白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】

白髪染めの選び方とは?男性用は何色が良い?【選ぶポイントは?】

白髪染めおすすめはコレ!【10商品試した私の本音!】

rank1 rishiri007 【染まりがよく肌にもやさしい】 いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです! 【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】 rishiri004
↓
公式ボタン

 

自分に合った白髪染めの選び方は?

00009

「最近、白髪が増えてきたから白髪染めをしてみたいけど、どれを選んだらいいのか分からない…」と考える人も多いでしょう。

特に男性の場合は仕事柄、これまで髪を染めたことがない人も多いでしょうから、難しいかもしれませんね。では、どのようにメンズ白髪染めを選んだらいいのでしょうか。

スタイルに合った白髪染めを選ぶ

まず、自分のスタイルに合った白髪染めを選ぶようにしましょう。

例えば、月に一回きちんと髪染めをするのがいい人もいます。逆に、白髪染めシャンプーを毎日使う方が自分に合っているという人もいるでしょう。

本来はシャンプーで毎日少しずつ染めたいけれど、お風呂のとき位はリラックスして自分の好きなシャンプーを使いたい場合だってありえます。

白髪染めは一回で終了する関係ではありません。長い期間にわたって使っていくものですから、ずっと続けられる無理のないスタイルで染めるようにしたいものです。

この点で最近人気なのは、髪に朝クリームを付けて、光に反応させて髪を染めるタイプの白髪染めです。ヘアクリームとして使え、臭いも少ないので人気になっています。

カラーを選ぶ

また、白髪を染める色も選ぶ必要があります。女性用の白髪染めには明るいパープルなどもありますが、メンズ白髪染めにはこうしたカラーはありません。

それでも、黒だけでなく明るめのブラウンなどがありますから、自分の職種にそぐわないカラーにならないように選ぶ必要があります。

髪のカラーは意外に明るめに出ますから、希望カラーより暗めの色を選んだ方がいいでしょう。

 

男性用白髪染めの種類は?

00001

最近は女性だけではなく、男性も使用することが出来る白髪染めが沢山あります。今回は男性にもおすすめできる白髪染めを紹介していきます。

ヘアカラートリートメントタイプ

まずおすすめしたいのが、白髪染めだけではなくてトリートメント効果も兼ね備えているヘアカラートリートメントタイプのものです。

トリートメントと聞くと女性のものの様に思われるかもしれませんが、使い方も簡単ですし、めんどくさがりな男性や、簡単に染められるものが良いという方にもおすすめですよ。

美容成分や天然色素が沢山配合されているものが多いので、髪の毛には無頓着な男性でも白髪染めとして使用するだけで、使うたびに髪の毛につやとこしが出てきます。

光で染めるタイプ

次におすすめするのが、光によって染め上がっていくタイプのものです。こちらは朝塗って夜まで放置するだけなので、トリートメントとかはあまり好きではない…という男性にとっても良いのではないでしょうか。

光還元反応を持つ銀イオンが配合されていて、銀イオンが光を吸収し、金属銀微粒子に変化し髪に吸着した後しっかりと発色しますので、綺麗に染めることができます。朝忙しい男性には良いのではないでしょうか。

シャンプータイプ

最後におすすめするのが、シャンプータイプのものです。こちらはシャンプーとヘアパックになっていて、カラーリングやヘアトリートメントなんかは面倒…という男性にはとってもおすすめです!

毎日のシャンプーをこれに変えて洗髪をするだけで、自然と髪色が染まっていくというものなので、即効性はないのですが徐々に自然に染め上げたいという方にもおすすめ。またシャンプーとしてもきちんと機能してくれます。

自分の用途や頭皮の環境によって変わってくるものなので、まずはしっかりと自分の頭皮状態を把握してから選ぶようにしましょう。

 

白髪染めを選ぶポイントは?

