白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】

白髪染め比較!選び方のポイントは?【種類・カラー・口コミ】

白髪染めおすすめはコレ!【10商品試した私の本音!】

rank1 rishiri007 【染まりがよく肌にもやさしい】
いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです!
【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】 rishiri004
↓
公式ボタン

 

白髪染めを種類で比較!

kr200_72a

白髪染めというと、私の知識の中では肌や服に色が付かないように、ビニールのケープやタオルでガードして、コールドクリームを塗って、手袋を用意してという面倒くさい白髪染めのイメージしかなかったんです。

もともと普通のカラーリングでも面倒だなと思うタイプだったので、白髪染めをする気になれなかったんですが、だんだん目立ってくる白髪に負けて、どんな白髪染めがいいか調べてみました。

でも最近では、昔のイメージにある白髪染めではなくて、いろんな種類のものが発売されているんですね。

ムースタイプ

コマーシャルでよく見かけるのは、ムースタイプの泡状のもので、これは垂れにくいので飛び散る心配もなく、自分で染めてもムラになりにくいそうです。

トリートメントタイプ

ネットで調べてみると、トリートメントタイプが人気で、これはシャンプーの後で、普通のトリートメントと同じ要領で使うことが出来ます。

トリートメントタイプは即効性はないけれど、毎日トリートメントすることで自然に染まっていくし、面倒な下準備がいらないから手軽に白髪を染められます。

クリームタイプ

クリームタイプの白髪染めは、液状タイプのように垂れてこないから、生え際や一部分の白髪を染めるのに最適です。

粉末タイプ

また、一部分だけを染める白髪染めなら、粉末タイプも人気みたいですね。

水で溶いて使うものですが、量を自分で調節できるから、無駄がなくコスパが良いというのが人気のようです。

こうやって白髪染めを比較していくと、種類の多さももちろんですが、簡単に染められるものが多いので、私も挑戦してみようと思います。

 

白髪染めのタイプで比較!

kr191_72a

美容室で「白髪染めをしてください」というのは、年齢上まだ抵抗があったので、自分で白髪染めをすることにして、ネットでどんなものがいいのか調べました。

今人気があるのは、トリートメントタイプの白髪染めのようで、これも簡単そうなので魅力的だったんだけど、髪質によってはすぐに染まらないということが書いてありました。

私の髪質は、比較的太くて色が入りづらそうだったから、泡、クリーム、ジェルタイプの白髪染めにしようと思い、それぞれを比較してみたんです。

まず、一番髪の毛に塗りやすいのは泡タイプで、自分では見えない後ろ部分も、スタイリング剤を使うのと同じような感覚で簡単に染められるようです。ただし、あまり白髪が多い人だと、泡だから染まりづらいことがあるのがデメリットだそうです。

でも、一部分だけを染めたり、生え際だけを染めたい、というのであれば、クリームタイプが一番染めやすいんですね。

泡タイプだと、ふわふわしているので染めたくない部分についてしまうし、ジェルタイプもテクスチャーが柔らかいので、部分染めには向いていないそうです。

ただ、クリームタイプはテクスチャーが固めだから、使い慣れるまでは、どうしてもムラが出来やすいというのがデメリット。

その点、ジェルタイプは、髪の毛全体に伸ばしやすく、しかもしっかりと塗ることが出来るから、初めて使う人でもムラなく仕上げることが出来るみたい。

泡よりもしっかり髪の毛に塗ることが出来るから、髪の毛全体が白髪になってしまっていて、白髪染め初心者はジェルタイプがいいようですね。

yajirusi
公式ボタン

 

白髪染めを比較して選ぶ!

