白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】

白髪染め低刺激ヘアカラーは髪を傷めないって本当?【口コミは?】

白髪染めおすすめはコレ!【10商品試した私の本音!】

rank1 rishiri007 【染まりがよく肌にもやさしい】 いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです! 【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】 rishiri004
↓
公式ボタン

 

低刺激ヘアカラーとは?

ヘアカラーというと、

「刺激が強い」

「染色成分が髪に浸透するので内部のダメージが大きい」

「髪が傷みやすい」

そんなイメージが一般的ですよね。

特に自宅で染めるヘアカラーの場合は、染まりやすいように強い成分が使われている、という話などもあり「カラーリングは美容院でするほうがいい」という意見もよく見ます。

そんなヘアカラーの問題点や不安・心配を解消したのが「低刺激ヘアカラー」です。

いろいろな種類がでていますが、基本は植物由来の天然色素などの天然成分や低刺激成分を使って、髪にも頭皮にもダメージを与えないよう工夫された商品です。

カラーが浸透する間のヒリヒリやピリピリもなく、かゆみやふけの原因になる頭皮の傷みを防ぎます。

今までのヘアカラーと違って、トリートメント効果を意識して作られているのも、低刺激ヘアカラーの大きな特徴。

ヒアルロン酸など、保湿効果の高い成分をふんだんに使用して、髪にうるおいをあたえるので「使うだけで髪がツヤツヤ、サラサラになる」と評判なのです。

低刺激なので素手で使えるものも多く、今まで塗り切れずに染め残しが起こりやすかった生え際などの細かい部分も簡単に染められるのも魅力です。

ヘアカラー独特の刺激臭もおさえられ、よい香りのものも多いので、カラーリングタイムも快適に過ごせそう。

価格も美容院で染めるのにくらべぐぐっと低価格で、コストパフォーマンスもよいので、お財布にも優しいヘアカラーなのです。

 

なぜ低刺激ヘアカラーが人気?

ヘアカラーや白髪染めって一度染めると、新しく生えてきた部分との色の差が気になりませんか?

特に白髪だと、染めた部分と白い部分が際立って、かえって白髪が目立ってしまいがち。

でもそのために何度も染めると髪も頭皮も傷んでボロボロになってしまいそうで、今度は抜け毛や薄毛も心配です。

だからといって美容院にお願いするのも、回数が多いとしんどいですよね。

本当は染めたいんだけど、そういった理由から回数を抑えて、我慢してる人も多いのでは?

口コミでも評判の低刺激ヘアカラーは、そうした方に大人気のカラーリング剤です。

植物由来の天然の染色成分など低刺激の物を使い、髪にも地肌にもダメージを与えないので、染めたい時に気軽に安心して使うことができるのです。

また、保湿成分や髪にツヤを与える栄養分もたっぷりと配合しているので、使うほどに髪が健康になっていくのも人気のポイント!

今までヘアカラーで染めると、頑張ってトリートメントやヘアパックをしても、どうしてもパサつきがちでゴワゴワした手触りが気になったと思いますが、そうした不満を解消しました。

ヘアカラーなのに、トリートメントしたように使った直後からサラサラ・ツヤツヤになる!というのが画期的!

使うほどヘアケア成分が浸透する商品もあるので、見た目だけでなく髪の内部から美しい髪をキープできるのはとっても嬉しいですよね!

いつまでも美しい髪と髪色が保てると、ヘアスタイルもファッションもあれこれ楽しめそう!

ヘアカラーの煩わしさが楽しさに変わる低刺激ヘアカラー、大人気なのも納得です。

yajirusi
公式ボタン

 

ヘアカラーに関する悩みとは?

明るい色にしたり、真っ黒にしたり、自由に思った色にカラーリングができたらメイクもおしゃれも楽しいですよね!

