白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】

白髪染めは妊娠中や授乳中でも使って良いの?【影響は無い?】

白髪染めおすすめはコレ!【10商品試した私の本音!】

rank1 rishiri007 【染まりがよく肌にもやさしい】 いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです! 【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】 rishiri004
↓
公式ボタン

 

妊娠中の白髪染めヘアカラーは?

妊娠中の白髪染めヘアカラーはやってもいいのでしょうか?

最近は高齢出産をする人も増えていますから、30代で白髪が目立ってきてからお子さんを出産するという人も増えていますよね。

妊娠中に白髪が染められないと、ちょっと身だしなみに困る・・・という人も多いと思いますが、妊娠中の白髪染め、果たしてやってもいいのでしょうか。

結果から言えば、妊娠中は白髪染めをやらないほうがいいでしょう。これは白髪染めに限ったことではないのですがヘアカラーやパーマなども避けたほうがいいです。

妊娠中というのはとてもデリケートになっていて、普段よりも肌などがとても敏感です。

それだけでなく肌以外にホルモンのバランスが崩れやすくなっているので、アレルギー症状を引き起こしやすいのです。

ですから、白髪染めヘアカラーの液体がアレルギーの原因になることもありますから、その結果肌にとっても体にとっても良くないのです。

赤ちゃんに直接影響があるということは報告されていませんが、髪の毛の頭皮から入った成分は子宮にも影響を与えるということも言われています。

出来れば妊娠中の白髪染めヘアカラーは避けたほうがいいでしょう。

どうしても妊娠中に白髪染めをしたいという人は、

◆天然成分で作られているシャンプーをしながら自然に染まるようなタイプのもの。

◆天然成分で安心して使えるようなもの。

を選ぶようにしましょう。

天然成分のヘナなどで白髪が染まる製品もあるので検討してみるといいでしょう。

 

妊娠中の白髪染めはおすすめできない?

妊娠中の白髪染めはおすすめすることが出来ません。

妊娠中に白髪染めをしても大丈夫か、これって妊婦さんだったら1度は考えることかもしれませんね。

だって、妊娠中でもおしゃれをしたいと思っている人も多いですし、ましてや普通のおしゃれのヘアカラーではなくて、白髪を隠すための白髪染めです。

妊娠中10ヶ月放っておけば白髪も随分目立ってしまう、そんな妊婦さんも中に入るでしょう。

でも白髪染めは体によくありません。赤ちゃんのことを考えれば、妊娠中の白髪染めは避けなければいけません。

しかしそれを聞いて落胆することもありませんよ。妊娠中でも白髪染めが可能なケースもあります。

それは植物性の物を使うということです。

妊娠中の白髪染めは商品の選び方さえ間違えなければ大丈夫なのです。

妊娠中というのは自分ではあまりわからないかもしれませんが、思った以上に負担がかかるものです。

妊娠中はタバコもお酒もやめないといけないといわれている人は多いと思いますが、その通りです。

特にヘアカラーの中に含まれている酸化染料というのは女性ホルモンの働きに似ているといわれているので、乳がん、子宮の病気にかかりやすい原因にもなるといわれてます。

だから絶対に妊娠中は体調の変化もありますから白髪染めはおすすめできないのです。

それでもやはり白髪を放っておくことは出来ませんから、その際は天然植物由来の物を選ぶようにしましょう。それなら白髪染めを妊娠中に使っても安心です。

yajirusi
公式ボタン

 

妊娠中は低刺激ヘアカラーがおすすめ?

