浸透時間も5分と短めのタイプです。

試したのは頭部サイドの白髪に悩む30歳男性。

「これまではヘナの白髪染めを使ってましたが、最近効果が薄いのでこちらを使ってみることにしました。地肌に付けなければこれでもいいかと思って。この白髪染めの利点は残りを取って置けることですね。サイドしか使わないので、何回も使えるのは経済的でありがたいです。臭いもきつくなく、仕上がりも驚くほどきれいでした。1000円弱で3、4回は使えそうなので文句なしです。」

なるほど、やはり本格的な白髪染めだけあって効果は抜群のようです。

では次は髪に優しい無添加タイプの白髪染めです。最近流行の昆布を使用したトリートメントタイプの白髪染めです。

「手軽にトリートメントで染められるのが魅力ですね。時間もかからず、お風呂でできるのが楽です。ダークブラウンも暗すぎず、自然な感じで気に入りました。髪もしっとりです。」

やはり無添加で保湿成分が入った白髪染めにはそれなりに人気の秘密があるんですね。

yajirusi
公式ボタン

 

メンズ白髪染めヘアカラーとは?

00007

一口に白髪染めと言っても、その中にはヘアマニキュア、カラースプレーなど様々なタイプがあります。これらは全て広義でのヘアカラーと呼ばれます。

ヘアカラーを定義すると「髪の毛を永久染毛剤・半永久染毛剤・一時染毛剤などを使って染めること」です。またその染色剤自身をヘアカラーを呼ぶこともあります。

この定義からすると、白髪染めは一種のヘアカラーであるといえるでしょう。しかし特に、白髪染めヘアカラーといった場合、1剤と2剤を混ぜて発色させるタイプの白髪染めを指します。

1剤にはプレカーサーと呼ばれる染料の原料、そしてカップラーと呼ばれる染料を安定させる成分が入っています。2剤には過酸化水素が入っていて、髪の脱色を行います。また1剤と反応して染料を発色させる役目を果たします。

白髪染めヘアカラーの長所は、何と言っても発色が安定していて、効果が長持ちする点です。髪の内部に色素が沈着しますから、シャンプーで色が徐々に落ちるということは殆どありません。

また、一旦色素を抜いてから着色するため、明るい色合いも自然に出すことが出来ます。しかし、欠点もやはりあります。それは、薬品の力が強い分、皮膚がアレルギー反応を起こしやすいこと。

ですから、白髪染めヘアカラーを使う場合には必ずパッチテストを行います。さらに、トリートメントやシャンプーなどのタイプと比較すると、染めるのに手間がかかります。

ただ、安定した効果を得るにはベストの方法ですから、欠点を補って余りある白髪染めといえるでしょう。

 

メンズ白髪染めシャンプーとは?

00012

メンズ白髪染めにはトリートメントタイプだけでなくシャンプータイプもあります。

シャンプータイプもトリートメントタイプと同じく手軽に白髪染めが出来ますから、特に忙しい男性たちに人気が高いのです。

白髪染めシャンプーが人気を得ている秘密は、手軽さだけにあるのではありません。シャンプーを毎日使うだけで、徐々に白髪が染まっていき、自然な風合いを出してくれることも人気の秘訣なのです。

いわゆるヘアカラーによって白髪染めをすると、効果抜群で白髪が一回で染まってくれるのはいいのですが、毎日顔を合わせている仕事場の人にすぐにそれと分かってしまう難点がありました。

白髪染めは別に悪いことではありませんが、よく知っている人にすぐに分かってしまうのも照れくさいものです。その点、シャンプータイプの白髪染めなら、それと分からずに自然な仕方で染まっていってくれます。

しかし、やはり短所もあります。徐々に白髪が染まっていくということは、即効性がないということです。「息子の結婚式に間に合うように何とかしたい…」といった際には不向きなタイプです。

さらに、シャンプーだけでは白髪染めの効果が薄く、限界があるのも事実です。それで、大抵白髪染めシャンプーはトリートメントやヘアパックとセットになっているのが普通です。

このようなコンビネーションタイプの場合は、シャンプーでシリコンや汚れをきれいに落とし、トリートメントでしっかり白髪染め…という役割分担されていることが多いようです。

 

泡のメンズ白髪染めとは?

js175_72a

白髪染めをテクスチャーで分けると

◆クリーム

◆ジェル

◆泡

などのタイプに別れます。

それぞれ優れた点があるのですが、特に人気が高いのが泡タイプの白髪染めです。

では、泡タイプの白髪染めがなぜ人気なのか説明していきましょう。

実は泡のメンズ白髪染めが出てきたのはごく最近のことです。それまでは白髪染めと言うとクリームやジェルタイプが主流でした。しかし、これらのテクスチャーには欠点もあったのです。

その一つが液だれの問題。クリームタイプは特にそうなのですが、液が髪から垂れて皮膚に付いてしまうわけです。白髪が目立つので襟足にしっかり付けようとすればするほど、液だれもひどくなります。