でもヘアカラーにはいろいろと悩みもつきもの。

まず、しばらくしたら生え際から色が変わってくるので、またヘアカラーしなくてはならなくて面倒です。

そのうえ、ヘアカラーや白髪染めは髪を傷めるので、ツヤがなくなったりぱさついたり、切れ毛や枝毛も増えそう。

頭皮がダメージを受けると、薄毛や抜け毛も増えそうでカラーリングをためらってしまいがち。

口コミでもヘアカラーに関する悩みで一番多いのが、髪の傷み。

ぱさつきが酷くなるとせっかく毛を染めても、うまく染まらなかったり。頭皮が乾燥しがちになって、かゆくなったり、フケがでやすくなったりすることも。

そうなるとヘアカラーしたくてもできなくなったりします。ヘアスタイルが決まらないと、気持ちもひっこんでしまいそう。

美容院では刺激の少ないヘアカラーを使うのでそんな悩みがありませんが、値段がぐっとアップしてしまうので、毎回美容院を利用というわけにはなかなかいきませんよね。

そんな悩みに答えてくれるのが「低刺激ヘアカラー」です。

天然成分、低刺激成分で髪も地肌も傷めない上、トリートメント成分配合で使うことで髪を健康につややかにしてくれます。

ヘアカラーなのにトリートメント感覚で使えるのって、今までのヘアカラーのイメージを一新!

百聞は一見にしかず、ヘアカラーでの髪の傷みが気になったら一度低刺激ヘアカラーを試してみてはいかがでしょう?

 

市販の低刺激ヘアカラーはどう?

市販のヘアカラーは髪が傷む!というイメージ大ですね。

使っていてもどうしても頭皮に刺激を感じたり、ある程度のピリピリ感はしかたないと我慢してる人も多いはず。

そんな人に朗報なのが、最近話題でリピーターも多いのが「低刺激ヘアカラー」。

髪が傷まないだけでなく「ツヤがでる」「サラサラになる」と大評判なのです。

市販のヘアカラーはパッチテストが必要だったり、液を混ぜたり、手袋必須で肌についたらあわてて落とすなど危険感がいっぱいです。

カラーリングしていても手間ばかりかかって楽しくないのですが、低刺激ヘアカラーだとそういった面倒感を感じないで、ラクラク染められます。

低刺激なのでブラシやコームを使わずに素手でつけられるものも多く、髪全体にまんべんなくつけられます。

気になる部分や細かい部分まできちんと塗布できるので、まだらになったり染め残したりする心配もありません。

最近は市販のヘアカラーでも「低刺激」をうたったものが増えていますが、従来品より若干低刺激になったという程度のものも多いようなので注意が必要です。

口コミサイトやランキングで上位を占めるのは通販サイト商品が多いようです。

通販ブランドは合わない時には全額返金してくれたり、お得なセット販売があったりするので、低刺激ヘアカラーをはじめて購入する時には便利で安心ですね。

成分やコンセプトなどの商品内容をじっくり読んで決められるし、ユーザーの口コミ評価も確認できるので、自分に合った使いやすい低刺激ヘアカラーが見つけられます。

yajirusi
公式ボタン

 

低刺激ヘアカラーの種類は?

「髪を傷めない!」

「髪がサラサラになる!」

「ツヤがでた!」

「簡単にキレイに染まる!」

と大好評の低刺激ヘアカラー。人気ランキングなどで商品をチェックすると、低刺激ヘアカラーと一口にいっても、いろいろな種類があることがわかります。

人気の高いものとしては、シャンプー後に通常のトリートメントと同じように使うタイプ。

髪を傷めずに染められるだけでなく、髪のツヤやうるおいなどトリートメント効果を重視しているので、ヘアカラーというよりはカラートリートメントといえそう。

昔ながらの植物由来の染色成分や、効果の高い保湿成分を使っているので、誰にでも使えて安心です。

お風呂場で通常のシャンプー行為で使えるので面倒もなく、何度でも染められるので、白髪染めなど生え際が気になる毛染めにも最適ですね。

シャンプーとセットになったものもあります。同様にシャンプー前に塗布して普通にシャンプーするタイプも人気です。

もう1つは、スタイリング剤感覚で使えるもの。

朝に塗ってそのまま夜まで洗い流す必要もないので、すごく便利。染めたい時に染められるのも助かりますね。

他にも泡タイプや、部分染めに適したマスカラタイプのものもあります。

いずれも髪や頭皮を傷めないために厳選した天然成分にこだわったり、余分なものを含まない無添加だったり、今までのヘアカラーのイメージをガラリと変えてしまいます。

商品ごとに色の種類や香り、容量、もちろん価格も異なるので、公式サイトやランキングサイト、口コミを参考にして自分にあった低刺激ヘアカラーを探してみてくださいね。

 

自宅で使える低刺激ヘアカラーは?

