白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】

白髪染めは市販でも綺麗に染まる?【口コミでおすすめなのは?】

白髪染めおすすめはコレ!【10商品試した私の本音!】

rank1 rishiri007 【染まりがよく肌にもやさしい】 いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです! 【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】 rishiri004
↓
公式ボタン

 

市販の白髪染めはきちんと染まる?

最近では市販の白髪染めも品質が向上し、美容院で染めるのと遜色が無い仕上がりを実現しています。

ただし、白髪染めは商品によってそれぞれ特徴がありますから、使い方のコツを把握したうえで使用することが大切です。

例えば、シャンプータイプの白髪染めは、毎日使うことで徐々に白髪を目立たなくしていきます。

自然な仕上がりが利点ですが、毎日使い続けないと十分な効果を得られないものもあります。

通常の白髪染めは、使用すると目に見えて白髪が染まります。ただし、染め方が悪いと色合いにムラが出てしまうので、コツを把握して丁寧に仕上げることを心がけてください。

白髪染めを用いる際は、まずブラッシングを行うことをおすすめします。

髪の毛をしっかりとかすことで、櫛の通りを良くすることができます。櫛の通りが悪いと髪の毛を染めにくいので、どうしてもムラが出やすくなってしまうのです。

引っかかるポイントが無くなるまで、丁寧にブラッシングを行ってください。

白髪染めを塗る際は、白髪の目立つ場所から重点的に進めていきます。

特に髪の分け目部分は白髪が目立ちやすいので、分け目に沿って根元から塗っていくと良いでしょう。

白髪染めのクリームを置いて、伸ばす感じです。

分け目が終わったら、次はえりあしやうなじを染めていきます。

生え際にたっぷり白髪染めを付けると、後ろの髪まで綺麗に染めることができます。

生え際が染まりにくい場合は、指で馴染ませるようにすると仕上がりが整います。

 

市販の白髪染めの種類は?

白髪染めにはいくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。

それぞれの白髪染めの性質をしっかりと把握して、目的や利点に応じた白髪染めを選びましょう。

ヘアカラー

ヘアカラータイプの白髪染めは、ムラの無い仕上がりが特徴です。また、効果も長持ちするため、染める頻度を少なくしたい方におすすめです。

髪のメラニン色素を分解することで、染料を髪の内部にまで浸透させる性質を持っています。反面、髪や頭皮への負担が大きいため、何度も染め直すと髪が傷んでしまう恐れがあります。

また、肌の弱い方は染料によって頭皮が炎症を起こす可能性もあるため、使用する前にパッチテストをおすすめします。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアと呼ばれる白髪染めは、髪の表面だけを染める白髪染めです。色素の分解や脱色を行わないため、髪に与える負担が少なくなります。

また、髪の表面をコーティングする効果もあるので、サラサラとした仕上がりになります。自然な仕上がりにも定評があります。

ただし、効果はヘアカラーよりも短かく、シャンプーなどで徐々に色合いが落ちていきます。そのためどうしても染める頻度が多くなってしまうという特徴があります。

スプレー

スプレータイプの白髪染めは、仕上がりの早さに利点があります。ただし、あくまでも即席で染めるものなので、シャンプーをすれば色が落ちます。

お出かけの際などにちょっとしたアクセントとして用いるのに適しています。

シャンプー

シャンプータイプの白髪染めは、毎日用いることで徐々に白髪を染めていきます。時間をかけて染める分、自然な仕上がり(周囲の人にも気づかれない)に特徴があります。ただし、効果を実感するまでにはかなりの時間を要します。

yajirusi
公式ボタン

 

市販の白髪染めの使い方は?