もちろん、保護のためのクリームを生え際の皮膚に塗るわけですが、それだけではカバーしきれない場合もありました。

もう一つの欠点は染め残しの問題。クリームタイプもジェルタイプも櫛などで塗っていくとどうしても塗りむらができてしまうのです。

後頭部の生え際などはどうやっても自分で確認しながら塗ることができません。つい、自分の感覚に頼って塗り、失敗してしまうわけです。

でも泡タイプの白髪染めはこうした欠点を克服しています。まず泡状なので液が垂れることが殆どありません。

しかも櫛を使わず、シャンプーのように自分の手で泡立てながら髪にもみこんでいくので、生え際にも襟足にもしっかりと泡が届きます。

液だれなく、染めむらなく仕上がる。これが泡のメンズ白髪染めの魅力なのです。

yajirusi
公式ボタン

 

おすすめのメンズ白髪染めは?

00003

ドラッグストアに行くと、女性用ほどではないにしても沢山のメンズ白髪染め商品が売られていますね。

形態もヘアカラー、シャンプー、トリートメントなどのタイプだったり。

テクスチャーもクリーム、ジェル、泡など様々です。

数あるメンズ白髪染め商品ですが、おすすめなのはやはりトリートメント効果が高く、手軽に続けられる白髪染めです。白髪が幾らきれいに染まっても、髪自体がバサバサになってしまっては元も子もありません。

男性であったとしても髪質は重要なのです。また、男性の特徴として働いているために、髪に多くの時間やエネルギーを掛けられないという事情もあります。ですから手軽に白髪染めができるのは重要なのです。

こうした条件を考えてみると、自然由来の染髪成分を配合したトリートメントタイプの白髪染めが一番おすすめであるということになるでしょう。

実際、最近販売されているトリートメントタイプの白髪染めは概ねこの要求を満たしています。ウコンやクチナシといった天然染色成分を使っているトリートメントもありますし、ヘナを使ったトリートメントも出てきています。

ヘナはそれ単体でも大きな白髪染め効果がありますが、取り扱いが難しいため、トリートメントタイプになっている製品の方が使いやすいと思います。

白髪染めは、そのうち使わなくなるものではありません。使い始めたらかなりの期間使い続けるものですから、自分に合った白髪染めをしっかりと選ぶようにしたいものです。

 

女性用白髪染めを男性が使っても大丈夫?

kf107_72a

最近、メンズ白髪染めが充実してきましたが、それでもまだ女性用の白髪染めの方が圧倒的に種類が豊富であることは確かです。

それで、女性用の白髪染めを使ってみたいと思うこともあるかもしれません。男性がこれらを使うことができるでしょうか。

一般的には、女性用の白髪染めを男性が使用することに何の問題もありません。髪の構造に男女の差異はありませんから、気に入ったカラーが女性用にしかないならそれを使うことができます。

ただ、注意点も幾つかあります。

メンズ用白髪染めは男性の太い髪質に合わせて作られています。そのため浸透しやすく、着色しやすい材料が配合されているわけです。

女性用の白髪染めを使う場合には、女性の場合より若干浸透時間を長めに取らないと希望のカラーが出ません。ただ、女性のように髪が細く柔らかい場合はこの限りではありません。

さらに、髪の多い女性向けに作られている白髪染めは男性には多すぎる場合もあるでしょう。薬剤が残ってしまう場合が多いようです。必要な分だけ出して使えるタイプが経済的ですね。

それで、もし希望のカラーが一致しているなら、夫婦で同じ白髪染めを使うなんていうことも可能なのです。二人分買わなくていいですから、経済的ですよね。

そのニーズに合わせるかのように、最近は男女兼用を謳った白髪染めも増えてきました。女性が社会に進出し、男性がオシャレに目覚め始めた昨今、「男性用」、「女性用」という枠は徐々になくなっていくのかもしれません。



失敗しない白髪染め選び!【白髪染め体験おすすめランキング】

rank1 rishiri007
【染まりがよく肌にもやさしい】
いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです!
【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】
rishiri004
↓
公式ボタン

 

 

sikiri

 

 

facebookはじめました

白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】 > 【必見】白髪染めの賢い選び方 > メンズ白髪染めおすすめは?【男性用と女性用の違いって?】

関連記事

  1. 白髪染めは妊娠中や授乳中でも使って良いの?【影響は無い?】
  2. 白髪染めと髪染めの違いは?【市販のヘアカラーでも染まる?】
  3. 白髪染めシャンプーのおすすめはどれ?【口コミで人気なのは?】
  4. 白髪染めの選び方のポイントとは?【ランキングで人気なのは?】
  5. 白髪染め低刺激ヘアカラーは髪を傷めないって本当?【口コミは?】
  6. 白髪染め泡タイプはきれいにそまる?【クリームより良い?】
  7. 白髪染めは市販でも綺麗に染まる?【口コミでおすすめなのは?】
  8. 白髪染めで人気なのはどれ?ランキングで選ぶ【口コミ評判】
  9. 白髪染めで部分染めをするには?【生え際も綺麗に染まる?】
  10. 白髪染めシャンプーは人気?【トリートメントとの違いは?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)