自宅で市販のヘアカラーや白髪染めを使って染めるのは、髪や頭皮が傷みがちですね。

「ヘアカラーはなるべく美容院で」という方も多いですが、お財布事情を考えるとなかなか難しい。

特に白髪染めだとすぐに生え際が目立ちますが「部分染めだけで美容院というのは気が引ける」という声もよく耳にします。

また、いくら美容院でもヘアカラーを繰り返すと髪はどうしても傷んできます。

自宅でも髪を傷める心配なしに使えるのが「低刺激ヘアカラー」です。

従来の酸化染毛剤とは違って、天然植物色素を染毛剤として使い、他にも髪質によい厳選した天然成分を豊富に配合。

また保湿力や自然なツヤだし効果のある成分でトリートメント効果を付加。

シャンプー後に使ったり、乾いた髪に使って洗い流したり、洗い流す必要もなかったり、使い方はいろいろですが、ヘアカラーというよりはトリートメント感覚で使えるのが特徴です。

低刺激で素手でも使えるので手袋などの手間もかからず、そのうえ、塗り残しの多かった部分にも手や指を使って直接つけられるのでたっぷり使えます。

もちろん頭皮にもいい成分なので、地肌に付着することを気にする必要もありません。

使い切りタイプではないので、気になった時に手軽で使えるのも大きな魅力!

白髪は気がついた時にケアしたいですよね。

口コミでも、

「自宅でもプロ並の仕上がり感」

「簡単にキレイに染められた」

「髪がツヤツヤになった」

など、とっても高評価です。通販だと使用後でも合わなければ全額返金システムもあって安心です。

自宅で選んで購入できて、自宅で簡単にカラーリングできる「低刺激ヘアカラー」見逃せません!

yajirusi
公式ボタン

 

低刺激ヘアカラーの疑問とは?

ヘアカラー関係の口コミで多いのが「かぶれた!」などの刺激&トラブル情報。

ひどい時には「かさぶたになった」など、皮膚科で治療が必要なレベルもあるみたいで心配です。

かぶれまでいかなくても、染めている時のピリピリ感がイヤで、低刺激のヘアカラーを探している人は多いようです。

自宅で染めたことがない人が、初めて染める時に「何を使えばいいの?」というQ&Aも。

低刺激のカラーリング剤としては、ヘアマニキュアやへナなどを使う人もいますが、一般的なヘアマニキュアはコーティングするだけなので、傷んだ髪をごまかすことはできても、髪質をよくする効果はありません。

へナは時間がかかるので、自宅で使うのはちょっと面倒。

やはり便利で誰にでも安心して使えるのはトリートメントタイプの「低刺激ヘアカラー」です。

口コミサイトでも、髪の傷みを気にする人に好評なのは「低刺激ヘアカラー」。

お母さんが使っていて娘もというパターンも多く、白髪が気になり出した年齢の方に幅広く人気です。

染まり方については使う量やタイミングもあって個人差もあるようですが、通販型の低刺激ヘアカラーの場合、「うまく染まらなかったら全額返金制度もあって安心」という声もありました。

髪の傷みに関しては本当に万全のようで、Q&Aや口コミでも「髪がキレイになった」という評価が多いです。

使い方は入浴時に使うインバスタイプやアウトバスタイプ、いろいろあるので、自分のライフスタイルにあった、使い続けやすいタイプを選びましょう!

 

低刺激ヘアカラーの選び方は?

