白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】

白髪染めで人気なのはどれ?ランキングで選ぶ【口コミ評判】

白髪染めおすすめはコレ!【10商品試した私の本音!】

rank1 rishiri007 【染まりがよく肌にもやさしい】 いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです! 【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】 rishiri004
↓
公式ボタン

 

今人気の白髪染めは何?

歳と共に目立ってきてしまう白髪。仕方が無いこととは言え、白髪混じりの髪はやはり年齢を感じさせてしまいます。

そんな時の味方が白髪染めですが、今はどんな白髪染めが人気なのでしょうか。

現在人気がある白髪染めの傾向としては、まず「素手でも扱える」というものがあります。

添えつけのビニール手袋で、手や肌につけないように染色するのは結構面倒。

その点、刺激物質を使わず、素手で扱っても大丈夫という白髪染めの人気が高まっています。

同じ要領で、刺激臭を伴わない、ハーブや花の香りの商品も人気があるようです。

これらに共通するのが、低刺激で髪や肌にダメージを与えないという点です。

せっかく白髪染めで若々しく見せようとしても、髪がダメージを受けてギシギシパサパサしていたのでは台無しです。

手軽さという点で人気が出ているのが、「泡タイプ」の白髪染めです。シャンプー感覚で染められ、泡である分染めむらが出にくいという利点があります。

また、「返金保証」の付いている商品も強い人気があります。

返金保証があるということは、それだけ商品品質に自信があるということですし、やはり万一合わない時に保証があるという安心感は大きいようです。

面白いところでは、「光発色の白髪染め」というものもあったりします。

これは染色をしたあと、日光に当たる過程で自然に発色していく素材でできており、全体的に耐久性が高いのが特徴のようです。

現在人気がある白髪染めにだいたい共通しているのは、「低刺激」「手軽」「髪へのケア効果」「返金保証」などの特徴を持った商品であるようです。

 

白髪染めの種類や特徴は?

白髪染めには、その染め方によって大まかに4つの種類が存在します。

ヘアカラー

カラーブリーチとも呼ばれるこのヘアカラーは、髪の毛に含まれる色素(メラニン)を分解漂白してから染料で色を浸透させるというスタイルを取ります。

一度元の髪色を漂白していますので、染色の自由度が高いこと、染色が非常に長持ちすることが特徴になります。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアはヘアカラーと違い、元の髪色に手を加えず、その上から違う色をコーティングするスタイルです。

ヘアカラーに比べて髪や頭皮への負担が小さいこと、髪のキューティクルを保護する効果があることが特徴と言えるでしょう。ヘアカラーに比べて染色時間が短い傾向があるのも特徴です。

ヘアスプレー

ヘアスプレーは言わば「短期的に使用する髪用スプレー塗料」です。部分染めや、ヘアカラー・ヘアマニキュアで退色してしまった部分の染めなおし、急ぎの際の染色に向いているタイプです。

とにかく手間がかからず、使いたい時にすぐ使えるので、急なお出かけの時などに重宝します。

染色シャンプー

毎日洗髪に使用することで自然に白髪が染まっていくシャンプーで、髪が伸びることで染まってない部分が出たりしないこと、髪を痛めたりしないこと、手間がかからないことが特徴と言えます。

この4タイプそれぞれに長所・短所がありますので、白髪染めを選ぶ際は、自分の用途・髪質・体質にあった特徴をもつ種類の白髪染めを選ぶと良いでしょう。

yajirusi
公式ボタン

 

白髪染めの口コミ体験談とは?