0008

40代になってから急に増え始めた白髪に、正直、こんなに早く自分に白髪が出来ると思っていなかったので、何の対策もしていませんでした。

でも、最近では中年ぐらいの年齢でも白髪が生えてくることが多いらしく、白髪染めの種類って、初めて使う人でも簡単に染められるものがたくさんあるんですね。

ただ、ネットで白髪染めを検索してみると、とにかく種類がたくさんあって、どんなものが使いやすいのかが、分からないので困りました。

それぞれの白髪染めに特徴があって、

◆値段

◆カラーの種類

◆肌や髪への負担

◆染め方

などが違うんですよね。だから、まずは白髪染めを比較して選ぶことにして、口コミなどで人気のあるものを調べてみました。

今人気があるのは、天然の原料で出来ていて、素手で簡単に染められるトリートメントタイプのようですが、これは毎日使うことでだんだん白髪が染まっていくというもの。

髪の毛も、普通のトリートメントをしたように、つやが出てしっとりとまとまるし、とにかく簡単に使えるのがいいみたいです。でも、即効性を求めるのであれば、従来の白髪染めの方が、すぐに効果を実感出来ます。

ただし、テクスチャーに種類があって、

◆クリームタイプ

◆ジェルタイプ

◆泡タイプ

のものなどいろいろ揃っています。

こういう場合は、自分がどんな風に白髪を染めたいかで選ぶといいようですね。例えば、生え際や部分的に染めたいのであれば、クリームタイプやジェルタイプが使いやすいそうです。

でも、全体的にムラなく染めるのであれば、最近主流になっている泡タイプの方が、初心者でも失敗がないみたいです。

 

おすすめの白髪染めを比較!

kr087_72a

私は、市販の白髪染めを使って、自宅で染めているんですけど、今まで使ってきたものは、どれも満足のいく仕上がりになりませんでした。

白髪染めの方法や種類はいろんなものがあるので、自分の髪質にあったものを見つける道のりというのは結構長くなってしまうみたいです。

でも、髪の毛の負担はもちろんですが、いつも失敗ばかり繰り返す、というのは嫌なもの。

そこで、インターネットで、口コミなどを参考にして、おすすめの白髪染めを比較してみることにしました。ただし、比較をするには、まず自分で基準を決めなくてはいけませんよね。

白髪染めなのだから「染まる」というのは当然ですが、それ以外のことは人それぞれ求めていることが違います。

◆すぐに染めたいのか。

◆出来るだけ簡単に染めたいのか。

◆染めながらも髪の毛を傷めたくないのか。

◆1度染めたら長持ちさせたいのか。

要望はいろいろあると思います。

私の場合は、とにかく誰でも綺麗に仕上がる、というもので比較してみました。

ムラなく綺麗に染まるおすすめの白髪染めは、泡タイプのものが多かったので、いくつかのメーカーサイトをチェックしてみたら、どれも価格も使い方も同じような感じ。

なので、失敗しても後悔がないように、その中で一番安い商品を試してみたんですが、本当に綺麗に仕上がりました。

やっぱり、口コミの人気が高いか、低いかということや、一番おすすめされている白髪染めで選ぶのではなく、まずはいくつかの商品を比較してみるのが、失敗しない白髪染めの選び方なんだなーと実感しました。

yajirusi
公式ボタン

 

白髪染めとヘアカラーの違いは?

0025

女性のアンチエイジングっていうのは、お肌のお手入れももちろん大事ですけど、髪の毛も放っておくと老けて見える原因になりますよね。

ただ、私がどうしても抵抗があったのが、白髪染めをするということ。

髪の毛に白髪が混じっていれば、どんなに若作りしても老けて見えてしまうので、染めなくてはいけないというのはわかるんですが、カラーリングではなく「白髪染め」というのが、おばさんぽくて嫌だったんです。

というのも、同じ髪を染めることなのに、どうして「白髪染め」と「カラーリング」と区分けされるのか、ということもいまいちよく分かっていなかったからなんです。

そこで、納得がいかないまま白髪染めをしたくなかったので、美容師さんに白髪染めとヘアカラーの違いを比較して教えてもらいました。

基本的に「髪の毛を染める」という部分では、白髪染めもヘアカラーも同じことなんですね。

ただし、その染める髪の質が、双方でまったく異なるから区別されるらしいです。

◆白髪染めは、その名の通り色素が抜けた白髪を染めるというもの。

◆ヘアカラーは色素がまだある黒髪を染めるというもの。

中に入っている成分は同じものなんですけど、染める髪の毛のタイプが違うので、そこに配合されている成分量が違うから区別されて呼ばれるんですね。

例えば、白髪をブラウンに染める場合、ブリーチの量は少なくても染毛剤は普通の量が配合されています。

でも、黒髪をブラウンに染めるのであれば、白髪よりも色を抜く必要があるので、ブリーチの量が多く入っているということ。

このように、配合量が違うから、カラーリングで白髪染めをしようとしてもうまくいかないし、結局は区別するしかないそうです。

 

白髪染めのカラーを比較!