髪にやさしいヘアカラーとして、大人気の「低刺激ヘアカラー」。

人気ランキングや口コミサイトでチェックすると、

◆トリートメントタイプ

◆クリームタイプ

◆ムースタイプ

◆シャンプータイプ

◆泡タイプ

◆マニキュア型

など、いろいろな種類があります。

ユーザーの評価などを参考に、自分にあったものを見つけたいですね。

低刺激ヘアカラーの選び方としては、まずは成分チェック。

天然成分配合、無添加のものが人気ですが、昆布だったり日本古来の植物を使っていたり、差異はあるので、きちんとチェックして「よさそうだな」と思うものを選びましょう。

使い方は、

◆乾いた状態でつけてあとでシャンプーするもの。

◆お風呂場でシャンプーとして使うもの。

◆シャンプーのあとでトリートメントとして使うもの。

◆アウトバスでつけて流す必要のないもの。

◆部分染め。

などのバリエーションがあります。

「トリートメントとして髪につけてその後半身浴を楽しんでいます」というように、自分流の楽しみ方をしているユーザーも。

急いでいる時には流す必要のないものが便利ですし、どこを重視するかで同じ低刺激ヘアカラーでも選ぶ商品は変わってくるかと思います。

もちろん色も重要!黒やダークブラウン系がメインですが、仕上がりサンプルの画像などを参考にして自分が希望する色に近いものを探してください。

容量や値段も大切ですね。髪の長さで使う量も変わってくるので、コストパフォーマンスも考えて選択してください。

また男性用・女性用の有無、香りなども低刺激ヘアカラーのチェックポイント。

はじめて使う方には返金保証があるかどうかも選択基準になるかと思います。

yajirusi
公式ボタン

 

天然素材の低刺激ヘアカラーを選ぶ

天然素材を使うことで髪にダメージをあたえず、逆にトリートメント効果を強化して、髪を補修・健康回復する低刺激ヘアカラー。

刺激が強く、ダメージをあたえがちな市販カラーのデメリットや不満・不安を解消する製品です。

ランキングでも人気の高い低刺激ヘアカラーは、クチナシやウコン等、古来から天然の植物染料として使われ続けてきた、実績がある天然素材が主原料です。

そこに昆布エキスやミネラル、ヒアルロン酸等の保湿成分、髪質や頭皮によいトリートメント成分を厳選して最適な配合で製品化しているので、肌荒れやかぶれの心配がありません。

今まで自宅や美容院でのカラーリングで髪が傷んだり、頭皮がかゆくなった経験がある人でも、安心して使えるのが一番のメリットです。

安全な天然素材で作られているので、手袋なしでも扱え、手で直接髪に塗り込むことができるのも魅力的。髪と頭皮にプラスになる、トリートメント効果が高いので、頭皮を含む地肌に付着しても大丈夫。

ヘアカラーやヘアマニキュアのように、前準備で地肌への付着を避ける必要がなく、たっぷりと自由に塗布できます。

肌についても洗い流せばすぐに取れるので、神経質になる必要もありません。

ヘアカラーが面倒なのは、こうした前準備や使用中の付着が原因なので、ぐっと気楽にカラーリングできますね。

ヘアカラーのように次に染めるまで時間をあける必要もなく、いつでも気になった時に染められるので毛染へのストレスも感じずにすみそうです。

香りも天然素材にあわせた天然香料が使われており、自然で優しく、ヘアカラータイムをリラックスして楽しめます。

 

かぶれる方におすすめの低刺激ヘアカラーは?

髪を傷めないために、美容院でヘアカラーをしている人も多いと思います。

サロンカラーは低刺激の薬剤を使用し、1人1人の髪質や傷む具合などに合わせて、染める時間をコントロールしたりするので、どうしても料金が高くなりますし、時間もかかってしまいます。