ヘアカラーやパーマは刺激が強いので、妊娠中にはどうなのかな?と思う人も多いようですね。

Q&Aでも妊婦さんの「この時期、ヘアカラーをしても大丈夫?」という質問を見かけます。

赤ちゃんに影響があったら大変だけど、妊娠中だからこそ身だしなみもキレイにしていたいし・・・葛藤しそう。

ヘアカラーのメーカーサイドは「染料成分がお腹の赤ちゃんに影響することはない」という意見のようですが、「まったく影響がないとはいいきれない」という意見もあって、専門家でも意見が分かれているようです。

たしかに、直接影響がなくても肌に関するものは代謝にも影響するので、巡り巡って万が一ということもあるのかも?・・・というよりそういう心配自体が負担ですよね。

妊娠中はホルモンバランスが変化するので、皮膚が敏感になってかぶれやすいという意見もあります。

また、ヘアカラーなどの臭いで気分が悪くなったり、美容院で座っている時間が苦痛だったりということはけっこうありそう。

そういうことを合わせて考えれば、妊娠中は低刺激ヘアカラーがおすすめです!

成分も天然・植物染料で髪にも地肌にも優しいですし、ホルモンバランスの変化で傷みがちな髪や頭皮もトリートメント成分で補修しツヤやうるおいを守ってくれます。

使い方も簡単でシャンプーついでに使えるものもあるので、体調のいい時に気軽にトライできます。

また、香りもハーブやバラ、オレンジなどアロマ効果もあるいい香りなので楽しむことができそう。

妊娠中でも低刺激ヘアカラーなら楽々カラーリングでき、キレイなプレママライフを送れそうですね!

 

妊娠中の白髪染めの注意点は?

妊娠中の母体は胎児と血液的につながっています。普通の成人の体では問題ない化学物質や薬を使用しても、胎児に対しては思わぬ影響を与えることがあり得ます。

そのため、妊娠中に限り使用を禁じられる薬剤や薬草、漢方薬などは多岐にわたります。

白髪染めには幾つかの刺激物質を使用しますので、厳密な観点からいけば妊娠中の使用は避けたほうが良いと言えるでしょう。

ただ、頭皮などから吸収される化学物質は全体として極微量ですので、実際影響があるかどうかはなんとも言えない部分です。

マタニティブルーと言われるように、妊娠中の精神的な負担も小さくはありませんので、気分転換の効果を考えると一概にダメという事ができないのが実際のところでしょう。

むしろ、白髪染め剤の影響としては胎児よりもお母さんのほうにはっきり出る場合があるようです。

妊娠中はホルモンバランスが大きく変化していますので、以前は平気だった刺激臭が耐えがたくなる、以前は何も起きなかった白髪染め剤でかゆみやかぶれが起きるということは比較的よく起きるようです。

妊娠中に白髪染めがどうしてもしたいという場合は、普段使っているものより一段穏やかな白髪染め剤をチョイスしたり、染色自体を抑えめにするのが良いかもしれません。

そういった意味で、妊娠中に白髪染めをする場合は、以前使用したことのある白髪染め剤でも必ずパッチテストを行いましょう。

美容院などで白髪染めをする際にも、現在妊娠している旨を伝えて美容師さんと相談したほうが良いでしょう。

yajirusi
公式ボタン

 

妊娠中は白髪染めをしてもいいの?

妊娠中は白髪染めをしてもいいのでしょうか?

私としてはできるだけ使わない方がいいんじゃないかなと思います。

妊娠中もおしゃれを楽しみたいと思っている人は多いと思いますが、妊娠中の白髪染めはあまりいいとはいえません。

白髪染めには、地肌に優しいのが特徴の白髪染めがあります。

実際に使っても髪の毛・頭皮への優しさを実感出来るので安心して使えます。

でも、誰でも安心して使えるわけじゃありません。

やはり、何かしらの成分が含まれているので、妊娠中・授乳中の方にはお勧め出来ませんし、使う方も安心しては使えないと思います。

メーカー的にはOKサインを出すでしょうし、口コミサイトの中にも「授乳中でも使えます!」みたいな事を書いているところもあると思います。

でも、私はダメだと思います。何かあってからは取り返しがつかないのです。

髪の毛が傷んだとかそういう話であれば肌に合うかを試してから使うっていうのは良いです。

でも、妊娠している人は少し我慢したほうがいいですね。

なぜなら、妊娠中というのは普段と違って、ホルモンのバランスが崩れていたり変化が激しいので、白髪染めの中に入っている成分がアレルギーを引き起こすことにもなりかねないのです。