綺麗に白髪を染めたいけどどうしたらいいのでしょうか?ここでは、綺麗に染める使い方のポイントをご紹介します。

髪質

白髪染めを用いる際は自分の髪質に注意してください。

一般的に、髪の柔らかい人ほど染まりやすく、硬い人ほど染まりにくいといわれています。

また、髪質が柔らかい場合は明るめの色を、硬めの場合は暗めの色を選ぶと良いとされています。

温度

白髪染めは温度も重要なポイントになります。

市販のものであれば、室温が20~30度での利用が適しているといわれています。室温がそれ以上かそれ以下の場合は、空調を利用して調整すると良いでしょう。

一般に、室温が高いほど白髪染めの反応が早まり、低いほど遅くなるといわれています。

放置時間

染めてからの放置時間も大切なポイントです。

髪質の柔らかい方は説明書に記載されている通りの放置時間で構わないのですが、髪質の硬い方は記載されている時間よりも数分長く放置時間を取るようにしてください。

そうすることで染料を髪に馴染ませることができます。

量・塗る順番

髪の場所によっては、染まりにくい箇所がいくつか存在します。位置によって塗る量を調整することで、仕上がりのムラを予防することができます。

もしくは、染まりにくい部分から先に染めることで、その箇所の放置時間が長くなり染料を染み込ませるという方法もあります。

特に生え際の部分は染まりにくいので、入念に作業を行なってください。

ブラシで染めるのが難しい場合は、指でなじませるようにして毛先に伸ばしていくと、仕上がりをきれいにすることができます。

染めた日にシャンプーすると色落ちし易いので、軽くお湯で流す程度にしましょう。

 

市販の男性用・メンズ白髪染めとは?

男性の場合、髪質によっては20代から白髪が目立ち始める方もいるようです。

普段から髪を染めている方は白髪染めに慣れるのも早いようですが、髪を染めたことの無い方は白髪染めに戸惑うケースも多いようです。

加えて、薄毛の方がカツラを被るように、「若作り」に抵抗を持っている男性は少なくありません。

しかし、女性の意見を聞く限りでは、「白髪染めはマナー」として認識している声が大半のようです。

周囲の目が気になるのであれば、むしろ積極的に白髪染めを活用されることをおすすめします。

手軽に白髪を染めたいという方は、美容院で白髪を染めてもらっても良いでしょう。

しかし、市販の白髪染めもメンズ用のものが豊富に存在しますから、オシャレを楽しむつもりで自らをコーディネートしてみてはいかがでしょうか。

白髪染めにはいくつも種類があるので、どの商品を購入すべきか迷う方も多いと思います。

基本的には、有名ブランドの商品を選べば問題ありません。

ただし、皮膚のデリケートな方やアレルギーのある方は、頭皮が炎症を起こしてしまう可能性があります。

白髪染めに限らず、髪を染める際にはパッチテストを行うことをおすすめします。

髪を染める作業は、経験者(奥さんなど家族)にやってもらうと綺麗な仕上がりが期待できます。自分で行なう場合は、使用法をよく読んで正しい手順に沿って作業してください。

染料で周囲が汚れてしまう場合が多いので、お風呂場など掃除が簡単な場所で染めるように気をつけてください。

yajirusi
公式ボタン

 

市販の白髪染めの安全性は?

白髪染めの安全性は、髪や頭皮にダメージを与えないことを前提として考えなくてはなりません。

一般に、染める効果が高い(長持ちする)白髪染めほど髪や頭皮への負担が大きいといわれています。

ですが、体質によって左右される場合も大きいので、一概に「この白髪染めなら安全」と断言することは難しいようです。

即ち、自分の体質に合った白髪染めを使用することが大切です。特に肌や髪のデリケートな方は注意が必要です。

最近では、男性のみならず女性の中にも薄毛に悩む方が多いようです。

その原因の一つとして、白髪染めなどのカラーリングが影響しているのではないか、と指摘する声もあります。

ただし、市販の商品は、何重にも渡って安全性を確認する試験に合格しているものばかりですから、適正に用いれば問題を生じるケースはごくわずかだといわれています。

使用する頻度や、適度なトリートメントに気を配りましょう。

白髪染めの安全性を語るうえで欠かせないのがアレルギーの問題です。

成分に何らかのアレルギーを持っている方については、その商品の使用を控えなくてはなりません。

例えば、酸化染毛剤の主成分として「パラフェニレンジアミン」が配合されている商品については、アレルギー体質の方が拒否反応を示す可能性があります。

主な症状としては、発疹やかゆみ、かぶれなどが挙げられます。

使用して何らかの異常をきたした場合は、すぐに医師の診察を受けるようにしてください。

こうしたトラブルを避けるためにも、パッチテストの実施をおすすめします。

 

市販の白髪染めの選び方は?