0022

普通のカラーリングは、そのカラーの種類だけを見ると本当にたくさんの色があってすごく迷ってしまいますよね。

だけど、白髪染めのカラーの場合は商品にもよりますが、カラーの種類は結構絞られてしまいます。

私の髪の毛の色はもともとが茶色がかっているので、何もしていなくても光に当たると明るいブラウン系の色になります。

だからカラーリングをしていたころは、自分の髪の色を基準にして当たり前のように細かいカラーの指定をしていたんですが、白髪染めとなるとそうはいかないんですよね。

白髪染めのカラーを比較してみると、トリートメントタイプの白髪染めはカラーの種類が少なくて、色もライトブラウンやダークブラウンなど、ブラウンが基本になっています。

また、漢方やヘナのような天然原料を使っている白髪染めは、ほとんどがブラックのみで、ぎりぎりブラウンを選べるものがあるぐらいです。

白髪染めカラーを比較してわかったことは、カラーの種類が多いのは、美容液成分を使っている白髪染めということですね。

天然の原料でないものは、アッシュやダークグレーのような、細かいニュアンスが出るカラーもあったりします。

だから、カラーを重視する場合には、美容成分で出来ている白髪染めがいいということになります。

もしも、カラーよりも髪の毛にトリートメント効果があるものが欲しい場合には、トリートメントタイプやヘナのように天然原料を使ったタイプがいいようです。

とにかく、白髪染めは口コミなどの情報も大事ですが、まずは自分がカラーを重視しているかどうかを、自分自身で把握することが大事ですね。

yajirusi
公式ボタン

 

白髪染めをQ&Aで比較!

kf129_72a

白髪なんて、年を取ってから悩むもの、というイメージでしたが、最近は若い人でも白髪が増えているというのを初めて知りました。

私にも突然白髪が出てきたのですが、女性にとって白髪をそのまま放っておくことは出来ないので、とにかくなんとかしなきゃ、とネットで白髪の情報を調べてみたんです。

ところが白髪に関しての知識が何もないし、白髪の情報の量もすごく多いので、どんなことをしなきゃいけないのか、何を調べたらいいのかということ自体がわからなくなってしまいました。

そんな私が参考にしたのが、白髪染め比較Q&Aというページでした。

白髪染めの何を調べればいいのか分からない人にとっては、最初からQ&A方式で書かれていると、すごく分かりやすいんですよね。

さらに、たくさんの種類がある白髪染めを比較しているQ&Aだと、自分が欲しいタイプの白髪染めが一目で分かります。

情報もあまり量がありすぎると、便利を通り越して逆に迷ってしまうので、こうやって項目別に比較してあると、白髪染め初心者の私でも商品を絞り込みやすくて、すごく参考になりました。

こういう白髪染め比較Q&Aでは、特徴などはもちろんですが、送料や価格に加えてセット価格、内容量なども載っていて、コスパもきちんと計算できるようになっています。

でも、一番参考になるのは、カラーの種類や染める時間でしたね。

私の場合、自分の髪の色に合わせられるか、ということと、短い時間で染めたい、というのが第1希望だったので、この比較Q&Aですぐに商品を決めることが出来ました。

 

泡の白髪染めを比較!