自分に合った白髪染めを選ぶ際に参考にしたいのが、宣伝や広告ではなく実際に使用してみた体験談です。

白髪染めは体質や髪の質によって効果が大きく変わって来る性質がありますので、人気のあるものが必ずしも自分にとって良いものとは言ません。

こういった場合に、口コミや体験談を簡単に探せるのがネットの良いところです。

「白髪染め 体験」「白髪染め 口コミ」などと検索すれば、個人の美容ブログや、口コミサイトなどがたくさんヒットしてきます。

ある特定の商品について知りたい場合などは商品名を含めて検索してみると良いでしょう。

特に個人の美容ブログなどでは、細かい使用条件や、使用した人の体質・髪質などをしっかりレポートしてくれている物がたくさんありますので、非常に参考になります。

同じ商品でもひとりだけでなく、何人もの人の感想とレポートを合わせてみれば、その正確な性質がつかめると思われます。

特に候補がない場合や、複数の商品を比較したいときは@cosmeなどの総合口コミサイトが良いでしょう。

たくさんの人が大量の製品に関して多数の口コミ感想を寄せていますので、総合的に評価が高い白髪染めや、逆に自分の体質・髪質に合った白髪染めを見つけ出すのにはうってつけの場だと言えます。

ここで自分に合いそうな白髪染めの目星をつけた上で、さらに細かく感想などが延べられている美容ブログを当たってみれば尚更確実です。

逆に、各種質問相談サイトで自分から「○○という白髪染めはどうでしょうか」と質問してみるのも手かもしれません。

 

白髪染めの選び方は?

白髪染めを選ぶ際に重要なのは、自分の用途や生活、体質・髪質に合っているかどうかです。

白髪染めはその染め方によって、

◆「ヘアカラー」

◆「ヘアマニキュア」

◆「ヘアスプレー」

◆「白髪染めシャンプー

の4種類に大別できますが、それぞれに染まり具合、持続期間、刺激性、取り扱い、染色時間などに特徴があります。

ヘアスプレー

急ぎのお出かけなどで、今すぐ目立つ白髪だけを染めたい、一日持てば良いというのであれば「ヘアスプレー」が最適です。

白髪染めシャンプー

特別な手間を掛けず、自然に違和感なく白髪を目立たないようにしたい、染めておきたいというのであれば、毎日の洗髪で自然と染色ができる「白髪染めシャンプー」が向いているでしょう。

ヘアカラー

多少手間がかかっても、しっかり染めて長期間持たせたい、今の髪色と違った色を楽しみたいという場合は、もとの髪色を脱色してからしっかり染める「ヘアカラー」タイプがおすすめです。

ヘアマニキュア

しっかり染めたいけど髪質への影響や、頭皮が過敏という人は「ヘアマニキュア」がおすすめのタイプとなります。

特に、皮膚の敏感度合いや頭皮の具合、髪質の細い太い、強い弱いは白髪染め選びで大きな要素になります。

薬剤に肌が過敏に反応したりアレルギー体質の人などは、

◆「天然素材」

◆「無添加」

◆「低刺激」

◆「素手で扱える」

といった特徴で選ぶと良いでしょう。

その他では薬液の性状も選ぶポイントに成ります。

伸びやすく、むらなく塗れる「液状タイプ」と、垂れたりしにくく、部分染めに向く「クリームタイプ」などがありますので、自分の使いやすい方を選ぶと良いでしょう。

yajirusi
公式ボタン

 

白髪染めのトリートメント効果は?

この頃増えているのが、白髪染めとヘアトリートメントの両方の効果が得られる商品です。

従来のヘアカラータイプ白髪染めは、髪の色素成分を脱色する過程で、髪のトリートメントに与える負担がかなり有りました。

染めたあとの髪がゴワゴワしたり、枝毛ができたりということがよく起きていたのに対し、トリートメント効果をもつ白髪染めでは、髪のダメージがあるどころか、却って効果が期待できます。

染めたあとの髪の手触りが明らかに違う、染色後に改めてケアする必要がないなどの感想が多く見られるのがその効果を物語っているでしょう。

トリートメントタイプの白髪染めでは、髪の毛に対するトリートメント効果はもちろんなのですが、案外、頭皮に対しての低刺激性も口コミでは嬉しい点として上がっていることが多いようです。