白髪染めを選ぶ基準としては、「自分の髪質に合っているかどうか」という点が重要になります。

同じ白髪染めを使用しても、髪質によって染まり方に大きな差が生じるため、仕上がりに大きな違いが生まれる場合があります。

白髪染めと自分の髪質の相性を理解しておかないと、十分に白髪が染まらなかったり、思っているのとは違う発色(暗すぎる・明るすぎる)になったり、あるいは髪が傷んだりと、問題の原因になってしまいます。

髪質を左右する要素は大きく分けて3つ存在します。

太さ、硬さ、色合いです。

中でも髪の硬さは重要で、軟毛の髪ほど染まりやすく、硬毛ほど染まりにくい場合が多いようです。

硬毛の場合は十分に染まらない場合が多く、軟毛の方は染まり過ぎて発色がきつくなるケースが多いのです。

まずは髪の硬さを意識して白髪染めを選ぶことが大切です。

仕上がりを思い通りにするためには、髪の硬い方は明るめの白髪染めを、軟らかい方は希望通りの色を選ぶようにしてください。

ただし、暗めに染めたい場合は、硬い毛→希望通りの色、軟い毛→明るい色、と選び方が逆になります。

つまり、軟らかな毛は暗めに染める場合の調節が難しく、硬い毛の場合は明るめに染めるのに手間がかかるということです。

白髪染めの仕上がりを左右する要素としては、この他にも「色合い」が挙げられます。

一般的に、毛の柔らかい方は黄色系の白髪染めと相性が良く、硬い方は赤みの強いものと相性が良いといわれています。

ただし、発色に関しては実際に使用してみないと分からない場合も多いので、いくつかの商品を比較してみることも大切です。

yajirusi
公式ボタン

 

市販の白髪染め口コミランキングで人気なのは?

育毛剤などと同じく、白髪染めは口コミでの評判が大きな参考になります。ここでは人気の白髪染め商品をご紹介します。

利尻ヘアカラートリートメント

現在、数多くの口コミランキングで1位を獲得しているのが「利尻ヘアカラートリートメント」です。

完全無添加の商品であるため、髪や頭皮のデリケートな方にも無理なくご使用頂けます。

効果の即効性が最大の魅力で、1回たったの5分で美しい仕上がりを実現します。

使い方も簡単で、シャンプー後、通常のトリートメントとして使用すればOK。特に手間をかけることなく、いつでも自然なカラーを保つことができます。

白髪染めとしてはもちろん、トリートメントの効果も優れており、利尻昆布など天然成分が髪に優しく作用します。

レフィーネ

同じく高い人気を誇る白髪染めとしては、「レフィーネ」が好評です。

大手通販サイトでは160週連続で売上1位を記録しており、驚異的なセールスで知られています。

口コミでの評判も高く、購入者の98パーセントから高い評価を得ている商品です。

効果に満足できなければ購入代金を全額返金する保証付きなので、ぜひ一度お試しください。他の商品と比べて安価な点も人気の理由です。

エフキュアヘアカラートリートメント

この他、口コミで評判を集めている商品としては「エフキュアヘアカラートリートメント」をおすすめします。

無添加の白髪染めで、トリートメントの効果も併せ持っています。

刺激の強い成分は一切含まれておらず、トリートメント作用の高いフコイダン、セラミド、ローヤルゼリーなど、天然成分が50種類も配合されています。即効性も高く、5分で自然な仕上がりを実現します。

 

市販の白髪染めおすすめランキングで人気なのは?

