白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】

白髪染めの市販はどれがおすすめ?【種類や選び方は?】

白髪染めおすすめはコレ!【10商品試した私の本音!】

rank1 rishiri007 【染まりがよく肌にもやさしい】 いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです! 【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】 rishiri004
↓
公式ボタン

 

市販の白髪染めとは?

わたしたち日本人に特有の黒い髪。

真っ黒で、たおやかなボリュームのある髪を持つ女性が美しいと言われていた時代は遠い昔のこと。

最近は、どうしても重い雰囲気になりがちな黒髪は敬遠され、明るく見える茶色い髪に染めている女性が圧倒的に多くなっています。

そんな髪を染めるときによく使われるのが市販の白髪染め。でもこの市販の白髪染めとは、いったいどのようなものなのでしょうか。

スーパーやドラッグストアなどで手軽に購入することができる市販の白髪染め。

じつはひとくちに市販の白髪染めといっても、いくつかの種類があります。

◆色素で髪の毛の表面に色を付けるヘアマニキュア。

◆髪の毛の色素を脱色するブリーチ。

◆脱色したうえで色素を髪の毛の中まで行き渡らせるヘアカラー。

などがその代表例。

美容院で染めるよりもかなり安価で、そして自宅で比較的カンタンにできることもあって、女性のみならず男性もこうした市販の白髪染めで髪を好きな色に染めています。

しかし市販の白髪染めを使うときには、注意しなければならない点があります。

それはアレルギーのこと。市販の白髪染めの中にはアレルギー反応を起こす物質を含んでいるものがあります。

アレルギー体質の人がこうした市販の白髪染めを利用した場合、頭皮のかぶれやただれなどのアレルギー反応を起こす場合があります。

そのため、白髪染めの薬剤を少量取り出しで腕の内側などに塗り、かぶれなどが起こらないかを確認するパッチテストを必ずするようにしなければなりません。

市販の白髪染めの説明書にも必ずパッチテストに関する記述がありますので、確認してから使用するようにしましょう。

 

市販の白髪染めの種類は?

明るいブラウンやシックなダークブラウンなど、手軽に利用できて自分の髪を思い通りの色に染めることができる市販の白髪染め。

スーパーやドラッグストアなどの身近なお店で買えることや、美容院で染めるよりかなり安価で済むことなどもあって、今や多くの人が利用しています。

そんな市販の白髪染めですが、じつはひとくちに白髪染めといっても、いくつかの種類があることをあなたはご存知でしたか?

髪の色を変えたいときは、その目的や自分の好み・ライフスタイルなどに合わせて市販の白髪染めを選ぶ必要があるんですよ!

市販されている白髪染めの種類は、大きく3つに分けることができます。

ヘアカラー

1つ目はヘアカラー。ヘアカラーは酸化染料とアルカリ剤が含まれている1剤と、過酸化水素水が含まれている2剤を混ぜて作る染毛剤のこと。

アルカリ剤が髪のキューティクルを開いて、髪の色素を脱色してからヘアカラーの色で染毛するため、黒髪も白髪も同時に一度でしっかりと染め上げることができます。

比較的色持ちも良いため、しっかり染めて長持ちさせたいという方には最適ですが、反面髪のキューティクルを開くために髪への負担が大きく、髪が傷みやすくなってしまうというデメリットがあります。

ヘアマニキュア

2つ目はヘアマニキュア。ヘアマニキュアは酸性染料を配合した白髪染めのことで、このヘアマニキュアを髪に塗布すると、酸性染料が髪の表面のたんぱく質と結合・吸着することで発色する仕組みとなっています。

ヘアマニキュアは髪を脱色することがないため、比較的髪への負担が少ないうえ、コーティング効果によって髪に艶が出るというメリットがあります。

しかし髪の表面を着色させる方法であるため、シャンプーするたびに染料が流れてしまい、色持ちが悪いというデメリットがあります。

一時染め

色持ちの目安はだいたい2~3週間程度と言われています。3つ目は一時染めです。

一時染めは染料で一時的に髪に色をつけるもの。マスカラタイプやスティックタイプなどがあり、特にお出かけ前にサっと白髪を隠したいときなどに有効です。

市販の白髪染めにはこのように大きく3つの種類がありますので、しっかりと特徴を知ったうえで目的や希望にあわせて使い分けるようにしたいですね。

yajirusi
公式ボタン

 

白髪染めの色の選び方は?

