白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】

白髪染めの使用方法や頻度とは?【男性用と女性用の違いは?】

白髪染めの使い方は?

白髪染めは正しい使い方を踏まえたうえで使用することが大前提となります。そのためにはまず自分に最適な使用方法を見つけ、その使い方をしっかりと把握しておくことが求められます。

たとえば白髪がそれほど多くない場合はヘアマニキュアやヘナなどが適しています。これらの使用方法なら日ごろのシャンプーやヘアスタイリングの際に手軽にできるため、使い方にもそれほど気にせずに済みます。

ただしヘアマニキュアの場合は1ヵ月程度で効果が薄れてしまうため、継続的に使用することがポイントとなってきます。

ヘアカラーに関しては、いろいろと使用方法に注意が出てきます。

まずムラなく染めること。毛髪全体を染めたいと思った場合には特に注意が必要です。明らかに染めているのがわかってしまうような染め方を避けるためにも、全体にまんべんなく塗布することが求められるのです。

また、部分染めの際には違和感なく染めることが重要になってくるでしょう。

また塗布している時間。あまり長時間塗布し続けていると効果が強くなりすぎ不自然な黒さになってしまう場合もあります。

また毛髪へのダメージも大きくなってしまいゴワついてしまったり、不快な思いをしてしまうことも少なくありません。

ちょうど良いタイミングを見計らいつつ、できるだけ自然な仕上がりを目指すことが重要になるのです。

このように、白髪染めは正しく使って初めて効果を発揮するものです。製品を使用する前には注意点をよくチェックしておくようにしましょう。

 

白髪染めを正しく使うには?

白髪染めはどのように使うのでしょうか?

一般的な白髪染めの使い方と注意点について解説してきましょう。

ここでは最も一般的なクリーム・ムースタイプの白髪染めについて説明していきます。

ほとんどの製品が、二つの液体を混ぜて髪に塗るシステムになっています。物によってはこの二つの液体が一緒にムースとして出てくるものもあります。

これを髪に塗るわけですが、その前に必ず行うべきことがあります。それはパッチテストと呼ばれるものです。白髪染めは強い薬剤なので、アレルギー反応が出ないかどうかを確認することが必要です。

詳細は商品に記載されているはずですが、基本的には二つの液を少量混ぜ、二の腕に薄く塗ります。

そのまま48時間ほど放置して、何も起きなければ白髪染めを使うことが出来ます。湿疹やかゆみなどが出たら、洗い流します。そのときは白髪染めをしないようにしましょう。

アレルギー反応が出なければ、いよいよ白髪染めに入ります。クリームやムースを適量取り、髪に塗っていきます。

白髪染めの場合は毛の根元からしっかり塗っていきましょう。

ゴム手袋をして手でもみこむのも効果的です。生え際、分け目など目立つところには薬剤をたっぷりと塗ります。

液が髪全体に行き渡ったら、所定の時間浸透させます。その後、水で洗い流しますが、薬剤が頭皮や顔に残らないようしっかりと洗い流すようにしましょう。

白髪染めをする際には、液が散ったりしても良いように、新聞紙などを下に敷いて作業するといいですね。

 

白髪染めで綺麗に染めるコツは?

最近は様々なタイプの白髪染めが販売されていますね。でも、商品だけでなく、きちんと染めるコツをマスターしておくことが大切です。

では、きれいに染まるコツをお伝えしましょう。

まずは、髪のコンディションです。皮脂などの汚れ等があると染めむらが出来ますから髪を洗っておきましょう。

その際、リンスやコンディショナーは使いません。洗い終わったら、完全に髪を乾かしておきます。これで髪の下準備は終了です。

いよいよ染めに入ります。コツは「気になるところから始め、気になるところで終える」ということ。まず、気になりがちな髪の分け目から白髪染めを塗っていきます。

生え際を塗るときは、気になる場所に特にたっぷりと薬剤をつけてください。

襟足は自分で白髪を確認しにくい場所。櫛で塗るのは限界がありますから、手でしっかりともみこむように塗っていきます。もちろん、付属の手袋をして行ってください。

ある程度気になる場所に薬剤を塗り終えたら、今度はその他の部分に薬剤を塗ります。色むらが出ないようにするためには、全体に薬剤が行き渡ることが必要です。

そののち、毛先にまで薬剤を届けるために櫛で髪全体をすきます。この時、櫛を寝かせないよう立てて梳いてください。

そして付属していればビニールキャップをかぶり、所定の時間しっかりと薬剤を浸透させてください。

これらのコツをマスターすれば、きれいで自然な仕上がりになるはずです。

yajirusi
公式ボタン

 

白髪染めの使用頻度はどれくらい?