最近では男性用の白髪染めも種類が増えています。

女性に比べるとカラーリングする機会が少ないので、どの白髪染めを使うべきか悩む方もいるでしょう。

ぜひ売上ランキングなどを参考にして、効果の優れた商品をご利用ください。

サンカラーマックス

男性向けの白髪染めとしてよく知られている「サンカラーマックス」は、効果の持続力に定評があります。

一度染めると色落ちしにくいので、使用する頻度を減らすことができ、非常に経済的です。

また、酸化染毛剤としての成分を含んでいないため、毛髪や頭皮にも負担をかけません。

クリームタイプの商品なので、扱いやすい点にもメリットがあります。液だれの心配はありませんし、耳元や生え際などの部分染めにもご利用頂けます。

サクセス・ステップカラー

自然な仕上がりで抜群の人気を誇るのが「サクセス・ステップカラー」です。

定期的に洗髪の際に用いることで、少しずつ白髪を目立たなくするタイプの商品です。

使い続けても真っ黒にはならないので、周囲にカラーリングを気づかれることもありません。

着色成分すべて天然由来のものなので、髪や頭皮にも優しい白髪染めです。気になるにおいなどもありません。

色合いについては、使い続けることで徐々に濃くなっていくので、自分の好みに合わせて調整することも可能です。

初めて白髪を染める方にも最適な商品といえるでしょう。ただし、使い続けないと効果を発揮しないため、今すぐに染めたい、という方にはおすすめできません。

数回使い続けてゆっくり染めたいという方に最適な商品です。泡タイプなのでムラの無い仕上がりが期待できるでしょう。

yajirusi
公式ボタン

 

市販の白髪染めを口コミ比較!

白髪染めは自分の髪質や年齢に合わせて選ばなくてはなりません。

実際に使ってみるまで効果が分からないケースも多いのですが、自分に似た髪質のユーザーの口コミは参考になります。いくつかの商品を比較・検討してみましょう。

ピュアハーバル・ヘアカラー100

「ピュアハーバル・ヘアカラー100」は、滑らかな仕上がりに定評があります。

主要成分は天然の植物色素のみを使用しているため、髪やお肌がデリケートな方にも無理なくご利用頂けます。

仕上がりに要する時間も20分程度なので、手軽に染めたいという方にもおすすめできます。ほのかなオレンジの香りも魅力的です。

男性と女性の両方から支持されている白髪染めとしては「自然髪色プラシャイン」がよく知られています。

自然な仕上がりが人気を集めており、徐々に染まるので刺激も控えめです。

口コミによると、効果を実感するまでに1週間はかかるようですが、1ヶ月前後使い続けると見違えるほどの効果を実感できるようです。

周囲に染めていることを知られたくない、そんな方におすすめです。

エフキュア ヘアカラートリートメント

トリートメント主体の商品としては「エフキュア ヘアカラートリートメント」が好評を博しています。とにかく髪を労わりたいという方はこの商品を使用しましょう。

無添加なので髪を傷める心配がありません。約73パーセントも美容成分を含有しており、使い続けると髪質が目に見えて改善されます。

5~10分程度の短時間で染まるのも大きなメリットとして挙げられます。他の白髪染めを使って髪が傷んでしまった、そんなユーザーがこの商品に乗り換えるケースが多いようです。

 

市販の白髪染めの体験談

髪に優しい白髪染めとして有名な商品の体験談として、この白髪染めに変えてから「髪に関する悩みが減った」という声が多数寄せられています。

髪がパサつくという方や、頭皮がデリケートな方はこの白髪染めに変えてみてはいかがでしょうか。

特にロングヘアーの方からはこの商品に関する好評の声が多いようです。「使いやすい」という意見も多く、ポンプ式のボトルは機能性を重視しています。

素手で使うことができますから、髪に馴染ませる作業も簡単です。放置時間は15~30分。使用後は水洗いすれば手に付いた染料を簡単に洗い流すことができます。

この白髪染めは徐々に染まるタイプの白髪染めですから、何日か使い続けることを推奨する声が多いようです。

ある程度の色が入ったら、あとは3日に1度くらいの頻度で、トリートメントの要領で使いましょう。

染まるだけではなく「髪にツヤが出る」という体験者が多いので、トリートメント効果も期待できます。癖毛の方やダメージヘアが気になる方の髪質改善にも効果を発揮します。

中には「なかなか染まらない」という方もいるようですが、これは頻度の問題です。

強力な白髪染めは「白髪が目立ち始めてから染める」というタイミングで使用する場合が多いのですが、このように徐々に染まるタイプの白髪染めは、以前の毛染めから1週間程度経ったらもう一度使うことをおすすめします。

用いる頻度は多いのですが、髪への負担は大きく軽減されるはずです。

yajirusi
公式ボタン

 

市販の泡の白髪染めの口コミと評判は?