折角手間を掛けて白髪染めをしても、「似合ってない」などと言われてはショックです。

もちろん、髪の色は好みの問題も大きいのですが、それとは別に肌色・瞳の色から言って合う色、合わない色の取り合わせというものがあります。

例えば色白な人の場合、瞳がはっきり黒ければ栗色や暗めのブラウンが肌の透明感とマッチします。

瞳が茶色の場合は瞳の色に合わせた明るい色でオレンジや軽いブラウンが調和するでしょう。

黄色がかった肌色の人は、肌の黄色さとオレンジ系がマッチします。

赤みの少ないくすんだアッシュカラーなども肌の色を落ち着いた感じに見せてくれるので良い感じでしょう。

茶色い瞳には黒い瞳の場合より一段明るい色を持ってくるのが良いようです。

ピンクがかった肌色の人は、同じくレッド系を取り入れたオレンジや、パープルで全体が違和感なくまとまります。

青系を入れて肌のピンクを引き立てるのも有効でしょう。

健康的な小麦色の肌には、アッシュ系を用いて肌をアピールできます。

肌と同系色のより軽いオレンジやイエロー系も快活な軽さを与えてくれるでしょう。

いま挙げた取り合わせは一つの参考例に過ぎません。

こういった自分の肌色や瞳の色のほかに、

◆お気に入りの服飾ファッションとのバランスやアクセサリーとのマッチング。

◆季節やよく居る場所の色彩とのコントラスト。

などを考えて白髪染めの色を選ぶのは、髪のおしゃれを考える上でかなり重要なポイントだと言えるでしょう。

 

白髪染めは禿げる?

スタンダードな白髪染め剤は、髪の色をある程度脱色しつつ染料をしみこませるために刺激性のある化学物質を使用しています。

そのため、白髪染め後は髪のキューティクルが傷んで髪がゴワゴワしたりパサパサしたりということが起きてきます。

ダメージを受けるのは髪の毛だけではなく、その根本の頭皮も多少はダメージを受けることになります。

もちろん、髪の毛と違って薬剤が直接塗布されるわけではありませんから影響は少ないのですが、人によってはアレルギー反応などが出て、頭皮が浮腫んだり腫れたり、かゆみを生じたりということも起きます。

このように白髪染めの際には頭皮に多少のダメージがありますので、あまりに頻繁に強い白髪染めを行っていると頭皮のダメージから抜け毛を誘発する可能性は確かにあります。

特に男性の場合、ホルモンの働き上抜け毛が起こりやすい傾向がありますので注意が必要です。

女性の場合は大体の場合問題ないのですが、産後しばらくはホルモンバランスの変化から抜け毛が起こりやすい時期がありますので、この時期には注意が必要でしょう。

いずれにしても、事前のパッチテストでアレルギーを避けて、染め方も頭皮に薬剤が付かないよう適切に行えば、多少頻繁に白髪染めを行ってもすぐ禿げるというようなことはありません。

また、脱毛につながるような染め方をしている場合、ほぼ必ず頭皮のかゆみなど前兆症状が出ているはずですので、おかしいなと思ったときにはすぐに使用を中止することが重要でしょう。

yajirusi
公式ボタン

 

白髪染めとトリートメントを同時にしたい方におすすめ!