0026

白髪染めというのは最近本当にいろんな種類が出ていて、トリートメントタイプのものやシャンプータイプのように、天然の原料で出来ていて素手で染められる簡単なものが人気ですね。

でも、そういった白髪染めと人気を二分しているのが、泡タイプの白髪染めです。

泡の白髪染めとトリートメントタイプの白髪染めを比較してみた場合、まずはカラーの種類の豊富さが圧倒的に目立ちます。

天然の原料を使っているだけに、トリートメントタイプはカラーの種類がすごく限られてしまいます。

でも、泡の白髪染めの場合は、カラーの種類が数倍あるので、自分の髪の毛の色にぴったりあったものを見つけることが出来ます。

また、色落ちも少ないのが、泡の白髪染めの特徴で、1度染めると、トリートメントタイプの白髪染めよりも長持ちします。

その分、染めている時間は若干長くなってしまいますが、それでも毎日こまめにトリートメントタイプの白髪染めをするよりは、手間がかからないですね。

これが、泡の白髪染めのメリットということになりますが、逆にトリートメントタイプの白髪染めだと、染めるのが簡単ということがあげられます。

天然の原料を使っているので、素手で扱うことが出来ますし、お肌についてしまってもかぶれることはほとんどありません。

それに、染める時間も短いので、急いでいる方でも簡単に使うことが出来て、すごく便利だと思います。

こうやって泡の白髪染めを比較してみると、それぞれにメリットデメリットがあるので、自分の白髪の髪質やライフスタイルに合わせて選ぶのが一番でしょう。

 

生え際の白髪染めを比較!

0017

私の母は、白髪がすごくて、生え際の白髪が伸びてくるたびに美容室に通っているんですが、それはどう見ても不経済。

最近の白髪染めは、簡単に出来るし、髪の毛にダメージを与えないように、トリートメント効果もあるものが多いので、自分で染めるのをすすめています。

ただし、生え際の白髪を染めるといっても、素人ではどうしても髪の毛全体を染めるしかない、と思う方が多いですよね。

これだと、確かにいくらダメージが少ないと言っても、こまめに美容室に通ってしまうのはしょうがないのかもしれません。

どんなに髪の毛に優しい白髪染めでも、使用頻度が高ければ、その分髪の毛に負担をかけてしまうのは当たり前ですから、髪の毛が傷んでしまいます。

理想的なのは、やはり生え際などピンポイントで染めることが出来る白髪染め。

だけど、美容室で生え際だけを染めるリタッチという技術があるように、白髪染めでも生え際だけを染められるものもたくさん出ているようです。

生え際専用の白髪染めというのは、いろいろな種類が発売されていますが、比較してみるとテクスチャーが固めのクリームタイプが使いやすいそうです。

テクスチャーが柔らかいと、素人では黒い部分にもついてしまうので、リタッチの意味がなくなってしまいます。

また、ムースタイプの白髪染めも、生え際などのように1部分だけを塗るのは難しいそうで、クリームタイプと比較すると、あまり人気がありませんね。

もしも、手先が器用なのであれば、スプレータイプや白髪の生え際だけに塗りやすいマスカラタイプもありますが、これはシャンプーで色が落ちてしまうので、あんまりおすすめではないようです。

 

髪質別の白髪染めタイプを比較!

kp073_72a

白髪染めと一口に言っても、髪質に合っていないと、きちんとした効果を実感できないらしいですね。

実際、私の母も市販の白髪染めを試してみたけど、思ったように染まらなかったから、いまだに美容室に通っているそうなんです。

今人気がある白髪染めは、トリートメントタイプやシャンプータイプのように手軽に出来るものもあるし、準備は大変だけど、髪に優しく綺麗に染められるものもあります。

でも、いろんなタイプのものがあるから、確かに自分の髪質にあっているものを探すのは難しいですよね。

そこで、私なりに髪質別におすすめされている白髪染めのタイプを、いろいろと比較してみました。

もしも、髪質が細かったり、ダメージを受けやすいタイプであれば、色は入りやすいので、天然の原料で出来ているトリートメントタイプで十分染まるようです。

トリートメントタイプなら、1回で白髪染めの効果を実感出来るので、髪が細い人はこれがおすすめだそうです。

でも、髪が太くて普通のヘアカラーでも染まりづらいタイプは、こういったトリートメントではなかなか染まりづらいみたいですね。

こういったタイプは、シャンプータイプの白髪染めで、根気よく毎日使い続けるのがポイント。

すぐに染まるのは無理だけど、毎日使うことでしっかりと色が入って行って、一度入ったら当然シャンプーをしても色落ちしないから、案外コストパフォーマンスはいいみたい。

こうやって髪質別で比較すると、ただ口コミで評価が高くても、自分の髪質にあっているかどうかが一番大事だってことがわかりますよね。

 

