白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】

利尻ヘアカラーとルプルプの違いとは?【昆布の白髪染めを比較】

利尻ヘアカラーとルプルプの違いって?

昆布の白髪染めは、利尻昆布を使った「利尻ヘアカラートリートメント」と、ガゴメ昆布を使った「ルプルプ」があります。

どちらも昆布の成分でできているヘアカラーなので、どこがどう違うのか気になりますよね。

利尻ヘアカラートリートメントは利尻昆布を使っていて、ルプルプはガゴメ昆布を使っていますが、この昆布の違いは何なのか、比較していきたいと思います。

 

違いはネバネバの度合い?

利尻昆布とガゴメ昆布の違いは粘りのようです。

昆布にはネバネバがあります。

利尻昆布も確かに粘りがあるのですが、ガゴメ昆布ほどの粘りはないようです。

ネバネバ度は、ダントツでガゴメ昆布が優位です。

このネバネバ度が違うということは、どういうことなのでしょうか?

このネバネバの主成分は、アルギン酸カリウムやフコイダン・ラミナランと言われる成分です。

ネバネバ度が強いということは、それだけこの成分が多く含まれているという証拠なのです。

ガゴメ昆布のネバネバは、利尻昆布を含め、他の昆布より強い粘りがありダントツです。

それだけではありません。

昆布にはミネラルが含まれていますが、人体に必要なカリウム・ナトリウム・マグネシウムの含有量は、陸上の食べ物の2倍もあります。

昆布だけを見ると、ガゴメ昆布の方が成分が豊富のようですね。

 

主成分の違いとは?

利尻ヘアカラーの主成分は利尻昆布。ルプルプはガゴメ昆布となっています。

どちらも昆布を使用していますが、ガゴメ昆布と利尻昆布との一番の違いはフコイダンの量なのだとか。

利尻昆布にもフコイダンは含まれておりトリートメント効果はあるのですが、特に豊富なフコイダンの入ったガゴメ昆布の方がトリートメント効果が期待できます。

より綺麗な髪の毛を目指すなら口コミでも人気上昇中のルプルプをおすすめしますよ。

 

その他の成分の違いは?

昆布以外の配合成分を見てみると、利尻ヘアカラーやルプルプも両方、天然植物色材を使用しています。

利尻ヘアカラーの色材は、シコン・クチナシ・アナトー・ウコンです。

ルプルプでは、ベニバナ・クチナシ・藍の葉や茎などを使用しています。

また、配合している水分では、ルプルプは、温泉水を使用していますが、利尻ヘアカラーでは、「特殊水」を使用しています。

利尻ヘアカラーが使っている特殊水とは、水の分子量(ラクスター)が小さいというのが特徴です。

これは、利尻ヘアカラーに配合されている、有効成分を内部までむりなくしんとうさせ、本来の美しさを最大限に引き出すことができるという水です。

実験でもこれが証明されています。

水道水につけたピーマンとこのクラスターに付けたピーマンを比べました。

5日間つけてみると、水道水の方は赤く変色していましたが、クラスターの方は全く変色せず、そのままのみずみずしさを保っていました。

 

カラーバリエーションは?

次は色についてですが、ルプルプでは、ダークブラウン・ブラウン・モカブラウン・ソフトブラックの4色。

利尻ヘアカラーでは、ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラックの4色が揃っています。

特に髪を明るめに染めたいという人の場合は、利尻ヘアカラーの方がいいかと思います。

染め具合を見ると、両方ともきれいに染まったという体験談もあれば、数回使用してから染まったという体験談もあり、これは個人差があるようです。

配合成分的には、ルプルプと利尻ヘアカラー共に、自然のものを使用しており、お肌が敏感な人でも安心して使えるように思います。

 

価格は?