白髪染めはその性質上、どうしても髪の痛みと無縁ではいられません。

もちろん白髪染め後にしっかりトリートメントを行うことでダメージを抑えることはできますが、それでも少しずつ髪は傷んでいきます。

特に強いブリーチなどで脱色を繰り返すような場合、髪にはかなりのダメージが蓄積しますので、パサパサしたりゴワゴワしたり枝毛になったり、果ては頭皮へのダメージで抜け毛になったりという事も起きてきます。

こういったことは体質差が大きいので、髪質が強い人で平気なことでも髪質が弱い人だと深刻なダメージになったりします。

髪質が強くなく、髪が荒れやすい人に向いているのが、白髪染めとトリートメントを同時にこなせてしまう「ヘアカラートリートメント」タイプの白髪染めです。

このタイプの特徴は何と言っても手軽さとダメージの低さです。

現在出ているカラートリートメントの多くが、天然染料と天然成分中心の成分配合を採用していますので、髪や頭皮、肌への影響が最低限に抑えられています。

また、肌に低刺激であるということは素手で扱っても平気であるということを意味しますので、櫛や手袋を使用するのに比べて簡単に染色が行えます。

トリートメント成分をしっかり配合されているため、いたんだ髪のケアをしながら自然に白髪染めができるというのがこのタイプのコンセプトと言えるでしょう。

ただし、ヘアカラートリートメントはすでにある髪色を脱色することはありません。

ブリーチ後の髪か白髪を染めるのに用いることになりますので、用途を良く考えてから購入するようにしましょう。

 

市販の白髪染めは髪が傷む?

市販の白髪染めを使って髪を染めるとき、あなたが一番気になることは何ですか?

美容院で染めるよりもかなり安く済む代わりに、髪が傷んでしまうのではないか?ということではないでしょうか。

市販の白髪染めにはいろいろなタイプのものがあり、中には頻繁に利用すると髪に大きなダメージを与えてしまうものもあります。

では市販の白髪染めを利用すると、なぜ髪が傷んでしまうのでしょうか。

市販の白髪染めの中で多くの人が利用しているヘアカラー。

このヘアカラーは酸化染料とアルカリ剤の1剤と、過酸化水素水が含まれている2剤を混ぜて作るタイプのもの。

1剤のアルカリ剤が髪の表面のキューティクルを開いて脱色してから、そこにヘアカラーの色を染み込ませて髪を染める仕組みになっています。

この際、美しい髪を保つために必要不可欠なキューティクルを開くことになるため、髪の乾燥が進んでパサついてしまったり切れ毛になったり、枝毛が増えてしまったりするなどの髪の傷みが進んでしまうことがあるのです。

では、市販の白髪染めを使っても髪を傷めない方法はないのでしょうか。

たとえばヘアマニキュアは髪の表面を着色するタイプの染毛剤なので髪を傷める心配はあまりありません。

またヘアカラーを使う際にも、事前にしっかりトリートメントをしたり、染める時間を半分にして2回に分けて染めるなどの対策を取れば、ある程度髪の傷みを抑えることができます。

また最近は天然成分を使った髪に優しい染毛剤も販売されていますので、こうしたものを上手に使ったりしながら髪の傷みを抑えるようにするとよいのではないでしょうか。

yajirusi
公式ボタン

 

市販の白髪染めの選び方は?

身近なドラッグストアやスーパーなどでいろいろな種類が数多く販売され、価格も手ごろなことから多くの人が利用している市販の白髪染め。

「ちょっと髪の色を変えてみようかな?」と思って白髪染めを買いに出かけても、その種類のあまりの多さにどれを選べばいいのか分からなくなったという経験をしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、市販の白髪染めの選び方についてちょっと考えてみましょう。

まず市販の白髪染めには大きく分けて3つのタイプがあります。

その3つとは、ヘアカラー・ヘアマニキュア・一時染め。それぞれに特徴があるため、自分の髪をどんな風にしたいのかによって選ぶべき白髪染めが違ってきます。

ヘアカラー

たとえば、一度でしっかりと髪を染めて色を長持ちさせたい場合はヘアカラーがおすすめです。

ヘアカラーは一度自分の髪を脱色させたうえで染めたい色を染みこませるため、しっかり染まって色が長持ちするのです。

しかしその反面、何度も使用を繰り返すと髪が傷みやすくなるというデメリットもあります。

ヘアマニキュア

髪の傷みを防ぎながら染めたいという方におすすめなのはヘアマニキュア。

ヘアマニキュアは髪を脱色することなく髪の表面にカラーを乗せるタイプの白髪染め。

髪のコーティング効果もあるため、比較的髪を傷めることなく染めることができます。

しかしシャンプーなどで色が落ちやすいため、カラーを保てるのは2~3週間ほどと言われています。

また思ったとおりの色に染め上がらないこともあるようです。

箱に掲載されている仕上がりの色だけを見て選びがちな市販の白髪染め。

しかしタイプによって特徴に違いがあるので、選ぶ際にはしっかりと自分の希望や目的にあったものを選ぶ必要があります。

 

市販の白髪染めの疑問とは?

