白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】

白髪染めの選び方で失敗しない方法とは?【おすすめはどれ?】

白髪染め選びで失敗しないためには?

年齢を重ねるに従って出てくる白髪。白髪染めを求めてお店へ行きますが、いざ見てみると、いろいろな色があります。

昔と比べて、今はバラエティーに富んだ色がたくさんあります。選ぶ色がたくさんあるのは楽しいのですが、たくさんありすぎて、自分に合う色を見つけることは、結構難しくなってきます。

「この色がいい」と思って使ってみると、がっかりすることもよくあります。それに、毛染めの方法も何種類かあるので迷います。

毛染め液がクリームタイプで、お皿の上に出して刷毛で混ぜ、髪の毛に付けていくタイプと、液体になっていて、容器に出して混ぜ、そのまま髪の毛に付けるものがあります。

ここ最近では、泡タイプのものも出てきました。それまでは、くしや刷毛で髪の毛に毛染め液をつけていたのが、泡を手に取ってそのまま髪の毛に付けて馴染ませていくというタイプです。色だけではなく、使い方もいろいろなタイプがあります。

こんなに多種多様な白髪染めが出てきていますから、迷いますし、失敗もしやすいといえます。毛染めの色で失敗しないためには、どうすればいいのでしょうか?

 

サンプルを参考に、自分の髪色を認識して選ぼう

店頭では、毛染め商品のところに色のサンプルがあります。

普通はこれを基準にして選びますが、ここで注意することがあります。それは、見本通りに発色させることは難しいということです。

というのも、自分の毛とサンプルの毛は違うということです。髪の毛というのは、人ぞれぞれの色を持っています。自分の髪の毛の色が基本的にどんな色なのか、真っ黒い毛の色なのか、それとも少し栗色がかかっているのか?

それによって、毛染めをした後の色具合が変わってきます。

見本の色は、あくまでも見本であり、白髪を染めた場合の発色性をみせるまでのものです。

例えば、真っ黒い髪の色であれば、見本通りに発色させることはできないのです。ですから、白髪染めを選ぶ時は、自分の髪の毛の色がどのような色なのか、質はどうなのか、また、白髪の量にも関係してきます。

白髪染めの色の場合は、染めたときに必ず発色の差が出ることを知っておきましょう。また、先ほど白髪の量にも発色が関係してくることを述べました。白髪染めは、白髪の量が少ないほど、暗めの色に仕上がる傾向にあるのです。

染めるということは、その薬剤によってある程度脱色しますが、黒い髪の毛は白髪と比べると、色を発色しにくいのです。これを考えると、白髪の量が多いほど、サンプル通りの色になるということになります。

基本的に、初めて白髪を染めるという人は、白髪の量が少ない場合は、一段階明るい色を選ぶといいでしょう。

逆に白髪が多いという人は、一段階暗めの色を選びます。そして、髪質ですが一般的に言うと、髪の毛が細く、柔らかい髪質の人は、白髪染めの色が浸透しやすく、サンプル通りの色が期待できます。

しかし髪の毛が太く硬い人は、色が付きにくい傾向があり、仕上がりは暗めに仕上がる傾向があります。

ここで注意ですが、色が付きにくいからといって、毛染めの色を浸透させる時間を長くすると、頭皮や髪の毛をいためることになるので止めた方が賢明です。

染めにくい人は、色を一段階明るめの色を選ぶようにするといいでしょう。毛染めは簡単に見えますが、意外と難しい面があり、工夫が必要のようですね。

yajirusi
公式ボタン

 

白髪染めで人気なのは?

今、お風呂に入りながら使える白髪染め商品がどんどん出てきていますね。ここでは、人気商品を少しだけご紹介します。

ルプルプ

ルプルプは、ヘアカラーの効果だけでなく、育毛という働きもある点が人気になっていると考えられます。

近年、男性だけでなく女性も育毛したいと考えている方は多いのではないでしょうか。実際に女性向けの育毛剤などが飛ぶように売れているというのが現実です。

男性も薄毛や抜け毛で悩んでいますが、女性ならより薄毛には神経を使います。「髪は女性の命」と言われるほどですから。

この育毛という点で、女性だけがルプルプを使っているのではなさそうです。男性も、このルプルプを使っている人がたくさんいます。

これは、家族のだれか、例えば奥さんがルプルプを使って、その良さを聞いて、自分も使ってみて良かったからという体験談が圧倒的に多いですね。

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントはルプルプのように、育毛の働きはないものの、依然人気がある白髪染め商品です。