泡の白髪染めは「染めやすい」という評判をよく耳にします。

髪に馴染むので、通常の白髪染めでは染めにくいポイント(生え際など)も簡単に染めることができるようです。

そのため、「泡の白髪染めは仕上がりがきれい」という意見も多いようです。

泡は手でもむだけで自然に広がっていきますから、髪の根元や後頭部など、目の届かない場所もきれいに染めることができるようです。

「染め残しをなくしたい」という方には最適な商品といえるでしょう。

使い方は簡単で、シャンプーのように頭に馴染ませるだけ。ブラシを使う必要もありません。

「楽に染めたい」という方や「初めて白髪を染める」という方にもおすすめです。

例えばロングヘアーの方は、他人の手を借りないときれいに染めることが難しいといわれていますが、泡タイプの商品であれば、一人でも簡単に白髪を染めることができます。

ムラなく染まるので髪の長い方からも好評を博しています。

注意点としては、「入浴時に染めないこと」が挙げられます。

見た目はシャンプーのようなイメージなので、どうしても入浴の際に染めようとする方が多いようですが、汗やしずくが液だれの原因になり、染料が目に入る危険性があります。

お風呂場で染める方は入浴の前に作業を終わらせてしまいましょう。

使い方のコツとしては「良く泡立てること」を推奨する声が多く聞かれます。泡の粒が細かいほど良く髪に馴染みますから、手のひらで十分に泡立ててから使うようにしてくださいね。

 

市販の白髪染めの口コミは?

白髪染めをするときには、市販の白髪染めを購入して、自宅で行なう場合と、美容院や理髪店でプロに染めてもらう場合があります。

市販の白髪染めの口コミには、自分で白髪染めをされる方からの意見が多いです。

市販の白髪染めの口コミで、最も多いご意見が、その白髪染めの使いやすさについてです。

白髪染めで髪の毛をきれいに染めたくても、なかなか自分にあった白髪染めが見つからないという方もいます。

また、どの白髪染めを選んだらいいのかが、分からないという方もいます。その理由は、市販の白髪染めの種類がたくさんあるからです。

最近の不景気の影響なのか、美容院や理髪店で髪の毛を染める方の数は減っています。

今までは、美容院や理髪店で白髪染めをしていたのに、行かなくなってしまったという話もよく聞くのです。

そういう方は、自宅で市販の白髪染めを使って、白髪染めをするようになります。

ですから、市販の白髪染めの口コミの情報がますます重要になっているのです。

今までは、理髪店や美容院で白髪染めをプロにしてもらっていたのに、今度からは自分でしなければならないからです。

そうなると、ますますどんな白髪染めがいいのか知りたくなるわけです。最近では、白髪染めも次々に新しくて使いやすい商品が販売されています。

ドラッグストアーや薬局に行けば、数多くの市販の白髪染めがあります。それらの中から、自分にぴったり合う白髪染めを選び出すのです。

お店の人に聞いたり口コミを読めば、自分に合いそうな白髪染めがすぐに見つかりますね。

yajirusi
公式ボタン

 

ヘナを使った市販の白髪染めとは?

ヘナを使った市販の白髪染めには、仕上がりに大きな特徴があります。

白髪の比率にもよりますが、ヘナを使うと白髪は赤茶色に染まり、メッシュが入ってオシャレな外見になります。

好みによってブラウン系、ダークブラウン系、黒へ染めることもできるので、ヘナ独特のカラーを残すか、それとも白髪を目立たないようにするのか、調整すること可能です。

染まり方を左右する要素はヘナの配合量にあります。

ヘナが多く使用されている白髪染めほど赤みが強くなる傾向にありますから、自身の好みに合わせてカラーリングを選ぶようにしてください。

白髪がちょうど半分くらいの割合で、まだらに黒と白が出ている髪にヘナを用いた場合、黒髪はほとんど染まらずに、薄いブラウンになります。

対して白髪は赤いオレンジ色になるので、全体としては薄い茶髪のような印象になります。

ヘナは自然由来の成分なので、髪や頭皮がデリケートな方にも無理なくご使用頂けます。

髪質を改善するトリートメント効果も期待できるので、染める頻度の多い方には特におすすめです。

持続力は市販の白髪染めと遜色がなく、コストパフォーマンスも問題ありません。

独自の赤い発色が人気の理由なのですが、好みに合わせてダークブラウン、完全な黒にも染めることが可能です。

ただし、ヘナ単体ではどんなに重ねて使用しても赤みを増すだけですから、他の成分(木藍など)が配合されている商品を使用してください。

配合されている成分によって発色も変わるので、ヘナの白髪染めを購入する際は成分表示をよく確認しましょう。

 