市販のヘアカラーはサロンカラーより低価格で短時間で染まりますが、サロンカラーより薬剤が強めで、傷みやすいというデメリットがあります。

最近ではさまざまな環境変化やライフスタイルの変化、ストレスなどの影響もあって、自称敏感肌や乾燥肌の人が非常に多くなりました。

頭皮や髪も皮膚の一部なので、敏感肌や乾燥肌の人は、顔と同じようにダメージを受けやすくなります。

ヘアカラーの口コミを見ていても、

「自宅で染めたらかぶれた」

「染めていると頭皮が痛くなった」

「頭がかゆい」

といった頭皮トラブルや、

「切れ毛が増えた」

「髪がすごく傷んでしまった」

といった髪の毛トラブルの声が目立ちます。

かぶれる人の場合、美容院で染めてもかゆくなる場合があるようです。

かぶれやすい方におすすめなのが、天然成分で作られた低刺激ヘアカラー。

手袋いらずで素手で直接髪につけられるという安心・安全の染色剤に、たっぷりのトリートメント剤が配合され、髪にも地肌にも優しいヘアカラーです。

保存料も無添加の物が多いので、髪と地肌に負担をかけず、気楽に染めることが可能です。

カラーリング剤というより、トリートメントに近い感覚で使用できます。

地肌の荒れやかぶれが気になって、ヘアカラーをあきらめてきた方におすすめします!髪を染めてぐんと若返ってみませんか?

yajirusi
公式ボタン

 

敏感肌におすすめの低刺激ヘアカラーは?

肌タイプを聞くと「敏感肌」と答える女性が増えていますね。

本来の敏感肌は遺伝要素も含む病的なものなのですが、最近は仕事や家事が忙しく、そのストレスや肉体的な疲労、睡眠不足や食生活の乱れなど、さまざまな要素が肌の代謝力を弱め、ダメージに負けやすい敏感肌を生み出している、と考えられています。

敏感肌だと普通肌の人以上に、ちょっとした刺激などで、かぶれやかゆみ、赤み、湿疹などが出る恐れがあります。

普通肌でもトラブルが起きやすいヘアカラーや白髪染めは、まず使うことができません。

「自宅で染めてみたら、かさぶたまでできてしまった」といったケースもあるようです。

美容院ではヘアカラーを調整して使うので安心ですが、染める時間が長時間かかることで、完全に安全とはいえません。

敏感肌のために、白髪染めもあきらめざるをえなくて、老けた印象を我慢している方も多いのでは?

それがまた新たなストレスになり、悪循環ですね。

低刺激ヘアカラーはそんな敏感肌の人におすすめのヘアカラー剤です。

植物由来の天然の染色剤を使い、同じく天然のトリートメント成分をたっぷり配合しているので、髪も頭皮も傷めません。

トリートメントとして使える内容のものが多く、髪の内部からしっかり染めるのに、時間もかからず負担がかかりません。

逆に天然の栄養分や保湿成分などが髪に浸透し、内側から傷みを補修、メンテナンスするので、髪にツヤやハリ、コシが戻ります。

「敏感肌だから・・・」といってヘアカラーをあきらめていた方に、低刺激ヘアカラーをぜひ使ってもらって、効果を実感していただきたいです!

 

低刺激ヘアカラーの口コミはどう?

天然成分で作られ、髪を傷めない低刺激ヘアカラーは口コミでも大人気!

「ぴりぴりしなかった!」

「かゆみが出なかった!」

という、今までのヘアカラーの欠点をカバーした評価から、

「ヘアカラーで傷んだ髪にツヤがでた」

「手触りサラサラになった!」

など、髪質改善を実感したものなど、従来のヘアカラーとはまったく違った効果が高く評価されています。

低刺激の秘訣はウコンやクチナシなどの植物を使った天然の染色剤を使用していること。

また、ヘアカラーというよりはトリートメントに近い成分を、たっぷり配合したヘアカラーであること。

低刺激なので何度でも染められ、ヘアカラーのように「ある程度の期間をあけてリタッチする」などの必要がありません。

完全無添加のものもあり、今までカラーリングをあきらめていた人でも使えます。

口コミで人気の低刺激ヘアカラーは、シャンプー後にトリートメントとして使うタイプ。

普段のヘアケアの流れで染められるので、簡単・気楽で手間いらずな商品です。短時間でしっかり染まるのも助かりますね。

アウトバスでクリームとしてスタイリング剤のように髪につけるタイプも人気です。こちらはつけた後洗髪が必要なものと、洗髪いらずでそのまま外出もできるタイプがあります。

これなら鏡で見て「あ!」と思った時に染められるので便利ですね。

いすれも素手で髪につけることができるので、塗り残しがなく、ムラなく染められるのも人気のポイントです。

香りもローズやオレンジなど使っていて気持ちのよい香りなので、従来の白髪染め特有のにおいが苦手な方にも好評です。

yajirusi
公式ボタン

 

低刺激ヘアカラーを格安で通販で買える?