その人気の理由としては、一度利尻ヘアカラートリートメントで白髪染めをすると、その後はだいたい5分程度で一気に染まってしまうという、その手軽さからのようです。

また、女優のかとうかず子さんが使っていて、この利尻ヘアカラートリートメントを絶賛しているというのも、多くの人に支持される理由ですね。

同じ昆布を使っている白髪染めとしては、成分的に言うと、ガゴメほどの強力な成分ではないということになるでしょうか。

レフィーネ

レフィーネですが、ルプルプや利尻ヘアカラートリートメントのように、今話題になっている昆布系の毛染めではありません。成分的に言うと、昆布系と違って全成分の約8割がトリートメント成分であるということです。

髪の毛のダメージケアをする成分にべリセアという、高機能化粧品の原料としても使われている成分や、頭皮環境を良好に保つために高麗ニンジンエキス、髪の保湿とトリートメント成分の浸透を助ける天然フルーツエキスが配合されています。高麗ニンジンエキスは、育毛剤によく使用されますね。

昆布系ではないにしろ、レフィーネはその色の豊富なところが魅力となっているようです。

その色の種類ですが、ナチュラルブラック・ダークブラウン・マロンブラウン・ローズブラウン・ライトブラウンという5色から選べます。

また、レフィーネのすごいところは、この色を自分で作ることができます。何色かを購入し、色を混ぜ合わせて自分に一番似合う色を作ります。これは、昆布系の毛染めアイティムと大きく違うところですね。

価格も昆布系とは格安の価格となっています。

 

ルプルプと利尻ヘアカラーの違いは?

昆布系の白髪染めと言えば利尻ヘアカラーが有名でしたが、ルプルプが登場したことによって、白髪染めランキングも変わってきました。

ルプルプと利尻ヘアカラーの違いは肌への優しさとお手入れの手間にあります。

どちらも肌と髪の毛に優しい白髪染めではありますが、Wフコインダンを配合しているルプルプの方が優しい成分となっています。その為、超敏感肌の方でもトラブルなしに使う事が出来ます。

効果・染まり具合に関してはルプルプと利尻ヘアカラー両方とも同じくらいです。一番の差はお手入れ間隔。利尻ヘアカラーは2日に1回のお手入れを推奨しています。1ヶ月で15回のお手入れが必要になるという事ですね。

これに対してルプルプは1週間に1回のお手入れでOK。月たったの4回のお手入れで髪の毛を常に同じ色に保つ事が出来るのです。

利尻ヘアカラーのケア方法は簡単ではありますが、さすがに2日に1回のペースでお手入れが必要になるのは面倒だと思います。

一回あたりの染める時間は両者互角の10分程度。ルプルプも1回たったの10分間でケアが可能ですので、月のお手入れ時間はたったの40分と時間がかかりません。

忙しい方でも時間を割くことなく白髪を染めていけるのは大きなポイントと言えるでしょう。



失敗しない白髪染め選び!【白髪染め体験おすすめランキング】

rank1 rishiri007
【染まりがよく肌にもやさしい】
いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです!
【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】
rishiri004
↓
公式ボタン

 

 

sikiri

 

 

facebookはじめました

白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】 > 【必見】白髪染めの賢い選び方 > 白髪染めの選び方で失敗しない方法とは?【おすすめはどれ?】

関連記事

  1. 白髪染めの選び方とは?男性用は何色が良い?【選ぶポイントは?】
  2. 利尻ヘアカラーとルプルプの違いとは?【昆布の白髪染めを比較】
  3. 白髪染めの市販と美容院の違いって?【綺麗な染め方とは?】
  4. 白髪染めの市販はどれがおすすめ?【種類や選び方は?】
  5. 白髪染めは妊娠中や授乳中でも使って良いの?【影響は無い?】
  6. 白髪染めと髪染めの違いは?【市販のヘアカラーでも染まる?】
  7. 白髪染めシャンプーのおすすめはどれ?【口コミで人気なのは?】
  8. 白髪染めの選び方のポイントとは?【ランキングで人気なのは?】
  9. 白髪染め低刺激ヘアカラーは髪を傷めないって本当?【口コミは?】
  10. 白髪染め泡タイプはきれいにそまる?【クリームより良い?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)