刺激性の強い白髪染めを使っていると、頭皮にかゆみが出たり、フケがよく出たりという悩みを持つ人が多いのですが、トリートメント白髪染めならばその点もちゃんとカバーできますので、皮膚が敏感な人や、アレルギー体質の人などにはもってこいだと言えるでしょう。

トリートメントタイプ白髪染めの多くに、ハーブや生薬などの天然成分を多く使っている関係上か、匂いが良く素手で直接扱えるという使用面での気軽さ、使いやすさ、気持よさというものも見逃せません。

◆これまでの白髪染めがどうにも髪に合わない。

◆頭皮が痒くなったりフケが出たりする。

◆手についたりするとカブれる。

◆手袋必須なのが面倒くさい。

◆刺激臭が気になる。

などでお悩みの人は、トリートメントタイプの白髪染めを試してみて損はないと言えるでしょう。

 

泡の白髪染めはちゃんと染まる?

このごろ出てきているのが、「泡タイプ」の白髪染め。この泡タイプは、

◆「むら無く染めやすい」

◆「垂れないので部分染めしやすい」

という利点があるようです。

中にはヘアケア効果も組み入れたものもあり、このタイプは染色後取り立ててヘアケアをする必要が無いというのも利点として挙げられるでしょう。

一方で、染色の強さと耐久力という点では、一歩弱い傾向があるのも確かなようです。

ただ、髪質によって染まりやすい染まりにくいの差がかなり有りますので、実際に一度試してみるのが確実だと言えます。

とにかく、手間がかからず、染めたいところをピンポイントで染めたり、全体をむら無く染めたりという使い勝手の良さが特徴になるのが「泡タイプ白髪染め」だと言えます。

その特徴を押さえて賢い使い方をするには、通常の液タイプやクリームタイプの白髪染めと組み合わせての使用が良いかもしれません。

最初の白髪染めや月に一度の染色では、しっかり染まる液状タイプやクリームタイプを使って染色し、上手く染めきれなかった場所や生え際、時間と共に伸びてきた白髪部分に泡状タイプで部分染めをするというスタイルが賢いやり方と言えるかもしれません。

特に、直接見えない頭の後ろ側や頭頂部などは、櫛の扱いに慣れていないと染めるのが難しいため、シャンプーの要領で泡立ててまんべんなく染色できる泡タイプの出番は多いと言えるでしょう。

全体に白髪があって、まんべんなく染めたいという人や、後頭部や頭頂部を上手く染めることができないという人、比較的染まりやすい髪質の人に向いているのが泡タイプの白髪染めだと言えるでしょう。

 

部分白髪染めの方法は?

年齢と共に増えてくる白髪。その白髪を若々しい黒やブラウンに染めて年齢を感じさせないのが白髪染めです。

美容院で染めてもらうにしても、自分で白髪染めを使うにしても、髪の毛は伸び続けるものですので、どうしても常に染まってない部分が新しくできてきてしまいます。

いわゆる「生え際」「頭頂部」の部分というのは、頭皮と直に接する部分でもあるため、あまり頻繁に刺激の強い白髪染めを使いたくないという事情も絡んできますので、白髪染めをしている人にとって悩みどころの部分です。

こういった、部分白髪の染色に向いているのが、クリームタイプや泡タイプの白髪染めでしょう。

垂れずにつけられるこのタイプの白髪染めは、生え際や頭頂部にピンポイントで塗って使うことができますので部分染めに向いています。

部分染めをする際の作業的な楽さという点で、素手で直接塗れる低刺激タイプのヘアマニキュアも向いています。

ヘアカラーに比べて脱色過程が無いヘアマニキュアは刺激が比較的少なく、頭皮への影響を余り考える必要なく生え際を染められる点、素手で扱えるので細かい部分を染色しやすいという点が部分染めに向いているでしょう。

なお、こういった皮膚や頭皮に近い部分の部分染めをする際のテクニックとして、境界部分の皮膚に油性のクリームなどを塗っておくという方法があります。

これなら誤って白髪染めが肌についた場合でも簡単に落とすことができるので安心して染めることができるというわけです。

そもそもこういった部分染めが面倒なのでやりたくないという人は、白髪染めシャンプーを使って、毎日自然に少しずつ染色していくという方法も良いでしょう。

yajirusi
公式ボタン

 

簡単な白髪染めの方法は?