今までのヘアカラーや白髪染めにつきものだった、髪のぱさつき・傷みをなくし、逆にうるおいやツヤを与えるので評判の「低刺激ヘアカラー」。

安心して使える天然素材と高いトリートメント効果が大人気です。

手袋いらず・手間いらずで、いつでも染められるので「染めなくちゃ」「面倒だなぁ」といった心理的な負担も軽減。また短時間で染まるのも高ポイントです。

最近では、市販のヘアカラーでも低刺激をアピールする傾向が強くなってきていますが、本当に低刺激かどうかは、成分をチェックしてみないとわかりません。

以前の製品との単純な比較に過ぎず、本来の低刺激ヘアカラーとは別物も含まれている可能性もあるので、できれば信頼できる通販サイトで購入しましょう。

低刺激ヘアカラーをチェックするなら、通販が断然お買い得です。

使ってみて、思ったように染まらなかったら返金してもらえる、全額返金保証がある商品も多いので、お試し感覚での使用も可能。

染まり方や色などは髪質や個人の好みなどもあるので、使ってみないとわからないだけに、使用後でも返金してもらえるのはとても良心的で安心ですね。

従来のヘアカラーだと1回使い切りが多かったですが、通販で人気の低刺激ヘアカラーは数回使える容量なので、美容院と比較しても、市販のヘアカラーと比較しても1回あたりの値段は格安です。

そのうえキャンペーン価格で販売していたり、セット購入すると1コあたりの価格が安くなったり、送料が無料になるサービスなどもあるので上手に使えば大幅にコストダウンが可能!お友達と共同購入するのもよいかも!

 

低刺激ヘアカラーのパッチテストとは?

従来のヘアカラーや白髪染めは、髪を傷めるものが多くありました。

特に自宅用は初心者でも染まるように、強めの成分を使っているので、刺激も強く、頭皮がピリピリしたりかゆくなったり、ひどい時にはかぶれてたり。

そのために使用前にはパッチテストといって、肌荒れがおこらないかどうかをチェックする必要がありました。

ただ、パッチテストは染めたい日の24~48時間前までに行わなければならず、また一度使って大丈夫であっても毎回テストしなければならないなど、なにかと面倒。

「他のヘアカラーでは問題なかったし・・・」と、パッチテストをしないで使用している人も多いのではないでしょうか?

そのためトラブルが起こった時にはダメージも大きくなりがちです。

通販サイトで人気の低刺激ヘアカラーはパッチテストいらずのものが多いようです。

ランキングサイトや口コミでも「パッチテスト、手袋をする必要はありません」「パッチテストの表記がどこにもない」といった評価がアップされています。

誰が使っても安全でトラブルの心配がないという実証ですね。さすが天然成分!

どちらかといえば、色のついたトリートメントで徐々に染まっていくという感じなので、今までのヘアカラーとは別物と考えたほうがいいのかもしれません。

もちろん心配な方は試し染めしてみるほうがより安心ですが、市販のヘアカラーをしていた方にはパッチテストがいらない、というだけでもかなり好評のようです。

yajirusi
公式ボタン

 

低刺激ヘアカラーの失敗を防ぐポイントは?

「髪が傷まない」

「頭皮がかぶれない」

「髪がサラサラになる」

など、いいことづくめの低刺激ヘアカラーですが、市販のヘアカラーとは成分も使い方も違うので、それを理解しておかないと「え?」と思うことはあるかも。

商品説明にもしっかり書かれていますが、低刺激ヘアカラーは使い続けるうちにしっかり染まっていくタイプのものが多く、美容院や従来品のように「一回でしっかり色がはいる」という染まり方はしません。

市販品が一回で染まるのはそれだけ強い成分を使っているからですが、その点、低刺激で髪と頭皮への優しさを重視している低刺激ヘアカラーでは、そこまでの染色力はありません。

口コミではヘアスタイルや元々の髪色、髪質の影響もあるようで「1回でしっかり染まった」という評価もあれば、「思ったよりは染まったが完全ではなく3回目で満足できた」というように個人差があります。