市販の白髪染めとヘアカラーの違いは?

白髪を染める際に気になるのが、白髪染めとヘアカラーの違いです。

勘違いされている方が多いのですが、白髪染めはヘアカラーの一種で、異なる製品というわけではありません。

つまり、「白髪を染めるヘアカラー」を「白髪染め」と呼び、通常の黒髪を染めるヘアカラーと区別してるわけですね。

一般に、白髪染めやヘアカラーは「永久染毛剤」と呼ばれます。

1剤と2剤を混ぜて使用する場合が多く、クリームタイプやジェルタイプ、液状タイプのものが普及しています。

成分の違いによって染まる色の濃さや発色が異なり、白髪の量や髪質、好みに合わせて商品を選ぶ必要があります。

一般のヘアカラーと白髪染めは目的に応じた成分が配合されており、白髪染めは白髪がきれいに染まるように、そしてヘアカラーは、黒髪がうまく染まるように調整されています。

多少の白髪がある方は、どちらを使うべきか迷う場合もあるかもしれません。目につく白髪が数本程度であれば、ヘアカラーを使う方が多いようです。

対して、生え際や分け目などにある程度まとまった量の白髪がある場合は、白髪染めを使った方が良いでしょう。

「白髪を黒くする」というイメージの強い白髪染めですが、最近ではカラーバリュエーションも豊富で、髪色を明るくする製品も多く市販されています。

白髪染めには「白髪を予防する」、「減らす」といった作用はありません。あくまで「目立たないようにする」製品ですから、その点は勘違いしないようにしましょう。

yajirusi
公式ボタン

 

市販の白髪染めと美容院の違いは何?

白髪を染める際には、市販の製品で自宅で染めるか、あるいは美容院などで専門家に染めてもらうか、悩むという方が少なくありません。

結論からいうと、両者に仕上がりの差はほとんどないようです。最近では市販の白髪染めも品質が向上しており、プロの手で染める場合と遜色のない完成度を実現しています。

美容院で白髪を染めるという方は、自分で手間をかけたくない、失敗したくないという目的がある方が多いようです

また、初めて白髪を染めるので美容師のアドバイスが欲しい、という方も少なくありません。

初めはプロの手を借りて、ある程度自分に似合う白髪染めが分かったら、以後は自宅で…というわけですね。

とにかく完璧に染めたいという方は、美容院で染めてもらうと良いでしょう。冠婚葬祭に出席する折などに利用する女性も多いようです。

美容院で白髪を染める場合は、第三者(美容師さん)に自身の希望を伝えなくてはなりません。

あらかじめイメージが定まっているのであれば、理想に近い写真などを持参して参考にしてもらいましょう。

自分では決められない、という方は美容師におまかせするのも良いでしょう。

美容院を利用する際は、なるべく普段着に近い格好で訪れるようにしてください。

髪の色と服のカラーの組み合わせは印象を大きく左右しますから、「普段の格好に似合う髪色」を考える際に重要なポイントになります。

どんな白髪染めが似合うかは、ファッションにも影響されるということですね。

 

市販の白髪染めで上手に染めるコツは?

市販の白髪染めで上手に染めるにはどうしたら良いのでしょうか?