白髪染めを使って染色する方法は幾つかありますが、そのうち最も簡単だと言えるのは「白髪染めシャンプー」の使用でしょう。

白髪染めシャンプー

繰り返し使うことでゆっくりと染色していくこの白髪染めは、時間こそ掛かりますが、特別な作業は一切必要なく自然に白髪を染めることが可能です。

使い続けることで、生え際の白髪染めもこなしてしまえるので、部分染めで苦労したりということがないのも魅力です。

染色力がそれほど強くはないので急ぐ場合や、全体が白髪の場合にはちょっと力不足ですが、まばらにある白髪を自然に隠すにはもってこいのタイプです。

ヘアマニキュア

次に簡単だと言えるのが、素手で扱える低刺激のヘアマニキュアタイプでしょう。

素手で扱えるので細かい部分や生え際の染色がしやすく、低刺激で皮膚への影響が少ないので、頭皮への影響をあまり考えないで良いという気軽さが利点です。

また、ヘアマニキュアタイプは髪を脱色・染色するのではなく、髪の表面に塗装膜をつくって着色する方式なので、染色にかかる時間自体が短いという特徴もあります。

近頃の低刺激ヘアマニキュア白髪染めは、手軽に染められる割に色持ちが良くなってきているので、利用者が増えつつあるようです。

ヘアカラースプレー

手軽さという点で圧倒的なのが、一吹きするだけで染色できるヘアカラースプレーでしょう。

色持ちが弱いという点がありますが、短期間の応急処置と考えれば非常に簡単に白髪染めができるアイテムです。

同じく短期間の応急用として、部分白髪染めに特化したヘアマニキュアもあります。

このタイプは塗布するためのコームと薬剤が一体化していたりで、開封即使用できる物が多くあります。

必要な時間もごく短時間ですので、急ぎの場合には重宝するタイプでしょう。

 

白髪染め口コミ人気ランキング

白髪染めの口コミで人気なのはどれなのでしょうか?

分かりやすいのは口コミサイトのランキングです。ここでは、主に人気の商品をご紹介します。

利尻ヘアカラートリートメント

大体の口コミサイトで一位になっているのが「利尻ヘアカラートリートメント」です。

利尻昆布の天然トリートメント成分を始め、オタネニンジン、カミツレエキスなど髪と頭皮に良い生薬、植物成分を配合しています。

染料も植物由来のクチナシエキスなどなので、非常に低刺激、手に直接出して使えるという安心感と便利さが人気の理由のようです。

2位か3位に食い込むことが多いのが「レフィーネ」。

こちらも低刺激とトリートメント効果がもたらす、染色後の仕上がりの美しさ、髪質の良さが人気となっているようです。

また、白髪染めにつきものの刺激臭がなく、代わりにクチナシの花の良い香りが漂う辺りも人気の理由でしょう。

2剤混ぜあわせなどの手間がかからず、何度でも気軽に使えるので、リタッチなどの部分染めにも使いやすく、これ一本でいろいろ済んでしまうという手軽さも魅力です。

他の白髪染めに比べて一回り価格が安く、全額返金保証が付いている点も見逃せません。

ピュアハーバル・ヘアカラー

同じく2位、3位を争うのが「ピュアハーバル・ヘアカラー」。

こちらも気に入らなければ全額返金保証が付いています。天然ハーブの配合で得られるトリートメント効果は、染め上がりの髪を美しく仕上げてくれます。

上2つと同じく天然成分・天然染料使用で低刺激ですので、素手で染色でき、頭皮にダメージを与えません。

エフキュア

3位を争うのは「エフキュア ヘアカラートリートメント」。全体の7割以上が美容成分という、白髪染めなのかヘアケア用品なのか分からないほどのトリートメント効果で、「毎日使っても問題ない」商品となっています。

yajirusi
公式ボタン

 

白髪染めおすすめランキングとは?

