白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】

白髪染めの市販と美容院の違いって?【綺麗な染め方とは?】

白髪染めおすすめはコレ!【10商品試した私の本音!】

rank1 rishiri007 【染まりがよく肌にもやさしい】 いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです! 【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】 rishiri004
↓
公式ボタン

 

白髪染めで上手に染めるコツとは?

自宅で空いている時間に手軽に行えることや、美容院で染めるよりもかなり安価で済むことから人気の高い市販の白髪染め。

でも美容院でプロの手で染めてもらうわけではないため、キレイに仕上げることができるかちょっと心配、という方も多いのではないでしょうか。

そこで市販の白髪染めで上手に染めるコツをご紹介しましょう。

①髪をしっかりと乾いた状態にしておく

まず白髪染めをする前に大切なことは、髪をしっかりと乾いた状態にしておくということ。

髪が濡れていたり、ムースやワックスなどがついた状態で市販の白髪染めを使うと、染毛剤が垂れてきたり色ムラになってしまうことがあります。

できるだけしっかりと乾いた、また整髪料がついていない素の髪の状態にしておくことがキレイに染め上げるコツの一つなのです。

②ブロッキング

パッチテストを行なって肌がかぶれないことを確認したら、次に髪をきちんとブロッキングします。

まず前髪部分を三角に取ったらセンターラインを縦に分け、次に同じように横も左右の耳の付け根同士を結んだラインで分けます。

このように前髪以外を4つのブロックに分けると、根元まで染めやすくなりますよ。

ブロッキングをしっかりすることが、部分的な色ムラを防ぐコツになっているので、面倒でもここではキチンとブロッキングをするようにしてくださいね。

③染毛剤を塗るときのコツ

染毛剤を塗るときのコツは、まず根元を1センチくらい残しておくこと。いきなり根元から塗ってしまうと、根元の部分だけが明るく発色する逆プリン状態になってしまうことがあります。

ですから、特にプリン状態になっているときは、その根元部分は残しておいて、箱書きの規定時間を待ったあとで染毛剤を塗るようにするといいですよ!

④キレイに発色させるコツ

また染毛剤を塗ったあとは髪にサランラップを巻き、室温20度程度の暖かい室内で待つのが、キレイに発色させるコツです。寒い時にはドライヤーなどを使って髪を少し温めると待ち時間を短縮できます。

⑤仕上げのコツ

最後に仕上げのコツを。全体が希望している色になったら、洗い流す前に少し髪を濡らした状態で髪全体をもみこんで乳化させてください。

これが色持ちを良くし、地肌の薬剤をキレイに落とすコツ!

乳化できたら全体を洗い流し、シャンプー&リンスをして乾かせば完成です!

 

泡の白髪染めの評判はどう?

さまざまな種類が販売されている市販の白髪染め。従来から販売されているものには、クリームタイプやジェルタイプ、ミルキータイプが多いのですが、最近は泡で染めることができる泡の白髪染めもよく見かけるようになりました。

そんな市販の泡の白髪染めの評判とは、いったいどうなっているのでしょうか。チェックしてみましょう!

市販の泡の白髪染めの評判を口コミなどでチェックしてみると、使いやすさでかなり高い評価を受けています。

泡の粘性が高いために髪にしっかりと密着して液ダレしてこないことから、部屋やお風呂場を汚す心配がないことがウケているようです。

また泡タイプはクリームタイプのように髪に塗布する必要がなく、泡の状態で出てきた薬剤を髪に乗せて、クシュクシュと揉みこむだけで髪全体にしっかりと薬剤をいきわたらせることができるのも人気のポイント。

塗布するタイプの場合はどうしても部分的に薬剤の量に偏りが出てしまうものですが、泡タイプは薬剤を均一に髪にいきわたらせることができるので、染め上がりの色ムラの心配もありません。

色ムラになりにくいというのは、市販の白髪染めの重要なポイントですよね!

またこうした便利さや仕上がりのよさのほかにも、クリームタイプやミルキータイプと比べて洗い流すのがラクだという声もよく聞かれます。

ただ、室温が低い状態で泡の白髪染めを使用した場合、しっかりと泡の状態で出てこなかったり、泡が液化して液ダレすることがあるようなので、寒い場合は部屋を暖かくしたり染毛剤を少し温めるなどの対策を取ったほうが良いみたいです。

yajirusi
公式ボタン

 

天然成分の白髪染めとは?