ただ低刺激だけあって、毎日使うことができるので、時間をかけて染めていくと思えば失敗はありません。

口コミサイトでは染まりにくい人でも2~3日目で変化を実感でき、6回目には「染まった」という評価が多いようです。

「生え際は多めにつける」「シャワーキャップをすると染まりがよくなる」といった工夫をすることで、より染色効果を高めることもできそう。

シャンプー後に使うタイプを「乾いている状態で使用したほうが染まる」というユーザーの口コミなどもあるので、低刺激ヘアカラーの失敗を防ぐポイントとして参考にして自分流の染め方を見つけるのもいいですね。

 

男性用・メンズ低刺激ヘアカラーってある?

男性でも白髪は気になりますよね。

またいろいろな髪の色を楽しみたい方もおられるでしょう。

ロマンスグレーになる前にもう少し黒髪を楽しみたいという方にはヘアカラーが必要です。

ただし、男性の場合、女性以上に自宅でのヘアカラーに抵抗感のある人も多いよう。

へアケア自体が習慣化されていないのでパッチテストや手袋のような手間が面倒くさいと感じるのが女性以上のようです。

そうした男性のみなさんにぴったりなのが低刺激ヘアカラー。

髪も頭皮も傷まないので、薄毛や抜け毛が心配な方も安心して使えます。

天然成分で染められるので手袋もいらず、シャンプー時のトリートメント感覚で使えるので「髪を染める」という心理的な負担もかかりません。

商品によっては髪につけっぱなしで染まるものもあるので、面倒を避けたい人にもぴったり。

低刺激ヘアカラーの人気商品では、特に男性用やメンズ専用というものはないのですが、男女兼用で使えるものがあります。

低刺激ヘアカラーはいい香りがするものが多いのですが、女性向きの香りもあるので気になる方は香りのタイプはチェックしたほうがよいでしょう。

ヘアカラーと違って髪質によっては一度でしっかり染まるというわけにいかない場合もありますが、段々ナチュラルに染まっていくので、変に「染めた!」という感じではなく、男性にはかえってウケがよいようです。

低刺激ヘアカラーは髪の傷みを改善し髪にツヤを与えるので、見た目も健康的で若々しく見えます。

ヘアカラーに抵抗感がある男性にこそ、お薦めします!



失敗しない白髪染め選び!【白髪染め体験おすすめランキング】

rank1 rishiri007
【染まりがよく肌にもやさしい】
いくつもの市販商品を私自身で体験してみて、今一番おすすめなのが利尻ヘアカラートリートメント!お肌に優しく安心して使える無添加商品の中でも染まりやすく、1日目ではそれほど効果が見えなくても3日連続で遣うとしっかり染まります!お肌や髪のダメージは本当にナシ。コスパもよくておすすめです!
【2,000円(税抜)<初回限定1,000円オフ!送料540円>】
rishiri004
↓
公式ボタン

 

 

sikiri

 

 

facebookはじめました

白髪染め染まらない?人気市販品を口コミ体験!【本音ランキング】 > 【必見】白髪染めの賢い選び方 > 白髪染め低刺激ヘアカラーは髪を傷めないって本当?【口コミは?】

関連記事

  1. 白髪染めは妊娠中や授乳中でも使って良いの?【影響は無い?】
  2. 白髪染めと髪染めの違いは?【市販のヘアカラーでも染まる?】
  3. 白髪染めシャンプーのおすすめはどれ?【口コミで人気なのは?】
  4. 白髪染めの選び方のポイントとは?【ランキングで人気なのは?】
  5. 白髪染め泡タイプはきれいにそまる?【クリームより良い?】
  6. 白髪染めは市販でも綺麗に染まる?【口コミでおすすめなのは?】
  7. 白髪染めで人気なのはどれ?ランキングで選ぶ【口コミ評判】
  8. 白髪染めで部分染めをするには?【生え際も綺麗に染まる?】
  9. 白髪染めシャンプーは人気?【トリートメントとの違いは?】
  10. 白髪染め男性用は女性用と何が違うの?【おすすめはどれ?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)