身近なドラッグストアやスーパーなどで、カンタンに購入することができる市販の白髪染め。

でも市販の白髪染めとひとくちに言っても、いろいろな種類があるうえに、目的によって選ぶべきタイプが違っています。

そのため、「ちょっと髪を染めてみようかな?」と思っても、分からないことや疑問に思うことが何かとあったりしますよね。

でも友達に聞いてみても意外とみんな知らないこともたくさん・・・。

そんなときは、市販の白髪染めのメーカーのウェブサイトにあるQ&Aがとっても便利なんですよ!

例えば「ヘアカラーを洗面台に落としてしまった場合、どうすれば汚れが落ちますか?」という質問に対しては、

「表面が硬くて水が浸透しない、凹凸がないツルツルした材質の場合は、メラミンフォーム100%のスポンジを使うとよいでしょう」という回答が。

また「白髪染めの男性用と女性用にはどのような違いがありますか?」という質問に対しては、

「男性、女性用とも基本的な成分に差はありませんが、色味や風合いなどについてそれぞれに好まれる仕上がりになるように作られています。また男性は一般的に短髪な方が多いため、ブラシやコームなどは短髪にあわせた設計になっています」といった回答が掲載されています。

これ以外にも、意外と知ってるようで知らないようなQ&Aがたくさん掲載されています。

市販の白髪染め選びに迷ったり、ちょっとした疑問があるときには、こうしたQ&Aを参考にしてみるとよいかもしれませんよ!

 

市販の白髪染め口コミランキング

「髪色を変えたい!」環境や心境の変化で、思い切って髪の色を変えてみたいときってありますよね!

そんなときに便利なのが、市販の白髪染め。

手軽な価格で購入できる上に、使い方も意外とカンタン。

そんなに手間をかけることなく髪を思う色に染めることができると、若い世代の人を中心に人気を集めています。

でもこうした市販の白髪染めって、売り場に足を運んでみるとかなりたくさんの種類が販売されていますよね。

色も似通っていて、使用方法にも大差がない。そんなときって、いったいどれを選べばいいのか迷ってしまいがちです・・・。

そんなときは!市販の白髪染め口コミランキングを活用してみましょう。

市販の白髪染め口コミランキングでは、

◆今どの白髪染めが売れ筋なのかがひと目でわかる。

◆個々の商品に対する使用感や使いやすさ。

◆使用後の色味に関することや手触り。

◆髪の傷みへの影響。

などの細かな感想が書き込まれています。

中には使用前と使用後の髪色の変化写真を掲載している口コミランキングなどもあり、どの白髪染めにすればいいか迷ったときにすごく参考にすることができるんですよ!

箱書きや説明書だけでは分からないことも、口コミランキングを見れば大体のことが分かるので本当に役立つんです。

いくら手軽な価格で買えるとはいえ、やっぱり髪に直接つけるものだから、髪への傷みの影響や色の出具合などはしっかりチェックしておきたいもの。

そんなときは何と言っても実際に利用した人の意見を参考にするのがイチバンです。

迷ったときには、ぜひ市販の白髪染め口コミランキングを参考にされることをおすすめします!

yajirusi
公式ボタン

 

市販の白髪染めでおすすめなのは?

あなたが市販の白髪染めを選ぶとき、重要視することはなんですか?