「白髪染め おすすめ ランキング」などでネット検索をかけると、色々なサイトでオススメの白髪染めを紹介してくれています。

このようなランキングを見てみますと、1~3位の上位に来るのは大体、

◆「低刺激」

◆「トリートメント効果で染め上がりが美しい」

◆「天然成分配合」

◆「天然染料使用」

◆「気に入らなかったら返金保証」

という条件を満たしたものが多いようです。

やはり、これまでの白髪染めの問題点であった、

◆「難しい」

◆「髪を痛める」

◆「頭皮に合わない」

◆「刺激臭が強い」

という問題をクリアした商品が人気を獲得しているようです。

体質や髪質によって合う合わないが分かれるのも白髪染めにはつきものなので、合わない場合の返金保証が付いているのもおすすめされている理由でしょう。

その他にオススメとして紹介されていることが多いのが、「光に当たると発色する」白髪染め。染色時間が短くて済むため、男性に人気が高いようです。

白髪染めというカテゴリには直接入らないのですが、白髪染めのおすすめランキングなどで紹介されていることが多いのが、黒髪の為のサプリメントです。

たしかに、白髪を根本的になくそうと思えば、外から染めるより内側から黒髪に戻したほうが確実かつ健康的です。

黒髪を保つのに必要な栄養分を配合したサプリメントは、白髪防止だけでなく、抜け毛・薄毛の防止や髪のコシツヤなど髪自体の健康を保つ効果もありますので、白髪染めと併用してみて損は無いと言えるでしょう。

 

無添加の白髪染めとは?

この頃人気になっているタイプの白髪染めが、植物成分や天然ハーブ成分中心で作られている低刺激タイプのヘアマニキュアトリートメントです。

この中でも特に肌や髪への刺激を抑えた商品として、パラベンや鉱物油の使用をしていない「無添加の白髪染め」があります。

無添加の白髪染めは、その主眼を髪のトリートメント効果や、頭皮の健康維持に置いています。そのため、化学的な染料や溶剤を使わないようにしているわけです。

通常、ヘアカラータイプの白髪染めではアレルギー症状などが出ないかどうかのパッチテストが欠かせません。

それだけ強力な化学成分や溶剤を用いているということですが、無添加タイプの白髪染めならばそういった心配は殆どありません。

ただし、自然由来の植物成分や生薬でも人によっては受け付けない場合もありますので、何らかの皮膚症状が出るようでしたら使用をすぐに辞めるべきでしょう。

こういった無添加タイプの白髪染めは、白髪染めにつきものの嫌な刺激臭が無いという利点もあります。

白髪染めの刺激臭は、染料や溶剤の臭いが主な原因ですので、クチナシエキスなどの天然染料を使っている無添加タイプ白髪染めでは不快感を持つことなく使うことが出来ます。

特に臭いは、家族などの不満につながりやすいので出来る限り抑えたいところです。

無添加の白髪染めにだいたい共通する特徴として、ヘアマニキュアタイプの染色方法を採用しているということが挙げられます。

これは、髪から元の色を脱色する成分が無いことから自然と決まってくることですが、その関係上、染色力では化学薬品を用いたヘアカラーに一歩負ける部分があります。

一回での染色度合いより、髪や肌への負担の方が気になる方に向いたタイプの白髪染めだと言えるでしょう。

yajirusi
公式ボタン

 