自宅と美容室の白髪染めの違いは?

kr200_72a

私の母は、頻繁に美容室で染めているのですが、美容室は結構お値段が高いので、私から見るともったいないと思っていました。

でも、母にしてみると、自宅で白髪染めをするのは大変だし、髪の毛も傷みそうなので、抵抗があるみたいなんですね。

最近の白髪染めは、自宅でも簡単に出来るし、髪も傷むことはないんだけど、説明してもいまいちよく分からない感じ。

そこで、どうにか納得してもらうために、白髪染めを自宅でやるのと美容室でやる違いを比較してみました。

まず、自宅と美容室の違いと言えばその料金で、これは比較するしないの前に、美容室の方が高くつきますよね。だから、一番重要なのは、その仕上がりの差だと思います。

確かに、プロの人が白髪染めをしてくれるのですから、自分でやるよりはムラもなく仕上がりは綺麗になります。それに、染めるという手間も、全部やってくれるというのが、自分で染めるのとはかなり違う部分でしょう。

ただし、最近の白髪染めは、従来のものと違って、トリートメントタイプになっていたり、シャンプーをしながら染められるものが出てきています。

つまり、不器用な人でも、面倒くさがりの人でも、特別な準備は何もしなくても白髪染めが出来てしまうんですよね。

トリートメントのように扱えるから、ムラもなく簡単に染めることが出来ます。

だから、大きく違うのは価格と仕上がりということになりますが、美容室の白髪染めのクォリティーに近くなっているので、最終的には結局料金が違うというところですよね。

yajirusi
公式ボタン

 

白髪染め比較ランキングとは?

0027

白髪染めって面倒くさいという方って、結構多いそうで、実際私も若白髪が気にはなっていたけど、まだ白髪染めをするほどじゃないと言い聞かせていました。

1度白髪染めをしてしまえば、それ以降はずっとやり続けないと気になってしまう、というのが自分で分かっていたので、あえて白髪染めをしたくなかったんです。

でも、やっぱり心のどこかで気にはなっていたので、暇なときにネットで白髪染めのアイテムを調べてみました。とにかく、どういう白髪染めがあるのか知らなかったので、私がチェックしてみたのは、白髪染め比較ランキングというものでした。

白髪染め比較ランキングは、たくさんある白髪染めを、それぞれの特徴や価格、使いやすさや人気の高さなどで比較してあるランキング。だから、ひとつひとつの白髪染めを調べていくよりも、一目でいろんなことが比較できてしまいます。

それに、ランキング形式になっていて、人気が高い順でアップされているから、自分が一番優先したい白髪染めのスペックで、人気の商品をすぐに探すことが出来ます。

白髪染めの比較ランキングを見て分かったのですが、最近の商品は、シャンプーやトリートメントのように、素手で気軽に使えるものが多いんですね。

しかも、染めた後の髪の毛も、きちんと綺麗にトリートメントされているから、従来の白髪染めのイメージとはだいぶ違うようです。

今まで、面倒くさいし髪の毛が傷むと思っていた白髪染めですが、白髪染め比較ランキングで上位の商品は試してみたいなと思いました。

 

いま口コミで人気の白髪染めは?