価格はもちろん安いに越したことはありませんが、使い勝手のよさや発色、髪への傷みの影響なんかも気になるところですよね。

でも意外とたくさんの種類が販売されている市販の白髪染め。

いざ売り場に行ってみると、「いったいどれがいいの?」と迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで!ここではおすすめの市販の白髪染めをいくつかご紹介しましょう。

ルシードエル ミルクジャムヘアカラー

ヘアカラーの中でもイチオチなのが、2010年@cosmeベストコスメ大賞ヘアスタイリング・その他部門で第1位を獲得した「ルシードエル ミルクジャムヘアカラー」です。

これは伸びの良い乳液タイプのヘアカラーで、どこから塗ってもムラなく染めることができると評判。

コラーゲンやパールエキス・シルクエッセンス・ツバキオイルといったヘアケア成分を配合しているので、髪を傷める心配もあまりありません。

付属のトリートメントも、髪がサラサラになると高評価を受けています。

価格面からみてもコストパフォーマンスの高い商品だと言えますね。

ロレアルパリ フェリア3Dカラー

また、@cosmeベストコスメ大賞で殿堂入りしたことのある「ロレアルパリ フェリア3Dカラー」もおすすめ。

光が当たるたびに色が変わる、立体感のある3Dカラーに染めることができると大人気のこの商品は、使いやすい液状タイプ。

トリートメントも約4回分入っているから、髪の傷みが気になったときにサっと使えてサラサラの指どおりになりますよ!

ビューティーラボ ふりふりホイップヘアカラー

ほかにも、使いやすさでおすすめなのはホイップタイプの「ビューティーラボ ふりふりホイップヘアカラー」。

パッケージもかわいらしく、ホイップタイプなので髪に塗りやすいと評判です。

キレイに髪を染めるなら、やっぱり使いやすいものが一番です。乳液タイプやホイップタイプから選んでみてはいかがでしょうか。

 

市販の白髪染めを比較!

手ごろな価格で購入できて、自宅で好きなときに髪を染めることができる市販の白髪染め。

この白髪染めは各社さまざまな特長を持った商品を販売していて、使いやすさや染毛後の色の出方などにかなり違いがあります。

手軽な価格で買えるものとはいえ、やっぱり同じ使うならコスパが高いものを選びたいですよね。

それに使い勝手のよさや髪への影響も気になるところです。

では自分に最適な市販の白髪染めを購入するためには、どういった点を比較すればよいのでしょうか。

①白髪染めのタイプを比較

まずは白髪染めのタイプを比較するようにしましょう。

白髪染めの染毛剤には、クリーム状になっているものや乳液タイプ、泡やホイップになっているタイプなどがあります。

タイプによって髪に塗布する感覚や使い勝手が全く違うため、自分の髪の長さや髪質、また好みで選ぶべき染毛剤のタイプが変わってくるのです。

どの白髪染めを使うにしても、しっかりと髪に塗り込めないと髪をきれいに染めることができないので、まずは好きな色味だけではなく染毛剤のタイプが自分に合うものかどうかで比較するようにしてください。

②トリートメント成分が含まれているのか?

次に比較したいのが、染毛剤にトリートメント成分が含まれているかどうかという点です。

市販の白髪染めを使って髪を染めると、どうしても髪は傷みがちなもの。でもできることなら、傷みを抑えてツヤのある美しい髪をキープしたいですよね。

それなら、トリートメント効果のある成分が含まれているものや、染毛後に使うトリートメントが別に添付されているものを選ぶようにしましょう。傷みの少ない髪ほど、思い通りの色に染まるものですよ!

選ぶのに迷ってしまうほどたくさんの種類が発売されている市販の白髪染めを比較する際には、このように染毛剤のタイプやトリートメント効果の高さなどをしっかりと比較したうえで選ぶようにしましょう。

yajirusi
公式ボタン

 

口コミで人気の市販白髪染めは?

どれだけ事前にいろいろな情報を集めてみても、実際に使ってみないとその使用感や効果がわからないものってたくさんありますよね。

でもだからといって「それなら思い切って使ってみればいいじゃない?」というわけにはいかないものも、中にはあります。

特に髪や皮膚など、自分の体に直接つけるものはどうしても慎重に選びたいですよね。

髪を染めるときに利用する市販の白髪染めも、自分の大切な髪に直接塗布するものだから、どういうものなのかをきちんと確認してから使いたいもの。

そんなときにとっても便利なのが、実際に白髪染めを利用した人たちがその感想を掲載する口コミなんですよ!