白髪染めを口コミで比較して選ぶ

白髪染めは目的とする用途、体質や髪の質、頭皮の状態によって合う合わないがかなりはっきり出るものです。

それだけに、新しい白髪染めを購入する際には、自分に合った商品かどうかをしっかりチェックしておきたいところです。

実際のところの使用感はどうなのかを調べるためにアテにしたいのが口コミでしょう。

周りで使っている人が居れば一番確実なのですが、そうも行かない場合はネットでの口コミを捜してみましょう。

例えば、化粧品全般の口コミが投稿されている「@cosme」などでは、非常に多くのユーザーからあらゆる化粧品について口コミが寄せられています。

もちろん、白髪染めもそのなかでは扱われていますので、口コミを見ながら色々な商品を比較検討することができるようになっています。

こういった口コミ専門サイトの良いところは、メーカーとつながりが無いので、実に率直な正直な口コミ、感想が寄せられている点でしょう。

良い点も悪い点も忌憚なく語られているので、宣伝に左右されないで商品を比較するには持って来いです。

ただし、気をつけなければいけないのが、あくまで口コミは個人個人が自分の主観で書いているということです。

間違った使い方をしていて効果が出ないのに、商品のせいだと思い込んでいたり、先入観が邪魔して正統な評価が出来ていなかったり、体質によって変化する事柄を普遍的な事のように書いてしまったりと色々です。

そのあたりを上手く読み解いて、自分の性質と上手く合致するような口コミを参考にして、ぴったりの商品を選んでいきましょう。

 

白髪染めの注意点は?

白髪染めをする上で注意したいこととして、アレルギー反応とパッチテストが挙げられます。

元の髪色を脱色して染色するヘアカラーなどでは、染色剤としてパラフェニレンジアミンがよく用いられています。

この薬剤は髪をしっかり染めるための成分なのですが、この成分に対してアレルギー反応を起こす人がいます。

頭皮のかゆみなどの軽い症状から、腫れ、かぶれ、呼吸困難や咳、特にアレルギーが強い人は重篤な症状に至ることもありえます。

白髪染めをやってしまった後でこのようなアレルギーが判明すると大変ですので、ほとんどすべての白髪染めで、事前のパッチテストが強く推奨されています。

パッチテストとは、少量の薬液を腕の内側などに塗って経過を見るテストです。

そのままタイプならそのまま、混合タイプなら混合して、実際に使用する状態の薬液を少量腕の皮膚に塗って、48時間ほど放置しておきます。

その途中で腫れやかぶれなどの反応が出る場合、その白髪染めは使用できないと言うことになります。

大体の場合48時間経過すればアレルギー反応の有無を確認できるのですが、中には実際に白髪染めをして初めて反応が出る場合もありますので、こういった場合はすぐに使用を中止しましょう。

また、以前から使っている白髪染めであっても、使うたびにパッチテストを行うことが推奨されています。

アレルギーというものは、その時の体調や生活の変化、年齢などでも変化するものですので、以前大丈夫だったから今回も大丈夫と言えない部分があります。出来る限り毎回パッチテストを行うようにしましょう。



失敗しない白髪染め選び!【白髪染め体験おすすめランキング】

rank1 rishiri007
【染まりがよく肌にもやさしい】
いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです!
【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】
rishiri004
↓
公式ボタン

 

 

sikiri

 

 

facebookはじめました

白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】 > 【必見】白髪染めの賢い選び方 > 白髪染めで人気なのはどれ?ランキングで選ぶ【口コミ評判】

関連記事

  1. 白髪染めの使用方法や頻度とは?【男性用と女性用の違いは?】
  2. 白髪染めの選び方とは?男性用は何色が良い?【選ぶポイントは?】
  3. 白髪染めの選び方で失敗しない方法とは?【おすすめはどれ?】
  4. 利尻ヘアカラーとルプルプの違いとは?【昆布の白髪染めを比較】
  5. 白髪染めの市販と美容院の違いって?【綺麗な染め方とは?】
  6. 白髪染めの市販はどれがおすすめ?【種類や選び方は?】
  7. 白髪染めは妊娠中や授乳中でも使って良いの?【影響は無い?】
  8. 白髪染めと髪染めの違いは?【市販のヘアカラーでも染まる?】
  9. 白髪染めシャンプーのおすすめはどれ?【口コミで人気なのは?】
  10. 白髪染めの選び方のポイントとは?【ランキングで人気なのは?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)