髪質

まずは、自身の髪質に合った製品を選ぶことが大切です。

同じ白髪染めでも、髪の硬さや白髪の量によって発色が異なりますから、髪質によって色の明るさを調節しなくてはなりません。

一般に、髪の硬い場合ほど白髪は染まりにくいといわれています。

逆に髪の柔らかい方は白髪が染まりやすい傾向にあります。

髪の硬い方は、希望する色よりも1トーンだけ明るめのカラーにすると理想とする発色を得られる場合が多いようです。

放置時間

放置時間も染め上がりに影響しますから、なかなか染まらない方は規定時間一杯まで放置してみましょう。

ただし、規定を越える時間放置すると髪や頭皮に負担をかけてしまうので注意してください。

髪の柔らかな人は比較的染めやすい場合が多いのですが、逆に「染まりすぎる」という方もいるようです。

そんな場合は放置時間を短くするか、1トーンだけ暗めのカラーを選ぶようにしましょう。

染めるときのポイント

白髪染めを使用する際は、必ず整髪料などを落とすようにしてください。

製品にもよりますが、水気も厳禁なのでお風呂で染める場合はご注意ください。

染料は衣服に付着するとなかなか落ちませんから、前掛けなどを使用することをおすすめします。

ピアスやネックレスなど、アクセサリーも外しておきましょう。

自宅で染める場合は、可能な限り家族に手伝ってもらうようにしましょう。

染め残しがないかチェックしてもらうだけでも構いません。髪への負担が気になる方は、専用のトリートメントやコンディショナーを併用するようにします。

yajirusi
公式ボタン

 

市販の白髪染めを使う頻度は?

白髪染めを用いる際に悩むのが、頻度の問題です。

最近のヘアカラーは色の定着に優れており、以前に比べて染める頻度は少なくなっていますが、髪が伸びるとどうしても色が薄くなってしまいます。

髪の短い方は目立たない場合も多いのですが、ロングヘアーの方はやはりこまめに染める必要があります。

しかし、あまり髪を染める頻度を増やしていると、今度は髪へのダメージが気になります。

短い間隔で髪を何度も染め直すと髪質が悪化する場合もあるのでご注意ください。

一般的な白髪染めの持続期間は2ヶ月程度だといわれています。

ただし、白髪の量や髪の長さ・質によって染めるべき頻度は異なるので、あくまで「白髪が目立たない」間隔で染めることをおすすめします。

染めるべきタイミングには個人差も大きく、1ヶ月に1度の間隔で染める方もいれば、3ヶ月に1度しか染めない方もいるようです。

また、製品によっても発色の「持続力」は異なるため、一概にどのタイミングで染めるべきかを断言することはできません。

頻度の問題で悩みたくないという方は、シャンプーやトリートメントタイプの白髪染めを使用しましょう。

これならば毎日使い続けても髪を傷める心配がありませんし、染めるタイミングを気にする必要もありません。

あくまでも髪への負担を優先的に考え、外見ばかりを気にして何度も染めるような行為は控えてください。

使用頻度を増やしすぎると、髪の毛が極端に傷んでしまいます。

やはり、白髪が増えてきたらヘアカラーからシャンプーやトリートメントタイプの白髪染めに変えたほうがよいでしょう。



失敗しない白髪染め選び!【白髪染め体験おすすめランキング】

rank1 rishiri007
【染まりがよく肌にもやさしい】
いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです!
【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】
rishiri004
↓
公式ボタン

 

 

sikiri

 

 

facebookはじめました

白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】 > 【必見】白髪染めの賢い選び方 > 白髪染めは市販でも綺麗に染まる?【口コミでおすすめなのは?】

関連記事

  1. 白髪染めは妊娠中や授乳中でも使って良いの?【影響は無い?】
  2. 白髪染めと髪染めの違いは?【市販のヘアカラーでも染まる?】
  3. 白髪染めシャンプーのおすすめはどれ?【口コミで人気なのは?】
  4. 白髪染めの選び方のポイントとは?【ランキングで人気なのは?】
  5. 白髪染め低刺激ヘアカラーは髪を傷めないって本当?【口コミは?】
  6. 白髪染め泡タイプはきれいにそまる?【クリームより良い?】
  7. 白髪染めで人気なのはどれ?ランキングで選ぶ【口コミ評判】
  8. 白髪染めで部分染めをするには?【生え際も綺麗に染まる?】
  9. 白髪染めシャンプーは人気?【トリートメントとの違いは?】
  10. 白髪染め男性用は女性用と何が違うの?【おすすめはどれ?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)