では口コミで人気の市販白髪染めとは、どのようなものなのでしょうか。

フェリア3Dカラー

口コミで根強い人気を誇っているのは、ロレアルパリの「フェリア3Dカラー」。

光が当たるたびに髪色が立体的に変わる、新感覚のヘアカラーです。

カラー展開の種類も多く、他にはないニュアンスカラーが出せると評判です。

付属のシャイン&モイストパックが髪をしっとりサラサラにしてくれることも人気の理由の一つになっているようですよ!

SALAグロスカラー

また染毛剤の香りが気になるという人に人気が高いのが、SALA(サラ)「グロスカラー」。

健康的なツヤ感のある髪に染め上げてくれるだけでなく、キューティクルをしっかりと保護してくれるから髪の傷みへの影響が気になる方にも安心です。

また染毛剤の香りもあのSALAの香り!独特のツンとくる香りが苦手な方から、口コミでは高い支持を受けているようです。

市販の白髪染めの口コミには、これ以外にもたくさんの商品に関する情報が掲載されています。白髪染め選びに迷ったら、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

白髪染めの口コミは?

少しでも自分を若く、そして美しく見せるために多くの人が利用する市販の白髪染め。

でも、気になる白髪をキレイに染めてくれる市販の白髪染めはどれ?と、商品選びに迷う人は多いものです。

そんな商品選びの参考になる、市販の白髪染めの口コミ体験談をご紹介しましょう。

Aさんは39歳の女性。前髪などの生え際や分け目に白髪が目立ち始めたことから、初めて市販の白髪染めを使用しました。

選んだのはシエロ「ヘアカラーEX」です。

初めてでも塗りやすく色持ちが良い!

市販の白髪染めを使うのは初めてだったので、使いやすそうなクリームタイプのシエロにしました。

付属のブラシにプッシュすると2液が直接出てくるので、手間なく気になる白髪の部分にサっと塗ることができました。

液の伸びもとても良いので、初めてでも塗りやすかったです。

染毛剤特有のツンとくる臭いは少しありましたが、そんなに気になるほどではありませんでした。

初めてでしたので、放置時間も説明書どおりにして洗い流しました。

その後、髪を乾かしてビックリ!

気になっていた部分にもしっかりと色が入っているだけではなく、パサパサせずにしっとりと艶のある仕上がりになっていました。

またうれしかったのが、シエロは使い置きができるという点です。

気になるポイントだけで使う場合は、なかなか一度で使い切ることができないと思うのですが、使いたい分だけ使って残りは次回にとって置けるのは、コストパフォーマンスが高くていいと思います。

それに染めて2週間経っても染めた色味に変化がなく退色を感じないのと、色持ちがよさそうなのもとても気に入りました。

これなら今後も使い続けてみたいと思います。

(女性 39歳)



失敗しない白髪染め選び!【白髪染め体験おすすめランキング】

rank1 rishiri007
【染まりがよく肌にもやさしい】
いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです!
【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】
rishiri004
↓
公式ボタン

 

 

sikiri

 

 

facebookはじめました

関連記事

  1. 白髪染めの使用方法や頻度とは?【男性用と女性用の違いは?】
  2. 白髪染めの選び方とは?男性用は何色が良い?【選ぶポイントは?】
  3. 白髪染めの選び方で失敗しない方法とは?【おすすめはどれ?】
  4. 利尻ヘアカラーとルプルプの違いとは?【昆布の白髪染めを比較】
  5. 白髪染めの市販と美容院の違いって?【綺麗な染め方とは?】
  6. 白髪染めは妊娠中や授乳中でも使って良いの?【影響は無い?】
  7. 白髪染めと髪染めの違いは?【市販のヘアカラーでも染まる?】
  8. 白髪染めシャンプーのおすすめはどれ?【口コミで人気なのは?】
  9. 白髪染めの選び方のポイントとは?【ランキングで人気なのは?】
  10. 白髪染め低刺激ヘアカラーは髪を傷めないって本当?【口コミは?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)