0036

白髪染めの選び方は男性も女性もほとんど同じです。

何に重点を置いて選ぶのかによっても、その白髪染めの種類は違ってきます。できるだけ手早く、そして簡単に白髪を染めたいと思っている人も多いのではないでしょうか。そうなると、やはり手軽に出来る白髪染めを選んだほうがいいですよね。

手軽な物を選ぶなら、1剤と2剤を一つのボトルに入れた物を混ぜ、そしてブラシになっているキャップを使って染めるという手軽に出来るヘアカラーがお勧めです。

またメンズ用の泡タイプも髪全体に泡をもみこむだけなので、手軽にできます。

メンズとレディース何が違うのかというと基本的には違いません。ただ、男性好みの色があるかどうかという点や染まり易さ位ものだと思います。

女性の髪の毛に比べると男性の髪の毛のほうが、硬くて太いという人は多いと思います。もちろんそうではない人もいますが、ですから少し成分が強めになっていたりするケースもあるかもしれませんね。

男性がメンズヘアカラーを選ぶ際も、自分の髪質には気をつけて選んだほうがいいでしょう。

箱に書かれている仕上がりのイメージの色は、標準の毛質の人を対象にしていますから、やはり太い人や硬い人はそのままをイメージしてもそれほど染まらないことのほうが多いです。

ですから、細い人はワントーン暗い色を選ぶ、太くて固い人は、ワントーン明るい色を選ぶと、ちょうど希望する色になるでしょう。

yajirusi
公式ボタン

 

男性が選ぶ白髪染めとは?

白髪を染めるという機能においては男女の区別はありませんので、男性が女性用の白髪染めを使っても別段問題はありません。

しかし、やはり同じ白髪染めであっても、男性と女性では主に求められる性質が違うのは確かです。

女性と違って、男性が白髪染めをする場合は、あまり染め上がりの美しさや、髪質のトリートメント、指通りの良さなどは重視されません。

どちらかと言えば、これらの部分より、手軽さや素早さが求められる傾向があるようです。

女性の場合、染め上がった髪が美しくあることを強く求められますが、男性は年齢を感じさせないように白髪を隠せれば良いという事が、この傾向を生み出しているのでしょう。

こういった需要に応えてか、「男性用白髪染め」と銘打ったものは、

◆ワンプッシュで2剤が出てきてそのまま使えるもの。

◆染色時間が5分程度と非常に短い時間で染まるもの。

◆染色後の洗い落としが必要ないもの。

など、「手間がかからない」「素早く染まる」という特徴を前面に押し出した商品が多く販売されています。

また、女性用の白髪染めにはハーブや花の香りなど、甘い香りや華やかな香りをつけてあるものが多いのですが、男性用ではあまり甘い香りを好まれないため、無香料の物が多いようです。

手早く手間なく染めたいという関係から、頭皮に薬剤が付かないよう注意を払いつつ染色するのは難しい部分もあります。

このため、頭皮への影響が少なく、気楽に使用できる低刺激タイプも男性用として好まれる傾向があります。

 

白髪染めシャンプーが男性におすすめ?

男性が白髪染めを行う場合は、急に染めることで周囲から注目されるのが嫌だという理由で、つい躊躇ってしまう人もいるようです。

また、不自然に黒髪であるよりは髪の毛が白いままでも良いと考える人もいるかもしれません。

そこで、男性用の白髪染めでは、白い部分と上手く馴染んでいくような方法が好まれるのです。

たとえば、白髪ぼかしなどが良い例です。

これは理髪店などでも行っている方法ですが、白い髪の毛をまったくの黒髪に変えてしまうのではなく、白い部分を目立たなくなるように周囲の色に合わせていくことで若々しい印象を取り戻すことができる方法です。

これならば、急に全体が黒髪になって周りを驚かせることもなく、白い部分が目立たなくなるだけで、全体の印象を若返らすことができるのです。

また、同様の理由で、自宅でできるシャンプータイプの白髪染めも人気があります。

とくに男性の場合は、液状タイプやムースタイプで定期的に自分で手入れをするのを面倒くさがる人も多いのです。

そこで、頭を洗うときに使うシャンプーを、白髪染めのものに交換するだけのタイプが好まれているのです。

シャンプータイプのものも、急に髪の毛の色が変わるのではなく、使っていくうちに徐々に染まっていくので目立つことなく行えるのが利点です。

また、使用頻度を調整することで、自分の好みの色合いを維持できるので、定期的に手入れをする必要もありません。

また、頭髪へのダメージも少ないので、繰り返し使用していけるのも利点です。

 

白髪染めを選ぶコツは?