白髪染めで注意が必要になるのが使用頻度です。髪の毛は日々伸びていくものですし、染めた色が落ちていくという問題もあります。実際のところ、どの程度の頻度で使用すればよいのでしょうか。

使用頻度は白髪染めのタイプによって異なってきます。ブリーチ作用を備えたヘアカラーの場合、色落ちの心配はほとんどありませんから、新たに伸びてきた白髪が目立つようになるまでは使用する必要はありません。

髪の毛が伸びるペースによって異なってきますが、数ヶ月に一度といったところで十分でしょう。

ヘアマニキュア

一方、使用頻度が高くなるのがヘアマニキュア。これはまず、ヘアカラーに比べて効果を発揮するまでに時間がかかります。そして色落ちするという特徴もあります。

色はだいたい3週間~1ヵ月程度で落ちてしまうといわれているため、染めた状態を維持したいと思った場合には2~3週間ごとに使用する必要が出てきます。

また、染めるために使用する場合、毎日使用するのではなく、数日置きに使用するよう指定されている製品もあるため、使用上の注意をよく確認しておく必要もあります。

白髪染めシャンプー

それから白髪染めシャンプー。これも効果を発揮するまで時間がかかります。効果が表れるまで使用し続けることになります。

手間がかからないため使用頻度はネックにはならないでしょうが、これも使用上の注意を踏まえておく必要があるでしょう。

このように、白髪染めの使用頻度はタイプによって異なってきます。使用している製品と、自分の白髪の状態を見極めながら判断することも必要となります。

 

男性が白髪染めを使う頻度とは?

00023

男性が白髪染めを始めたいと思うとき、「どれくらいの頻度ですればいいの?」と疑問に思いますよね。

この点について考えてみましょう。個人差はありますが、白髪染めをして一ヶ月ほどで生え際が気になってくる場合が多いようです。

男性の場合は七三で髪を分けることが多いので、分け目の白髪も目立ち始めます。ですから、その際にリタッチと呼ばれる生え際だけの白髪染めをするわけです。

男性は短髪の人が多いですから、女性よりも早く白髪が目立つようになります。自分で気になるようなら、早めにリタッチを行いましょう。

この使用頻度という点で問題になるのが、白髪染めの量です。男性は女性よりも髪のボリュームが少ないので、どうしても白髪染めを全部使い切ることは出来ず、残ってしまうことがあります。

1剤と2剤を混ぜてしまっていると保存しておくことはできません。リタッチを行うときもほんの少量でいいのに、新たな白髪染めを買いなおさなくてはならなかったりします。これは無駄が多いですし、経済的でもありません。

白髪染めとしてトリートメントタイプを使っていれば、リタッチもすぐに出来ますし、適度な間隔で継続して使い続ければリタッチすら不要になります。

白髪染めシャンプーなどはまさにその典型で、使い続けることで少しずつ白髪を染色していってくれるようになっています。

こうしたタイプの白髪染めの使用頻度は一日ごとということになるでしょう。



失敗しない白髪染め選び!【白髪染め体験おすすめランキング】

rank1 rishiri007
【染まりがよく肌にもやさしい】
いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです!
【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】
rishiri004
↓
公式ボタン

 

 

sikiri

 

 

facebookはじめました

白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】 > 【必見】白髪染めの賢い選び方 > 白髪染めの使用方法や頻度とは?【男性用と女性用の違いは?】

関連記事

  1. 白髪染めの選び方とは?男性用は何色が良い?【選ぶポイントは?】
  2. 白髪染めの選び方で失敗しない方法とは?【おすすめはどれ?】
  3. 利尻ヘアカラーとルプルプの違いとは?【昆布の白髪染めを比較】
  4. 白髪染めの市販と美容院の違いって?【綺麗な染め方とは?】
  5. 白髪染めの市販はどれがおすすめ?【種類や選び方は?】
  6. 白髪染めは妊娠中や授乳中でも使って良いの?【影響は無い?】
  7. 白髪染めと髪染めの違いは?【市販のヘアカラーでも染まる?】
  8. 白髪染めシャンプーのおすすめはどれ?【口コミで人気なのは?】
  9. 白髪染めの選び方のポイントとは?【ランキングで人気なのは?】
  10. 白髪染め低刺激ヘアカラーは髪を傷めないって本当?【口コミは?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)