利尻ヘアカラートリートメントもルプルプも値段は3,240円となっています。

ですが、キャンペーンを使うともっとお得に購入ができます。

利尻ヘアカラートリートメントは初めての方限定キャンペーンを実施中で初回限り2,160円で購入ができます。

ルプルプは2本定期便キャンペーンを使えば、初回限り1本1,620円の値段になります。

また、1本だけの注文でも初回お試しキャンペーンを使えば1本1,980円になりますのでお得ですよね。

 

返金保証は?

利尻ヘアカラートリートメントもルプルプも全額返金保証がついています。

ただ、その返金保証の条件が異なっていますので注意が必要です。

返金保証の条件は利尻ヘアカラーの方が若干緩い感じです。ただ、どちらの商品も効果に満足出来なければ返金してもらう事が出来るので、特別問題はないでしょう。

 

染まり具合は?

利尻ヘアカラーもルプルプも染まり具合については全く問題がありません。

髪の毛が染まりにくい方でも、綺麗な仕上がりになるでしょう。

ただ、落ちにくさで言えばルプルプの方が上です。

ルプルプは落ちにくいと言った特徴を持っているので、1回ケアしてから次のケアまで1週間くらい時間を置く事が出来ます。

利尻ヘアカラーは2日に1回のお手入れが基本になっているので、手間的に言えばルプルプの方がいいでしょう。

 

利尻ヘアカラーとルプルプの違いまとめ

いかがでしたか?

ここでは、利尻ヘアカラーとルプルプの違いをご紹介しました。

まとめると、

昆布の違い

・利尻昆布よりガゴメ昆布ほうが粘りがある。

・利尻昆布よりガゴメ昆布ほうがフコイダンの量が多い。

カラーバリエーション

・利尻ヘアカラー:ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラック

・ルプルプ:ダークブラウン・ブラウン・モカブラウン・ソフトブラック

価格

・利尻ヘアカラー:3,240円

・利尻ヘアカラー初めての方限定キャンペーン:2,160円

・ルプルプ:3,240円

・ルプルプ2本定期便キャンペーン:1,620円(1本)

・ルプルプ初回お試しキャンペーン:1,980円(1本)

他にも、利尻ヘアカラーやルプルプはどちらも返金保証が付いていますが、返金保証の条件が異なっていますので注意が必要です。

染め具合は個人差があり、両方ともきれいに染まった人もいれば、数回使用してから染まったという人もいました。

髪を明るめに染めたいという人は、利尻ヘアカラーの方がおすすめですし、色が落ちにくいのはルプルプだと言われています。

配合成分的には、ルプルプと利尻ヘアカラー共に自然のものを使用していますから、お肌が敏感な人でも安心して使えると思いますよ。

ルプルプや利尻ヘアカラーは互いに優れている所がありますので、自分の肌や髪質に合ったもの、使い勝手が良いものを選んで下さいね。

 



失敗しない白髪染め選び!【白髪染め体験おすすめランキング】

rank1 rishiri007
【染まりがよく肌にもやさしい】
いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです!
【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】
rishiri004
↓
公式ボタン

 

 

sikiri

 

 

facebookはじめました

白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】 > 【必見】白髪染めの賢い選び方 > 利尻ヘアカラーとルプルプの違いとは?【昆布の白髪染めを比較】

関連記事

  1. 白髪染めの選び方とは?男性用は何色が良い?【選ぶポイントは?】
  2. 白髪染めの選び方で失敗しない方法とは?【おすすめはどれ?】
  3. 白髪染めの市販と美容院の違いって?【綺麗な染め方とは?】
  4. 白髪染めの市販はどれがおすすめ?【種類や選び方は?】
  5. 白髪染めは妊娠中や授乳中でも使って良いの?【影響は無い?】
  6. 白髪染めと髪染めの違いは?【市販のヘアカラーでも染まる?】
  7. 白髪染めシャンプーのおすすめはどれ?【口コミで人気なのは?】
  8. 白髪染めの選び方のポイントとは?【ランキングで人気なのは?】
  9. 白髪染め低刺激ヘアカラーは髪を傷めないって本当?【口コミは?】
  10. 白髪染め泡タイプはきれいにそまる?【クリームより良い?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)