男性用白髪染めの選び方は大きく分けて2つの方法があります。

白髪の状態に合わせて最適な製品を選ぶ

自分の白髪の状態に合わせるとは、白髪の量や範囲、度合いなどを踏まえたうえで選ぶということです。範囲がそれほど広くない場合には部分染め用なヘアカラーが適しています。

逆に広範囲に渡っている場合には、毛髪全体を染め上げる製品が必要になります。その場合、白髪の度合いがそれほど進んでいない場合にはトリートメントや、白髪染めシャンプーを使用すると手間もムラもなく染めることができます。

ですから、まず自分の白髪の状態を確認しておくことが選ぶ際に重要になるのです。

数ある製品の中から自分に合ったものを選ぶ

それから自分に合った製品選び。ヘアカラー、トリートメント、白髪染めシャンプー。どのタイプにもさまざまなメーカーからさまざまな製品がラインナップされています。

その中から自分に合った魅力的な製品を選ぶ必要があるわけです。判断の基準としては売上げや口コミランキング、口コミ情報そのもののチェック、あるいは使用されている成分などが挙げられます。

このように、男性用白髪染めの選び方は2つの手順を踏んで行うことがポイントとなってくるのです。世間で評価の高いものが必ずしも自分に合っているとは限らないというのが難しいところ。

周囲の意見は参考になりますが、最終的には自分の判断で行うことになります。それだけに正しい選び方を把握しておきたいところです。

 

カラーの選び方は?

kf153_72a

メンズ白髪染めも最近種類が豊富になってきました。

ヘアカラーもバリエーションがありますから、どの色に染めるか迷いますよね。では、カラーの選び方を解説していきましょう。

白髪の量

白髪染めは白髪だけに作用するのではありません。黒髪にも色を与えます。同じ白髪染めを使った場合、白髪の多い人は明るめに、白髪の少ない人は暗めに色が出るようです。

ですから、まだ白髪の少ない人は、イメージより一段明るめのカラーを選ぶようにしましょう。

「明る過ぎるな」と感じても、暗めに染め直すことがはできます。逆に暗めに染めた髪を明るくすることは難しいので、初めは明るめを選ぶのが基本です。

髪質

髪質も重要なポイント。猫毛のように細く柔らかい髪は着色しやすく、太くて硬い毛は染まりにくいという性質があります。ですから同じカラーを出すためには、定着時間を調整する必要があります。

同じ時間浸透させても、剛毛の人の場合は薄め、つまり明るめに色が出てしまうことが多いようです。その場合、長めに浸透させることもできますが、肌荒れの原因にもなるため、一段暗めのカラーを選ぶのも一つの方法です。

ライフスタイル

最後はライフスタイル。役所や金融機関など、いわゆる「固い」職業についている場合には明るめのカラーは避けたいと思うでしょう。暗めの落ち着いたカラーを選ぶことが出来ます。

こうした幾つかの要素を考慮して自分に合ったカラーを選びたいですね。

 

男性用白髪染めで注意する事とは?