白髪を染めたり、髪をカラーリングするときにあなたが気になることはなんでしょうか。

化学薬品を塗布することで、髪や地肌を傷めることになるのでは・・・と心配される方が多いのでは?

白髪染めは大切な自分の髪や肌に直接つけるものだから、できることなら傷めたり傷つけたりすることのない、影響の少ないものを選びたいものですよね。

そんな自然派志向の高い人たちに選ばれているのは、天然成分の市販の白髪染めです。

でも天然成分とひとくちにいっても、いったいどのような成分が使われているのでしょうか。

天然成分の市販の白髪染めにも当然のことながら髪を染める成分が含まれているのですが、その成分には天然植物色素が使われています。

それぞれの商品によって差はあるものの、ウコンやクチナシなどの天然植物の色素を使って髪を染める仕組みになっていて、髪や地肌を傷める酸化剤や酸化染料を含んでいないものが多いのです。

そのため、髪や肌に負担をかけることなく髪を染めることができるようになっているんですよ!

ただ、やはり天然成分の市販の白髪染めは、化学薬品を使用したものと比較すると染め上がりに差は出るようです。

天然成分であるために、一度にしっかりと染め上がるというわけにはいかない場合もありますが、逆に天然成分であるために期間を空けることなく頻繁に気軽に使用できるので、回数を重ねることでしっかり染め上げていくという使用方法になります。

多少の手間がかかることは否めませんが、髪や肌にかかる負担のことを考えると天然成分の市販の白髪染めを使うことは、体のためには良いことなのではないでしょうか。

 

白髪染めシャンプーの使い方は?

髪を思う色に染めるために、白髪染めを買って染毛剤を髪に塗って・・・時間を置いて髪を洗って。こんな風に手間も時間もかかるのが大変で面倒だ!と感じていらっしゃるあなた。

仕事や家事など、何かと忙しい毎日の中でわざわざ時間をとって髪を染めるのって、なかなか大変なことですよね。

でもそんな大変な白髪染めを、シャンプーで手軽に出来る商品が市販されているんですよ!

そんな手軽で便利な市販の白髪染めシャンプーの使い方とは、どのようなものなのか確認してみましょう。

市販の白髪染めシャンプーは、通常の白髪染め剤のように化学薬品によって髪色を変えるものではありません。

通常のシャンプーのなかに、塩基性色素であるイオンカラーと植物色素成分が配合されているものです。

一度の使用でしっかりと髪を思い通りに染め上げるというものではなく、毎日使用し続けることで少しずつ髪色を染めていくというものです。

髪や肌を傷める酸化染料が配合されていないのに加えて、弱酸性でトリートメント効果の高い成分が含まれているので、髪や肌に負担をかけることなく髪を染めることができるようになっているのです。

そんな市販の白髪染めシャンプーの使い方は至ってカンタン。

あなたが普段入浴する際に使っているシャンプーと同じように手に取り、髪を洗うだけでいいのです。

ただ一つだけ注意したいのが、洗髪後に洗い流す際にはお湯が透明になるまでしっかりすすぐということ。

この点に注意するだけで、毎日普通にこの市販の白髪染めシャンプーで洗髪すると、少しずつ髪が染まっていきます。

毎日のシャンプーで髪が染まるなら、とっても手軽で便利ですよね。

白髪染めが面倒な方には、市販の白髪染めシャンプーがピッタリなのではないでしょうか。

yajirusi
公式ボタン

 

白髪染めを使う頻度は?

少しでも若く、そしてきれいに自分を見せたいと願う人にとって、常に強敵となるもの。それは気付くとチラホラと目立つ白髪!

一般的に30代後半から増え始めると言われている白髪ですが、まだ本数が少ないうちは隠したり抜いたりして目立たないようにできるものの、フェイスラインの生え際や分け目などに目立つほどに生え始めると、なかなか隠せなくなってしまいますよね。

こうなってくると市販の白髪染めを使って、自宅でケアする方が多くなるのが現状ですが、みなさんはどの程度の頻度で市販の白髪染めを利用されているのでしょうか。

ある調査によると、30代から60代の多くが、平均3週間に一度髪全体に白髪染めを使っているという結果が出ています。

それでも髪が伸びれば根元が白く目立ってしまう白髪。

そんなときは部分染めやリタッチ専用の白髪染めを利用して目立った部分を染め、また3週間経つと全体を染め直すのだとか。

髪の伸びる速さや白髪の量などによって個人差はあるでしょうが、平均的に3週間に一度の頻度で手間と時間をかけて市販の白髪染めで全体を染めている方が多いということなのです。