1016

私は、どんな商品を購入するときでも、必ず口コミをチェックします。

というのも、商品の公式サイトだけをチェックしても良いことしか書いていないので、実際に購入してみると、思っていた商品とイメージが違っていたり、メリットだけじゃなくデメリットもあったりするから。

特に、通販で美容アイテムを購入する場合は、使ってみて気に入らなくても返品出来ないことがあるので、口コミをチェックしておかないと購入出来ません。

だから、白髪染めを選ぶ場合でも、とにかくいろんなサイトの口コミをチェックしました。口コミで人気の白髪染めなら、まず、はずれがなさそうだし、口コミの数も多いのでより信頼出来ます。

いま口コミで人気の白髪染めというのは、どのサイトでも、だいたい同じような商品で、天然の原料で出来ているものですね。

従来の白髪染めのように、匂いがきつかったり、お肌に刺激やダメージを与えるような成分が入っているものは、どんなにリーズナブルでもまったく人気がありません。

多少高くても、素手で使えることが出来て、しかも染める時間が短くてすむような、簡単で効率の良い白髪染めが人気になっています。

実際に、どの口コミでも、上位に入っている白髪染めを購入してみましたが、口コミ通り、お肌や手についても何の刺激もなく、短時間で綺麗に白髪が染まりました。

こういう、天然の原料で出来ていて、自宅で簡単に染めることが出来る白髪染めは、その種類もけっこうあるので、迷ってしまったら返金保証がついているものがお勧めです。

使ってしまっても、染めあがりに納得できなければ、期間は限定されますがちゃんと代金を返してくれる、という保証がついているから、口コミでも人気ですね。

yajirusi
公式ボタン

 

市販の白髪染めを口コミで比較!

1024

いつも美容院で白髪染めをしているんですけど、白髪って色が抜けやすいのか、とにかくこまめに染めないと、すぐに根本が白くなってしまうんですよね。

白髪染めと言っても、やっぱりそれなりの料金がかかってしまうので、月に1回行くだけでも、トータル的にみるとコストパフォーマンスがかかってしまいます。

だから、市販の白髪染めを使ってみようと思い、ネットでいろいろ調べてみたんですが、白髪染めの種類って本当にたくさんあるので迷ってしまいました。

しかも、どの白髪染めのサイトを見ても、良いことばかりが書いてあるので、余計にひとつに絞れない。かといって、全部を試してみようとすると、お金がかかりすぎてしまうので、自分で使ってみることは出来ません。

そこで、市販の白髪染めを口コミで比較することにして、一番自分の理想に合うものを探してみることにしました。

白髪染めを比較する際、自分の希望をはっきりと明確にしておくことが大事ですね。白髪を綺麗に染められるというのは当然ですが、匂いを重視する人もいれば、価格を重視する人もいるだろうし、その優先順位は人それぞれ。

私は、素手で染めることが出来て、染める時間が短い、という、とにかく使い勝手を重視して比較してみました。もちろん、商品の広告で比較するのではなく、あくまでも実際に使った人の口コミで比較するのがポイント。

こうやって比較をすると、どれも魅力的に見えた白髪染めでも、自分に合うものが簡単に絞ることが出来るのでお勧めです。



失敗しない白髪染め選び!【白髪染め体験おすすめランキング】

rank1 rishiri007
【染まりがよく肌にもやさしい】
いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです!
【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】
rishiri004
↓
公式ボタン

 

 

sikiri

 

 

facebookはじめました

白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】 > 【必見】白髪染めの賢い選び方 > 白髪染め比較!選び方のポイントは?【種類・カラー・口コミ】

関連記事

  1. 白髪染めの選び方とは?男性用は何色が良い?【選ぶポイントは?】
  2. 白髪染めの選び方で失敗しない方法とは?【おすすめはどれ?】
  3. 利尻ヘアカラーとルプルプの違いとは?【昆布の白髪染めを比較】
  4. 白髪染めの市販と美容院の違いって?【綺麗な染め方とは?】
  5. 白髪染めの市販はどれがおすすめ?【種類や選び方は?】
  6. 白髪染めは妊娠中や授乳中でも使って良いの?【影響は無い?】
  7. 白髪染めと髪染めの違いは?【市販のヘアカラーでも染まる?】
  8. 白髪染めシャンプーのおすすめはどれ?【口コミで人気なのは?】
  9. 白髪染めの選び方のポイントとは?【ランキングで人気なのは?】
  10. 白髪染め低刺激ヘアカラーは髪を傷めないって本当?【口コミは?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)