男性の場合、髪質によっては20代から白髪が目立ち始める方もいるようです。

普段から髪を染めている方は白髪染めに慣れるのも早いようですが、髪を染めたことの無い方は白髪染めに戸惑うケースも多いようです。

加えて、薄毛の方がカツラを被るように、「若作り」に抵抗を持っている男性は少なくありません。

しかし、女性の意見を聞く限りでは、「白髪染めはマナー」として認識している声が大半のようです。

周囲の目が気になるのであれば、むしろ積極的に白髪染めを活用されることをおすすめします。

手軽に白髪を染めたいという方は、美容院で白髪を染めてもらっても良いでしょう。

しかし、市販の白髪染めもメンズ用のものが豊富に存在しますから、オシャレを楽しむつもりで自らをコーディネートしてみてはいかがでしょうか。

白髪染めにはいくつも種類があるので、どの商品を購入すべきか迷う方も多いと思います。

基本的には、有名ブランドの商品を選べば問題ありません。

ただし、皮膚のデリケートな方やアレルギーのある方は、頭皮が炎症を起こしてしまう可能性があります。

白髪染めに限らず、髪を染める際にはパッチテストを行うことをおすすめします。

髪を染める作業は、経験者(奥さんなど家族)にやってもらうと綺麗な仕上がりが期待できます。自分で行なう場合は、使用法をよく読んで正しい手順に沿って作業してください。

染料で周囲が汚れてしまう場合が多いので、お風呂場など掃除が簡単な場所で染めるように気をつけてください。

 

男性用白髪染めの疑問とは?

男性用白髪染めにも多数の製品が市場に並んでいる状況となっています。そうなると、さまざまな疑問を感じる人も多いでしょう。

どの製品が適しているのか、この製品はどのような魅力があるのか、など。そんな男性用白髪染めにつきまとう疑問について取り上げてみました。

まず多いのが種類に対するものです。ヘアカラーとヘアマニキュアは何が違うのかと思っている人も多いはずです。この違いはブリーチ作用にあります。

ヘアカラーの場合、毛髪に含まれたメラニン色素を分解し脱色する作用があります。そうすることによって、染料が毛髪の内部へと浸透ししっかりと染めることができます。

それに対してヘアマニキュアは毛髪の表面に染料を塗布するだけなので効果が表れにくいという違いがあるのです。ただし、ブリーチ作用は同時に毛髪を傷めるリスクもあるので、その辺の選択が重要になります。

それから白髪染め製品の種類。ヘアカラー、ヘアマニキュアだけでなくトリートメント、白髪染めシャンプーなどさまざまなタイプが売られています。

トリートメントは白髪染めと同時にトリートメント効果を備えているもので、毛髪のダメージを最小限に抑えつつ白髪を染めていくことができます。

白髪染めシャンプーの場合は、日々の先発の中で白髪を染めていくことかできるもので、毛髪全体をムラなく染めていくことができるというメリットがあります。

そして最大の疑問。どれが1番優れているのか。これはひとひとりの白髪の状態によって異なってきます。範囲や量などを踏まえたうえで、自分に最も適したものを選ぶことが重要になるのです。



失敗しない白髪染め選び!【白髪染め体験おすすめランキング】

rank1 rishiri007
【染まりがよく肌にもやさしい】
いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです!
【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】
rishiri004
↓
公式ボタン

 

 

sikiri

 

 

facebookはじめました

白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】 > 【必見】白髪染めの賢い選び方 > 白髪染めの選び方とは?男性用は何色が良い?【選ぶポイントは?】

関連記事

  1. 白髪染めの使用方法や頻度とは?【男性用と女性用の違いは?】
  2. 白髪染めの選び方で失敗しない方法とは?【おすすめはどれ?】
  3. 利尻ヘアカラーとルプルプの違いとは?【昆布の白髪染めを比較】
  4. 白髪染めの市販と美容院の違いって?【綺麗な染め方とは?】
  5. 白髪染めの市販はどれがおすすめ?【種類や選び方は?】
  6. 白髪染めは妊娠中や授乳中でも使って良いの?【影響は無い?】
  7. 白髪染めと髪染めの違いは?【市販のヘアカラーでも染まる?】
  8. 白髪染めシャンプーのおすすめはどれ?【口コミで人気なのは?】
  9. 白髪染めの選び方のポイントとは?【ランキングで人気なのは?】
  10. 白髪染め低刺激ヘアカラーは髪を傷めないって本当?【口コミは?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)