また中には、月に一度は美容院で全体の白髪をしっかりと染めてもらい、次の美容院予約までの間のつなぎとして市販の白髪染めをときどき使うという方や、天然成分の市販の白髪染めを利用して毎日トリートメント感覚で染めているという方もいらっしゃいます。

いずれにしても、多くの方が時間と手間をかけて白髪をこまめにケアされているようです。

 

市販の白髪染めと美容院の違いは?

髪色を変えたい!白髪を染めたい!そう思ったとき、あなたは自宅で市販の白髪染めを使って髪を染めますか?

それとも美容院でカラーリングをするでしょうか。

市販の白髪染めと美容院の違いは何と聞かれると、多くの方が思い浮かべるのは料金の違い。

一箱数百円から千円程度で販売されている市販の白髪染めに比べて、美容院でのカラーリングは数千円から1万円程度かかる場合もありますよね。

でもこの両者の違いは金額面だけなのでしょうか・・・。

じつは、市販の白髪染めと美容院で使われている染毛剤とは質が違うと言われています。

市販のものは誰が使ってもある程度きれいに染めることができるように、強い薬剤が使われていることが多いようです。

また染毛剤は1液と2液を混ぜて使いますが、市販の白髪染めの2液にはモノエタノールアミンというものが多く使われているのに対して、美容院の2液にはアルカリ剤としてアンモニアが多く使われています。

この両者を比較すると、モノエタノールアミンのほうが髪に残留しやすい性質を持っていて、弱酸性のほうが健康的である髪にアルカリ性物質であるモノエタノールアミンが残留することで、髪を傷めやすくなることがあるのです。

こうした染毛剤の質のほかにも、髪のプロである美容師と素人という染め手の技術のかなりの違いも、仕上がりに大きな影響を与えます。

もちろん市販の白髪染めでも、ブロッキングなどの手順をしっかりと踏まえて丁寧に染め上げ、後のトリートメントなどのケアをきちんと行えば、ある程度は髪の傷みを防ぐことはできます。

また市販の白髪染めの大きなメリットは、自宅で空いた時間を利用して染められるという点にもあります。

市販の白髪染めと美容院の違いには、金銭面や質の違い、拘束時間の違い、また技術の差など実にさまざまな面があります。

どちらにもメリット・デメリットがありますので、しっかり比較したうえで自分に合ったものを選ぶようにしたいですね。

 

男性は美容院と自宅どちらがおすすめ?

男性が白髪染めをする場合には自宅で行うか、美容院でやってもらうか、どちらがお得で、どちらがおすすめなのでしょうか。

その判断には両方のメリットを知っておく必要があるでしょう。美容院で行う場合は、何と言ってもプロの技術で行ってもらうことができる点にあります。

白髪染めの際にどうしてもつきまとうことになるムラの悩みもありませんし、単に黒く染めるだけでなく、好みの色で染めてもらうこともできるでしょう。白髪の悩み解消から、一歩踏み込んでオシャレを楽しむことができるのです。

一方自宅で行う場合は、コスト面と手軽さが大きな魅力です。美容院でやってもらうと数千円かかるものも、自分で行えば数百円程度で済みます。

また美容院へ行くのが面倒くさい、気が引ける、あるいは仕事が忙しくてなかなか通う機会がないというケースも多いもの。自分のペースで白髪を染めていくことができるのが、大きな魅力となります。

結論としては、美容院に通える環境にあって、より見栄えのよい仕上がりを目指したい場合には美容院を。手軽に自分で行いたい場合には自宅で行うことをお勧めすることになるでしょう。

部分染めなど、染め具合が難しい場合など、白髪の状態によっても美容院か自宅かを選択する余地が出てくるでしょう。

選択に悩んでいる人は、一度美容院に行って実際に施術を受けてから自分で行った場合と比較検討するという方法もあるのではないでしょうか。

yajirusi
公式ボタン

 

昆布の白髪染めの口コミは?