お腹の赤ちゃんへの影響、そして授乳での赤ちゃんへの影響っていうのはそんな直ぐに分からないと思います。成長したから影響が出るかもしれませんし。

大切な子どもの体・命への影響が0ではないので、使うのは止めておくべきだと思います。

私の結論は「授乳中・妊娠中は使わない」ということ。使えるかどうかではなく、使わないって選択ですね。

産後もすぐには白髪染めはしないで、しばらくホルモンのバランスが落ち着くまでは我慢したほう安全でしょう。

使いたい時は、授乳が終わってから使うようにして欲しいと思います。

心ないいい加減なサイトでは「使える」と言っていますが、そういう情報を鵜呑みにせず大事をとって一番安全な選択をして下さいね。

 

産後の白髪染めの注意点は?

kg002_72a

妊娠中に並んで出産後も、女性の体調変化やホルモンバランスの変調が著しい時期と言えます。

そのため、以前なら上手く染まる白髪染めであっても全然染まらなかったり、これまで問題なく使用できていた白髪染め剤で頭皮がかぶれたりという症状が出たりします。

中でも注意すべき点は抜け毛です。

産後の女性はホルモンの関係で、非常に抜け毛が起きやすい状態になっています。

髪自体の状態もあまり良くはなく、少しのダメージが長引くような傾向が見られます。

こういった状態で頭皮に強い刺激を与えるような白髪染めを行うと、ごっそり脱毛する可能性があります。

顕著な場合は円形脱毛症のような状態になることもあるそうなので注意が必要です。

こういった状態は大体、産後2~3ヶ月続きます。

安全幅を取るなら産後半年までは頭皮に強い刺激を与えるような白髪染めは避けたほうが良いでしょう。

この期間は白髪染め自体をやめておくか、より刺激の少ないヘアマニキュアなどを中心に使用すると良いでしょう。

美容院で染めてもらう場合にも、産後であることを伝えて相談するほうが無難です。

産後の場合は、母親自身だけではなく、赤ちゃんへの影響も考えるべきでしょう。

赤ちゃんの肌と粘膜は成人とは比べ物にならないほど敏感に出来ています。

成人であれば問題ないレベルの化学物質であっても赤ちゃんではアレルギー反応や過敏反応を示すことがあり得ます。

赤ちゃんと密着する機会の多いお母さんは、産後すぐの白髪染めに注意する必要があるでしょう。



失敗しない白髪染め選び!【白髪染め体験おすすめランキング】

rank1 rishiri007
【染まりがよく肌にもやさしい】
いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです!
【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】
rishiri004
↓
公式ボタン

 

 

sikiri

 

 

facebookはじめました

白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】 > 【必見】白髪染めの賢い選び方 > 白髪染めは妊娠中や授乳中でも使って良いの?【影響は無い?】

関連記事

  1. 白髪染めの使用方法や頻度とは?【男性用と女性用の違いは?】
  2. 白髪染めの選び方とは?男性用は何色が良い?【選ぶポイントは?】
  3. 白髪染めの選び方で失敗しない方法とは?【おすすめはどれ?】
  4. 利尻ヘアカラーとルプルプの違いとは?【昆布の白髪染めを比較】
  5. 白髪染めの市販と美容院の違いって?【綺麗な染め方とは?】
  6. 白髪染めの市販はどれがおすすめ?【種類や選び方は?】
  7. 白髪染めと髪染めの違いは?【市販のヘアカラーでも染まる?】
  8. 白髪染めシャンプーのおすすめはどれ?【口コミで人気なのは?】
  9. 白髪染めの選び方のポイントとは?【ランキングで人気なのは?】
  10. 白髪染め低刺激ヘアカラーは髪を傷めないって本当?【口コミは?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)