昆布の白髪染めは、その自然成分が髪の毛に働きかけて優しく染め上げます。

昆布は、昔から髪の毛に優しい成分がたっぷり含まれているといわれています。ですから、白髪染めの口コミの中でも、常に愛用している方がたくさんいます。

あなたは、昆布の白髪染めの口コミを聞いたことがありますか?

昆布の白髪染めをしたら、髪の毛にはりがでてきます。

普通、白髪染めをしたら髪の毛がパサパサしたり、つやをなくしたりしやすいのです。けれども昆布の白髪染めならば、滑らかなつやをキープできるのです。

昆布の白髪染めの口コミで、また評価が高いのが、昆布の天然成分の働きです。

昆布の天然成分の働きのおかげで、化学的な材料で作られたものとは違った優しさがあるのです。

特に、白髪染めをして、過去にかぶれたり湿疹ができたりされた経験のある方は、白髪染めを使うのにとても神経質になってしまいます。

また、今回もかぶれたり湿疹ができたりするのではないかと思うからです。

しかし、昆布の白髪染めの口コミではそのような意見はみられません。

白髪染めをして、かぶれたり湿疹ができたら、次回からはその白髪染めを使えなくなってしまいます。

しかし、実際には、髪の毛や地肌に優しい白髪染めは少ないものです。何かしら、地肌や髪の毛にトラブルがおきがちです。

そんなお悩みを持たれている方は、ぜひ昆布の白髪染めをお試しください。

お肌や髪の毛に優しい、昆布の白髪染めの天然成分の働きを実感できるはずです。ですから、昆布の白髪染めは、多くの方に愛用されているのです。

 

生え際の白髪染めの選び方は?

生え際の白髪染めを選ぶにも、白髪染めの口コミで役に立つ情報が分かります。

白髪染めを1回使用しても、またすぐに生え際が白くなってしまいます。ですから、年中白髪染めをしなければならないのです。

生え際の白髪は、人目にもつくために気になってしまいます。

そんなときに白髪染めの口コミを見たら、生え際の白髪染めをどうやって選んだらいいのか、詳しいアドバイスがのっています。

現実に多くの方が、すぐに生えてくる生え際の白髪に悩まれているからです。

生え際の白髪染めをするのに、わざわざ全体染めを使っていたら、時間がかかってしまいます。

それに、全体染めでは生え際の白髪がきれいに染まらないこともあるのです。

ですから生え際の白髪を染める際には、部分染めの白髪染めをお使いになることをおすすめいたします。

部分染めの白髪染めで、生え際の白髪染めをしたら、かなりきれいに染められます。

また、生え際の白髪染めをする際には、マスカラタイプのスティック状の白髪染めが、使いやすくて人気があります。

白髪染めの口コミでも、このようなマスカラタイプのスティック状の白髪染めに人気が集まっています。

マスカラタイプのスティック状の白髪染めは、いつでもどこでも使うことができます。たとえば、お出かけ前に白髪を見つけたときにも、簡単に使っていただけるのです。

わざわざ、髪の毛を洗ったりシャンプーをする必要もありません。まるで口紅を塗るように、手軽に塗っていただけます。



失敗しない白髪染め選び!【白髪染め体験おすすめランキング】

rank1 rishiri007
【染まりがよく肌にもやさしい】
いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです!
【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】
rishiri004
↓
公式ボタン

 

 

sikiri

 

 

facebookはじめました

白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】 > 【必見】白髪染めの賢い選び方 > 白髪染めの市販と美容院の違いって?【綺麗な染め方とは?】

関連記事

  1. 白髪染めの使用方法や頻度とは?【男性用と女性用の違いは?】
  2. 白髪染めの選び方とは?男性用は何色が良い?【選ぶポイントは?】
  3. 白髪染めの選び方で失敗しない方法とは?【おすすめはどれ?】
  4. 利尻ヘアカラーとルプルプの違いとは?【昆布の白髪染めを比較】
  5. 白髪染めの市販はどれがおすすめ?【種類や選び方は?】
  6. 白髪染めは妊娠中や授乳中でも使って良いの?【影響は無い?】
  7. 白髪染めと髪染めの違いは?【市販のヘアカラーでも染まる?】
  8. 白髪染めシャンプーのおすすめはどれ?【口コミで人気なのは?】
  9. 白髪染めの選び方のポイントとは?【ランキングで人気なのは?】
  10. 白髪染め低刺激ヘアカラーは髪を傷めないって本当?【口コミは?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)